Weekly Writing Group

about Weekly Writing Group

Historians’ workshopでは、毎週月・金曜日午前にライティング・グループを開催しています。ライティング・グループは、欧米の研究拠点において広く取り入れられているpeer-supportの仕組みです。[参考サイト http://uwc.utexas.edu/grad/resources/starting-a-writing-group/]

参加者は、まず各自の進捗と今日の目標を報告をします。その後、50分の集中したライティング(もしくはリサーチ)を2セット行い来週までの課題を報告しあい、希望者は昼食を共にして解散となります。現在は、留学希望の大学院生や若手PDなどが参加しています。参加希望者は運営担当までご連絡ください。

運営担当:
槙野 翔 (東京大学) show.you.macky[at]gmail.com

 

Research Showcase

【報告者募集】12th Research Showcase

第12回リサーチ・ショーケース開催のご案内 

歴史家ワークショップでは、外国語(特に英語)で学問的コミュニケーションを行う機会を提供するために、Research Showcaseを2016年より開催しています。発表・質疑応答をすべて外国語で行うことで、発表者・参加者の双方が外国語での学問的コミュニケーション実践の場をつくっています。

第12回となる今回は、当初予定の東北初の現地開催からオンライン開催に切り替えての実施となります。東北大学のOrion Klautau先生(日本宗教史・日本近代思想史)、Clinton Godart先生(日本宗教史・近代科学史)、茂木謙之介先生(日本近代文化史・表象文化論)らと東京大学の山本浩司先生(イギリス近世史・経済史)のご協力の下、様々な分野の専門家からアドバイスをいただける貴重な機会となっております。英語での発表スキルの向上をめざす全ての歴史研究者に開かれた会にしたいと考えています。日本史・東洋史・西洋史・宗教史・思想史・社会経済史・文化史・歴史地理等のあらゆる分野から、広く発表者を募ります。2021年2月22日に仏語版ショーケースを初開催予定ですが、本企画が今年度最後の英語版開催となります。奮ってご応募ください。

※ 過去のリサーチ・ショーケースについては、以下のサイトをご覧ください

Research Showcase

*******************************************************************************

日   時 : 2021年2月18日(木) 

会   場 : オンライン

司会・コメンテーター:  Orion Klautau (東北大学)

コメンテーター:  Clinton Godart(東北大学)

フォーマット: 一人あたり、発表8分+質疑応答7分

使用言語  : 英語

応募条件  : 大学院生からポスドクまでの歴史研究者

募集人数  : 8名程度

参加費   : 無料

応募方法  : 発表希望者は、2020年12月18日(金)17時までに以下の応募フォームに記入し、送信してください

URL    :  https://forms.gle/WGsdrWM8BUJhZii96

ポスター  : ダウンロードはこちら********************************************************************************

【リサーチ・ショーケースで発表するメリット】

1)発表原稿への事前のフィードバック

発表者は、開催日の2週間前に発表原稿を提出することで、ワークショップメンバーから事前にライティングや構成についてフィードバックを受けることができます。フィードバックを踏まえて改稿することで、ライティングスキルが向上し、発表にも自信をもって臨むことができます。当日は、参加者とオーガナイザーからもフィードバックを得られるでしょう。

2)優秀な発表にはプライズを授与

博士号未取得の発表者の中から、最もクリアで説得力のある発表をした方に「Research Showcase Prize」が授与されます。英語の流暢さ (fluency) ではなく、内容がどれだけスムーズかつ力強く伝わるか (clarity and persuasiveness) を基準とします。

運営委員:

Orion Klautau (東北大学)  

Clinton Godart  (東北大学)        

茂木謙之介 (東北大学)       

阿部純(東北大学・院)   

山本浩司(東京大学)

歴史家ワークショップ事務局  

問い合わせ先:hxiaolong[a]g.ecc.u-tokyo.ac.jp (事務局担当)

Other Event

【ビデオ公開:レクチャー編】Self Care and Peer Support Workshop

歴史家ワークショップでは、新型コロナウイルス感染症の影響により、多くの大学院生・研究者が、今まで通りに研究を遂行することが物理的・精神的に難しい状況下において、研究上の悩みを共有できる場、セルフケアやピアサポートを通じたストレスコーピングの方法についてのワークショップ開催を求める声を受け、2020年6月25日に「Self-Care and Peer Support Workshop」を開催しました。

当日は、グリーフケアを専門とする一般社団法人リヴオンより尾角光美氏と水口陽子氏を講師として迎え、レクチャーとグループワークという2部構成のワークショップでした。
(開催内容の詳細はこちら!)

前半のレクチャー部分をより多くの方々にお届けできるよう、ビデオ公開することにしました。(プライバシーへの配慮の観点から、参加者のお顔にモザイク加工をさせていただいております旨、ご了承ください。)

いまなお、新型コロナウイルス流行終息の出口が見えず、先が見えにくい状況であることに変わりはありませんが、このような状況下であるからこそ、いつも以上に、自身の心・身体を大切にしながら、日々の生活・研究活動を続けていくための「ちょっとした術(姿勢やスキル)」を、今回のワークショップのレクチャー編(以下のビデオ)からお持ち帰りいただき、ご活用いただけましたら幸いです。

▼「セルフケア」についてと『ピアサポート』

なお、歴史家ワークショップでは、本イベントの趣旨を汲んだ「ピアサポート・プロジェクト」も行っています。ご関心のある方は、ぜひお気軽にそちらの場もご活用ください。

Coffee Time Series第1回第2回、第3回:2020年12月11日開催予定)


(企画担当:藤田風花、紺野奈央)

Other Event

2nd Early Career Conference 開催記録

【会の概要】

2020年8月31日(月)13時より、歴史家ワークショップは第二回 Early Career Conference(以下、本文中ではSECCと略記)を開催しました。

SECCでは、スピーカーとして国内外の研究機関と大学から6名の若手研究者に報告を依頼しました(当日のプログラムにつきましては、こちらをご参照ください)。また、報告とSECC全体に関するコメンテーターとして、同志社大学グローバル地域文化学部の水谷智先生をお招きしました。当日の司会進行は、東京大学大学院総合文化研究科の稲垣健太郎が担当しました。

【開催趣旨】

SECCは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、大規模な学会のみならず、小・中規模の研究会等が全世界的に中止・延期を余儀なくされる状況下、企画・運営されました。本イベントの企画時点でも、オンラインに移行して学会や研究会が開催されています。こうした移行を一時的なものとしてのみ考えるのではなく、新型コロナウイルス感染拡大の影響でアカデミアが直面している様々な変化の一環として捉えつつ、SECCの企画・運営が進められました。本カンファレンスの開催趣旨として、以下の2点を挙げることができます。

1. 上述のような困難な状況においても、国内外の大学・研究機関に所属する大学院生・若手研究者に研究報告の機会を提供すること。また、オンラインでの報告機会が今後増える可能性を考慮し、オンラインでの報告について学ぶ機会を用意すること。

2. 専門分野の知見を必ずしも共有しない、幅広いオーディエンスに向けて研究成果を伝えるにあたり、どのように報告内容を整理し、発表するか。また、報告に対していかに効果的に質問をするか。

英文校閲ワークショップや Research Showcase、2018年に開催された第一回 Early Career Conferenceなど、歴史家ワークショップがこれまで実施してきた試みと同様に、SECCも「幅広い読み手・聞き手に対してどのように研究の核心や新規性、独自性をわかりやすく伝えるか」という点を特に重視しました。

【発表とコメント】

SECCでの報告のテーマは、多様な地域と問題関心にわたりました。以下にそれぞれの報告の概略を示します。

  • 20世紀の上海におけるアメリカ人宣教師の子どもたちが、異国の地でどのようにアイデンティティを形成したのかを、回顧録における食という側面から考察する。
  • 第二次世界大戦後のアメリカにおける国際関係論の学問としての制度化とその背後に垣間見える意図を、ロックフェラー財団とアカデミアの関係に注目しながら明らかにする。
  • 19世紀前半における阮朝の交易を、東南アジア海域史の文脈や西欧諸国との関係性から分析する。
  • 11世紀のグラナダ王国ズィーリー朝君主アブドゥッラー・ブン・ブルッギーンの自伝を中心に、アラビア語文献史における自伝というジャンルやそれらに仮託された書き手の意図を考察する。
  • 20世紀前半のチェコスロバキアにおける共産主義の拡大を、ソビエト連邦という外在的な要因によってではなく、チェコスロバキア内部の要因から分析・説明する。
  • 20世紀のフランスにおける結婚広告の調査を通じて、パートナーに求める要素が即物的なものから非即物的なものへと変化していった、という仮説を検証する。

いずれの報告も、分析の視角や手法・資史料、そこから導かれる帰結の点で興味深いものでした。それぞれの報告者が、先行研究との関係から研究の独自性を打ち出し、研究がより広い文脈において有する含意 (implication) を示すことに成功していました。

報告後の質疑応答では、事実確認に止まらず、どのように研究をさらにより大きな知的文脈に位置付けるか、という点にも議論が及びました。

以上の報告を受けて、水谷先生からは、研究者のキャリアパスの様々な段階において、読み手や聞き手の反応を予想しながら研究成果を発信していくことの重要性、またキャリアのはやい段階で幅広いオーディエンスに向けた報告を意識する必要がある、というコメントをいただきました。

【おわりに】

SECCは、今年度実施されている歴史家ワークショップの他のイベントと同様に、オンラインで開催されました。オンラインでの国際的な学会の企画・運営という経験は、運営に当たった私たちにとっても初の試みとなりました。オンライン開催に伴い、日本のみならず、ヨーロッパやアジアから、合計20人ほどの皆さまにご参加いただきました。

報告を伺い、質疑応答に参加するなかで、私自身が幅広いオーディエンスに向けて報告をする際にどのように情報を整理するか、オンラインで自身の主張を伝える際に、内容的な面のみならず、伝達の方法をどのように工夫するか、という点を考えるきっかけになりました。また、短い時間のなかで、建設的な質問をすることを意識しながら、今後のカンファレンスや学会に臨みたいと感じました。

報告者からは、議論を整理するだけでなく、スライドをどのように効果的に作成するかについても考える機会になったという感想をいただきました。

【謝辞】

末筆ながら、今回のSECCの開催に当たってご協力いただいた共同企画者と歴史家ワークショップの皆さま、CfPとカンファレンスの告知に際してご協力いただいた皆さま、ご多忙のなかコメンテーターを引き受けてくださった水谷先生、そしてご参加下さった皆さまに感謝いたします。ありがとうございました。

稲垣健太郎

Revising your Drafts

【参加者募集】Front Runner Series: 英語論文執筆セミナー Vol.5 (10/15 17:00-18:30)

歴史家ワークショップでは、10月15日(木)17:00~18:30(日本時間)に、「Front Runner Series: 英語論文執筆セミナー Vol. 5」と題したオンライン・セミナーを開催いたします。また同日18:30~19:30には、任意参加の懇親会を予定しております。

このセミナーでは、ノンネイティブの若手研究者が直面する「英語論文執筆における壁」を認識し乗り越えることを目指し、英語論文の執筆術から異なるフォーマットの学術アウトプット(博士論文・単著・編著の一章分担当など)の書き分け方・書き換え方といった応用技術まで、歴史分野で活躍するノンネイティブの若手研究者の体験談を交えながら、理解を深め、実践のための知恵を蓄積することを目的とします。

今回は、法政大学・大澤広晃准教授をお招きし、山田智輝(京都大学・博士後期課程)がファシリテーションを担当します。英語での論文執筆・投稿における目標や工夫・苦労、イギリスでの留学経験と修士論文・博士論文の執筆、アカデミック・キャリアの歩みなどについて、ざっくばらんにお話いただきます。

ご関心のある方は、ぜひお気軽にご参加ください。

開催概要

対象|歴史学系の院生・研究者
費用|無料
場所|オンライン開催(Zoom使用)
日時|10月15日(木)17:00~18:30:セミナー/18:30~19:30:懇親会(任意参加)

スピーカー・プロフィール

大澤広晃リサーチマップ
法政大学文学部史学科・准教授。Ph.D. (University of London)
研究関心は、南部アフリカ植民地史、イギリス帝国史、人道主義、帝国主義
おもな著書・論文に、『帝国主義を歴史する』(清水書院、2019年)“Wesleyan Methodists, Humanitarianism and the Zulu Question, 1878–87”, Journal of Imperial and Commonwealth History, 43(3), 2015, pp. 418-437 など。

参加登録

参加をご希望の方は、こちらのフォームよりご登録をお願いいたします。

Skills Workshop

【満員御礼】史料読解ワークショップ第2弾!「議事録の内と外を読む」

【9/8 12:20 追記】
定員となりましたので、参加申込を締め切りました。申し訳ございませんが、これ以降の申し込みは受理いたしませんので、ご了承ください。

【9/6 23:45 追記】
残席僅かとなっています。参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。

歴史を学ぶ多くの人にとって、避けては通れない史料——議事録。確かに、「議事録は議論を正確に記録した史料だ!」と楽観的に考える人は多くないでしょう。しかし、議事録との向き合い方・ひもとき方・読み解き方について、集中的に、大学・学部の垣根を超えて議論したことのある人は少ないのではないでしょうか。

この度、歴史家ワークショップでは、史料読解ワークショップ・議事録編をオンラインで開催することになりました。歴史学を専攻する大学生・大学院生だけでなく、ひろく歴史に興味のある方に向けた内容になっております。

本イベントでは、企画者の峯による司会進行のもと、講師の山本浩司先生(東京大学)・飯田洋介先生(岡山大学)によるレクチャーおよびグループワークを行います。グループワークでは、事前に講師から出された事前配付資料を踏まえて、史料としての議事録の扱い方を参加者同士で議論します。議事録の「内」と「外」を読み解くようなレクチャーを手がかりに、参加者がふと立ち止まって「議事録の読み方」や「議事録との向き合い方」を考え、過去の史料を読み解く楽しさと難しさに触れる機会を提供します。

開催概要

日程|10月2日(金)18時〜21時
場所|オンライン(Zoom)で実施します。URLは申し込み後に参加者に連絡します。
言語|日本語
参加費|無料

申し込み方法

こちらの Google Form に必要事項を入力ください。

登録締め切り|9月18日(金)(ただし、定員になり次第締め切り)
※定員となりましたので、申し込みは締め切りました。

事前配布資料

参加者には、二人の講師の先生から提示された議事録の読解に関する事前配付資料をワークショップ前に確認していただきます。この配付資料は参加者宛にメール等で配布いたします。分量はそれほど多くありません。

講師プロフィール

山本浩司|東京大学大学院経済学研究科准教授
イギリス近世史:エリザベス朝期の時代劇や南海泡沫事件の再検討
著書に、Taming Capitalism before its Triumph, Oxford University Press, 2018

飯田洋介|岡山大学大学院教育学研究科准教授
ドイツ近現代史:ビスマルク外交の再検討。
著書に、『ビスマルク』中公新書、2015年『ビスマルクと大英帝国』勁草書房、2010年

企画・司会|峯 沙智也(東京大学総合文化研究科・博士課程・ドイツ近現代史)
連絡先|minutes.workshop@gmail.com
参加申し込みの受領連絡および事前配付資料が届かない場合は、上記のメールアドレスにご連絡ください。

Revising your Drafts

【参加者募集】Front Runner Series: 英語論文執筆セミナー Vol.4 (9/17 17:00-18:30)

歴史家ワークショップでは、9月17日(木)17:00–18:30(日本時間)に、「Front Runner Series: 英語論文執筆セミナー Vol. 4」と題したオンライン・セミナーを開催いたします。また同日18:30~19:30には、任意参加の懇親会を予定しております。

このセミナーでは、ノンネイティブの若手研究者が直面する「英語論文執筆における壁」を認識し乗り越えることを目指し、英語論文の執筆術から異なるフォーマットの学術アウトプット(博士論文・単著・編著の一章分担当など)の書き分け方・書き換え方といった応用技術まで、歴史分野で活躍するノンネイティブの若手研究者の体験談を交えながら、理解を深め、実践のための知恵を蓄積することを目的とします。

今回は、早稲田大学・佐藤尚平准教授をお招きし、山田智輝(京都大学・博士後期課程)がファシリテーションを担当します。博士論文をもとにマンチェスター大学出版会より2016年に出版された英語単著をはじめ、修士論文・博士論文の執筆との関係、英語での単著出版や論文執筆・投稿における目標や工夫、苦労といったご経験、さらにはこれまでのアカデミック・キャリアの歩みなどについて、ざっくばらんにお話いただきます。

ご関心のある方はぜひお気軽にご参加ください。

開催概要

対象|歴史学系の院生・研究者
費用|無料
場所|オンライン開催(Zoom使用)
日時|9月17日(木)17:00–18:30:セミナー/18:30–19:30:懇親会(任意参加)

スピーカー・プロフィール

佐藤尚平(早稲田大学研究者データベース
早稲田大学文学学術院・准教授。PhD(オックスフォード大学・国際関係論)。
主な著書・論文に、Britain and Formation of the Gulf States: Embers of Empire, Manchester University Press, 2016‘‘Operation Legacy’: Britain’s Destruction and Concealment of Colonial Records Worldwide’, The Journal of Imperial and Commonwealth History, 45(4), 2017, pp. 697–719.
研究関心は、脱植民地期の中東湾岸諸国とイギリス帝国との関係、イギリス帝国による文書隠蔽工作。

参加登録

参加をご希望の方は、こちらのフォームよりご登録をお願いいたします。

Research Showcase

第11回Research Showcase(日本文学・日本史)開催記録

第11回リサーチショウケースは7月11日にZoomを使って開催されました。初めての日本文学・日本史特集で、そしてコロナの影響で初めてのオンライン開催となりました。

今回は、日本文学分野から7名、日本史分野からは3名(含美術・思想史)の発表者が集まりました(当日のプログラムはこちら)。司会は国文学研究資料館の山本嘉孝先生が担当し、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)のタイモン・スクリーチ先生がゲスト・コメンテーターをつとめました。

スクリーチ先生は10名の発表に共通するテーマを「authority of Tokugawa」、「the way people looked back at history」、「notion of China」「emergence of modernity」としてまとめ、今後の研究展望として、江戸時代の全体像や「浮世」の捉え方を提起しました。

山本先生は日本研究の発表フォーマットに焦点を合わせ、日本語での発表はレジュメやスライドで史資料を解釈するスタイルが多いのに対し、英語での発表は「big picture/concepts」を重視しているとコメントしました。

今回も発表者の方々に、アンケートに協力していただきました。以下、一部を紹介します。

■今回の Research Showcase で学んだことで、同僚や今後の参加者と共有できそうなこと。

  • 普段の研究で反射的に使っている専門用語の英語訳ないし英語での説明方法を考える良い機会になった。
  • 自身の研究における大きな展望と、今現在行っている細かな研究との繋がりを、他分野の研究者に対して明快に説明することが求められる場であり、そのための訓練と自覚化の機会になった。

■Showcaseへの参加は、あなたの今後のキャリアと研究に、今後どのように役にたちそうですか。

  • 英語に限らず、語学を本格的にやらないといけないなという危機感を強く持ちました。日本文学の命脈を保たせるためにも、海外に進出することや、海外から輸入するということを、今後の研究者は真剣に考えるべき時期に来ていると実感しました。
  • 原稿へのフィードバックは、自分の目では気づかないような綻びやミスを指摘していただけて、大変勉強になりました。それだけでなく、一回自分の原稿を落ち着いて読んでみると、自分でも「こういう言い方のほうがいいんじゃないか」とか、「こっちのほうが分かりやすいんじゃないか」とか、そういう視点を持てるようになると思います。
  • 国際学会での発表は、多様な背景を持つ研究者が4人程度でパネルを組んで応募することが一般的だと思うので、RSで出会った研究者ネットワークは大変貴重なものになると思います。
  • 発表原稿のフィードバックについては、発表内容におけるどの部分が必ずしも共有の知識ではないのかを、他分野の研究者の方から具体的に指摘して頂ける機会が貴重であると感じます。慣習的に使用している用語を、改めて言語化する訓練の機会にもなりました。
  • 今回の発表を通して得た経験で一番大きかったのは、英語発表に対する免疫がついたことです。正直自分が英語で発表することはないだろうと思っていたのですが、RSでの発表を経てむしろ積極的に国際発信していきたいという気持ちになりました。

まとめ

初めてのオンライン開催となったRSですが、無事に終えることができました。オンライン開催により地理的制約がなくなったことで、アメリカ、ヨーロッパ、中国からの参加者も含めて30名ほどの参加者を得られました。日本史や日本文学研究においても国際発信の機会がいっそう増えつつあるなか、多様なステージに身を置く研究者があつまり、研究内在的な論点からその伝え方に至るまで、刺激的なやり取りを交わす機会となりました。

SOASのスクリーチ先生、大阪大学の飯倉先生、国文学研究資料館の山本先生、そして告知にご協力いただいた皆様に感謝いたします。

歴史家ワークショップでは、今後も日本史、日本文学研究者の国際発信をサポートする取り組みを進めていきます。一層多くの方々に参加していただけますよう、運営側としても願っております。

Other Event

【参加者募集】オンラインミートアップシリーズ Coffee Time Series 第2回「育児と研究」9/11 (金) 16:00-

9月11日(金)16:00(日本時間)から、歴史家ワークショップ主催のオンラインミートアップシリーズ ‘Coffee Time Series’ の第2回を開催します。本シリーズでは、気軽に研究の楽しさや研究にまつわる悩みを共有し助け合える場を作ろうと、国内外の博士課程に在籍する5人の大学院生が中心となって運営に携わっています。一連のイベントを通じて、孤独に研究する大学院生・研究者が分野を横断しながら集まることができ、またアカデミアの外にいる方々とも人間的なつながりができればと願っています。

第2回となる今回は「育児と研究」をテーマに、大津谷馨(リエージュ大学)がファシリテーションを担当し、中近世エジプト史がご専門の熊倉和歌子さん(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助教)をゲストにお招きします。熊倉さんには、現地調査や国際学会など海外出張の際のマネージメントや一日のタイムスケジュールなど育児と研究の両立のためにどういう工夫をしているのか、ライフプランをどのように組み立ててこられたのか、子育てしやすい環境づくりのため大学や学界に望むことは何かなどについて、お話しいただきます。私生活において研究者自身やその家族・パートナーが多様な選択をしつつ、研究を楽しく続けるために、熊倉さんの共有してくださる体験談を一事例として、悩みを共有し、研究者としてより生きやすい環境を作るヒントを得られる場にしたいと考えています。

当日はフロアの皆さんからの意見や質問も交えてのトークを予定しています。週末の夕方、コーヒーやお酒を片手におしゃべりに参加してみませんか?

参加を希望される方には後日 Zoom でのリンクをお送りしますので、9月9日(水)日本時間20時までに、下記の Google Form から参加登録をお願いします。

開催概要

日時|9月11日(金)16:00-17:00(トークとディスカッション)/ 17:00-18:00(都合のつく方で懇親会)(いずれも日本時間)
場所|オンライン開催(Zoom使用)
費用|無料

※イベント(トークとディスカッション)は1時間で終了しますが、その後、都合のつく方で1時間程度の懇親会を予定しています。懇親会は、Zoom のブレイクアウトルーム機能を使った少人数によるフリートークを予定しています。途中に退出していただいてもかまいません。

参加登録

こちらからお願いいたします。
参加登録締切:9月9日(水)日本時間20時まで

ゲストスピーカープロフィール

熊倉 和歌子(くまくら わかこ)さん
(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助教)
Researchmap / Twitter

1980年生。2011年お茶の水女子大学で学位を取得後、同大学大学院人間文化創成科学研究科リサーチフェロー(2012年度)、日本学術振興会特別研究員(PD)(2013〜2014年度)、東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理寄付研究部門特任研究員(2014年度〜2016年5月)、早稲田大学イスラーム地域研究機構研究助手(2016年6月〜2017年度)を経て、2018年より現職。著書に『中世エジプトの土地制度とナイル灌漑』(東京大学出版会、2019年)。2018年6月に出産、現在2歳3ヶ月の子どもの子育てを楽しみながら研究を続ける。

「土地制度や水利行政の観点から国家とエジプトの農村社会の関係について研究しています。また、歴史学における分析手法の開拓やオープンサイエンスの方法にも関心があります。その一環として、Qalawun VR Project を立ち上げ、エジプト・カイロのイスラーム宗教建築のVRツアーやイスラーム建築史や中世エジプト史に関する学習コンテンツの公開を行っています(https://qalawun.aa-ken.jp/)。

ヘッダー画像について

「豊饒なる埃及」より(ウェブサイト :[AA研])。

「農民の住居」というタイトルを冠するこの一枚、報告者にはやんちゃな男の子の世話に疲れ果てた母親がぐったりとしている絵に見える…?

Other Event

2nd Early Career Conference 開催のお知らせ

Historians’ Workshop では、以下の要領で大学院生・若手研究者の研究報告会 “Second Early Career Conference” を開催します。

国内外の若手研究者が多様なテーマについて発表する貴重な機会となっております。参加登録の締め切りは8月28日です。皆様のご参加をお待ちしています。

開催概要

日時 / Date: Monday 31 August 2020, 13.00-19.00 (JST)
場所 / Place: Zoom (the meeting link will be sent via email on 29 August 2020)
参加登録フォーム / Registration formhttps://forms.gle/iVmkzaFyhtzMRNKa7

Speakers

Session1: 13.10-14.20

Hayley KEON (University of Hong Kong)
Consuming the Nation: Food, Drink, and Diaspora in the American Missionary Memoir

MORIE Kento (Kyoto University)
Religion, Realism, and the Cold War: The Rockefeller Foundations’ Interests in the Funding of International Relations Studies and Christian Morality

Session 2: 14.35-15.45

CAO Thi Van (Nanyang Technological University, Singapore)
Vietnamese King Ships Trade with Singapore, 1820-1847

Mohamed EL-MOURSI (EHESS, France)
Writing the Self in Pre-modern Arabic Culture: The Case of ʿAbd Allāh B. Buluggīn and His Book, al-Tibyān

Session 3: 16.00-17.10

Dr. Quentin LIPPMANN (University of Essex)
From Material to Non-Material Needs? The Evolution of Mate Preferences through the 20th Century in France

Pavel KREJCI (University of Hong Kong)
From Western Liberalism towards Czechoslovak Socialism

17.20-17.40: Comments from Prof. Dr. MIZUTANI Satoshi (Doshisha University)

17.40-17.50: Concluding remarks

18.00-19.00 Coffee & Teatime

This conference is organized by: INAGAKI, Kentaro (The University of Tokyo), HUH, Duim (The University of Tokyo), KITAGAWA, Ryota (Hiroshima University), SUZUKI, Kengo (The University of Tokyo), and YAMADA, Tomoki (Kyoto University)

If you have any questions or clarifications, please contact at:
INAGAKI, Kentaro (inagaki-kentaro157@g.ecc.u-tokyo.ac.jp