Film Night『ウィンスタンリー』 24 May 2018

RE.F. Workshopスピンオフ企画Film Night第6弾◆
今回は、イギリス・ピューリタン革命期の宗教セクト’Diggers’を取り上げた『Winstanley』。この映画にはアドバイザーとして、ピューリタン革命史家Christopher Hillが関わっており、歴史学的に文句のつけようのないクオリティの高さです。
本編の1場面
近世ロンドン都市史の菅原未宇さんが、映画を取り巻く社会的状況の解説もしてくださいました。2時間を超えるディスカッションを持つことができました!
Guardianによるレヴューはこちら↓「Entertainment Grade: C+,  History Grade: A」
IMG_8126

Film Night『ショコラ』24 April 2018

RE.F. Workshopスピンオフ企画Film Night第5弾◆
今回観たのはEHESS(フランス社会科学高等研究院)歴史学教授ジェラール・ノワリエルが史料の中から発掘したある黒人芸人の生涯を描いた『ショコラ』です。
 
単行本『ショコラ』http://amzn.asia/6qLYoCa
今回は、原作の日本語訳を担当した武蔵大学の舘葉月さんが、解説もしてくださいました。日本でこの映画に一番詳しい方に解説していただき、その後、参加者で活発なディスカッションを1時間半ほど行うことができました。
RE.F. Workshop Film Nightでは、こういった専門家による解説と参加者による議論を大事にしていきたいと考えています。

Film Night『1984』23 June 2018

RE.F. Workshopスピンオフ企画Film Night第4弾◆
今回はジョージ・オーウェルの小説を元にした『1984』。
実際に1984年4月から始まる主人公のウィンストンの日記の日付に合わせてに撮られたという、その時にしか存在しない空気を写した面白い試みの映画です。
「名前は聞いたことあるけど、読んだことはない・観たことはない」人も多かったはず。そのため、非常にこの映画から全体主義や今の社会との類似点など盛んな議論を交わすことができました。
—————-
日時:3/23 (金)18:30〜
場所:東大本郷キャンパス経済研究科学術交流棟小島ホール第3セミナー室
『1984』トレーラー
単行本『Nineteen Eighteen Four』http://amzn.asia/0qLo9kp
単行本『1984年』http://amzn.asia/9OCi9w0

Film Night『The Physician(千年医師物語)』30 Nov 2017

今回は『千年医師物語:ペルシアの彼方へ(The Physician)』を題材に、学振PDの篠田知暁さんに自身の研究の面白さについても話してもらいました。
文明の宗教的な寛容性と科学技術的な卓越性があまりに素朴に結び付けられて表象されていることの問題について議論ししました。
実際に使ってらっしゃる史料も持参してくださり、これまでイスラム世界の歴史に触れてこなかった参加者にも、わかりやすく「何がおもしろいのか」というRE.F. Workshopが広げていきたい視点を説明してくださいました!
—————-
日時:11/30 (木)18:30〜

場所:東大本郷キャンパス経済研究科学術交流棟小島ホール第3セミナー室

IMG_7468

Film Night『薔薇の名前』 26 Oct 2017

今回は『薔薇の名前』。
先日亡くなったウンベルト・エーコの原作を元にした作品ですが、名前だけ知ってるけどまだ観たことがないという人も多いはず。そんな古典映画の代表でもある『薔薇の名前』を題材に、教皇特使について、「笑いの研究」について、記号論についてなど、大変議論が盛り上がりました。
日時:10/26 (木)18:30〜
場所:東大本郷キャンパス経済研究科学術交流棟小島ホール第3セミナー室
『薔薇の名前』トレーラー