2021年9月24日(金)日本時間15時半から、歴史家ワークショップ主催のオンラインミートアップシリーズ ‘Coffee Time Series’ の第6回を開催します。本シリーズでは、気軽に研究の楽しさや研究にまつわる悩みを共有し助け合える場を作ろうと、国内外の大学に在籍する8人の大学院生とポスドクが中心となって運営を行なっています。一連のイベントを通じて、孤独に研究する大学院生・研究者が分野を横断して集まることができ、またアカデミアの外にいる方々とも人間的なつながりを構築することができればと願っています。

第6回となる今回は、「研究者のライフプラン——留学・博論・育児——」をテーマに、大津谷馨(リエージュ大学)がファシリテーションを担当し、現在ドイツで博論を執筆しながら子育てされている纓田宗紀さん(西洋中世史・アーヘン工科大学)をゲストにお招きします。纓田さんには、家族形成や家族でのドイツ渡航などこれまでの決断の背景、一日のスケジュール・家事育児の分担など日常生活での工夫や葛藤、ドイツでの留学・子育て・資金獲得の状況、コロナ禍の影響など、様々な話題についてお話しいただきます。

纓田さんのトーク後には、子育てに限らず、個人の人生と研究の折り合いをどのようにつけていくかについて参加者の皆さんと話し合える場を設けます。私生活とのバランスを取りつつ研究を楽しく続けていくためにどうすればいいのか、悩みや工夫を共有し、研究者としてより生きやすい環境を作るヒントを得られる場にしたいと考えています。

週末の夕方、コーヒーやお酒を片手におしゃべりに参加してみませんか?

参加を希望される方には後日 Zoom でのリンクをお送りしますので9月22日(水)日本時間20時までに、下記の Google Form から参加登録をお願いします。

開催概要

日時|9月24日(金)15:30-17:00(トークとディスカッション)/ 17:00-17:30(懇親会)
タイムテーブル(予定)
15:30-15:35(趣旨説明)
15:35-16:05(ゲストのトーク)
16:05-16:15(質疑応答)
16:15-16:45(少人数グループに分かれてディスカッション)
16:45-17:00(全体で議論、総括)
17:00-17:30(懇親会)
(いずれも日本時間)
場所|オンライン開催(Zoom使用)
費用|無料

※イベント(ゲストのトークとディスカッション)は1時間半で終了しますが、その後、都合のつく方で30分程度の懇親会を予定しています。懇親会は、Wonderを使った少人数によるフリートークを予定しています。

※ゲストのトークのみ聴講などの部分参加も歓迎します。途中参加・途中退出などご自由にしていただいて構いませんので、ご自身のご都合に合わせてご参加ください。

参加登録

参加登録こちらからお願いいたします。
参加登録締切|9月22日(水)日本時間20時まで 

※ご参加にあたってサポートをご希望される方は、その内容について上記参加登録フォームからお申し出ください。トーク原稿の事前配布、当日のトークに際しての字幕設定、グーグルドキュメントを使用した筆談などの提供を予定しております。その他にも具体的なご要望やご提案がございましたら、上記の参加登録フォームにご記入ください。

ゲストスピーカープロフィール

纓田 宗紀 (オダ ソウキ)
1989年生まれ。アーヘン工科大学歴史学科博士候補生、ゲルダ・ヘンケル財団奨学生。専門は西洋中世史、教皇史。2018年4月第一子誕生、同年9月よりドイツ在住。共編著に『欧米圏デジタル・ヒューマニティーズの基礎知識』(文学通信、2021年)。論文に「アトリエに吹く風:デジタル・ヒストリーと史料」(共著、『西洋史学』第268号、2019年)。
researchmap: https://researchmap.jp/ODA_SOKI
参考:「コロナ禍の海外家族生活─ドイツ・アーヘンからの報告」(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 特設サイト「COVID-19とフィールド・ワーカー」、2020年12月)https://fieldnet-sp.aa-ken.jp/439