Other Event

【開催案内:2月17日】ラウンドテーブル・ディスカッション:西洋古代史・中東史研究の国際化にむけて Round Table Discussion: How to foster International Collaboration among Historians: the Case of Classical and Near-Eastern Studies

本イベントでは、西洋古代史・前近代中東史研究における国際ネットワークの構築と多言語使用の現状と課題について、古代ローマ史・エジプト史の専門家であるキャサリン・ブルーアン氏(トロント大学)を話題提供者としてお迎えし討論を行います。氏は英語とフランス語の両方で研究成果の発信をしており、言語選択上の戦略や問題点についてお話いただきます。また国際的な研究ネットワークの構築の実践についても、氏が編集中のエジプトの社会経済史に関する論文集(Imperial Landscapes: Empires, Societies, and Environments in the Ancient to Modern Nile Delta) への寄稿者である熊倉和歌子氏(東京外国語大学)からのコメントを交えて、お話を伺います。さらにブルーアン氏の同僚である社会人類学者ギリシュ・ダスワニ氏からも適宜、補足的な説明をしていただく予定です。
エジプト史、ギリシア・ローマ史研究およびイスラーム史研究の国際化と国際発信、またカナダの学術事情にご関心をもつ方々の広い参加をお待ちしております。

日時:2020年2月17日(月曜日)16:30-18:00
会場:東京大学本郷キャンパス経済学研究科小島ホール2階第3セミナー室
地図:http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/about/access/campusmapj.pdf
使用言語:英語(適宜日本語での説明を挟みます。またフランス語での発言も歓迎します)
参加:無料・事前登録無し

話題提供者:Katherine BLOUIN (Toronto University)
Wakako KUMAKURA (Tokyo University of Foreign Studies)
Girish DASWANI (Toronto University)
司会:   Ryosuke TAKAHASHI (Tokyo Metropolitan University)

共催:科学研究費「古代地中海世界における知の動態と文化的記憶」

問い合わせ先:高橋亮介 r_takahashi [at] tmu.ac.jp