Other Event

【開催案内:2月22日】国際ワークショップ:「前近代エジプトおよび周辺地域の環境と経済」 Workshop: Environment and Economy in Premodern Egypt and Beyond

ローマ時代のエジプト・ナイルデルタの社会経済史を専門とするキャサリン・ブルーアン氏(トロント大学)の講演と日本人研究者による研究報告からなる研究集会を開催します。ご関心のある方はご参加いただければ幸いです。

日時:2020年2月22日(土曜日)14:00-18:00
会場:東京外国語大学本郷サテライトキャンパス7階会議室;http://www.tufs.ac.jp/common/satellite/
使用言語:英語
参加:無料・事前登録無し。ただし参加予定の方は事前に連絡をいただけると助かります。

Feb 22nd Sat 14:00-18:00 (the room reserved 13:30-18:30)
7th Floor Meeting Room, Hongo Satellite Campus, Tokyo University of Foreign Studies

14:00-15:00: Lecture
Katherine BLOUIN (Toronto University)
“Surrounded by the Sea and by Salt Marshes”: Environmental Entanglements in the Lake Menzaleh (NE Nile Delta) under Roman Rule

15:20-17:30: Short Papers
15:20-15:40 Hiroshi KATO (Hitotsubashi University)
A Note on the Ecological Environments in the Manzala Lake Region in Modern Times

15:20-15:40 Wakako KUMAKURA (Tokyo University of Foreign Studies):
Resilience to Catastrophes in view of the Transformation of the Medieval Basin

15:40-16:00 Ryosuke TAKAHASHI (Tokyo Metropolitan University):
Economic Interactions of Families in Second-century AD Tebtunis

16:00-16:30 Satoshi URANO (Rikkyo University):
Two Projects newly launched by Japanese and Turkish Historians and Scientists in Asia Minor in 2020 — Eber Lake (Ancient Askanios) Paleoecological Project in Phrygia and Tlos City Wall Project in Lycia.

16:30-16:40 Break

16:40-16:55 Manabu KAMEYA (Hirosaki University):
Distribution of Palm Trees in the Mediaeval Fayum

16:50-17:10 Saho MITSUHASHI (Nara Women’s University):
Cairo and the Nile in the Mamluk Period

17:15-18:00 Discussion
Commentator: Katherine BLOUIN

連絡・問い合わせ先:高橋亮介 r_takahashi [at] tmu.ac.jp

共催:科学研究費「古代地中海世界における知の動態と文化的記憶」・科学研究費「中東・北アフリカ地域における黒死病前後の環境変動と疫病流行」・東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所基幹研究「中東・イスラーム圏における分極化とその政治・社会・文化的背景」・公益財団法人鹿島学術振興財団研究助成「地形図から読み解く歴史:エジプトとハドラマウト(イエメン)の比較研究」