Other Event

【参加者募集】オンラインミートアップシリーズ Coffee Time Series

7月10日(金)19:30(日本時間)より、‘Coffee Time Series’ と題し、歴史研究者を主に対象としたオンラインミートアップシリーズの第1回を開催します。

週末の夜、コーヒーやお酒を片手におしゃべりに参加してみませんか?

本イベントでは、気軽に研究の話を様々な人達とできる場を作ろうと、国内外の博士課程に在籍する4人の大学院生が中心となって運営に携わっています。一連のイベントを通じて、孤独に研究する大学院生・研究者が分野を横断しながら集まることができ、またアカデミアの外にいる方々とも人間的なつながりが出来ればと願っています。

初回となる今回は、槙野翔(東京大学/トリニティ・カレッジ・ダブリン)が進行を担当し、昨年オランダのティルブルフ大学にて博士号を取得された安平弦司さん(近世オランダ宗教社会史/日本学術振興会特別研究員CPD)をゲストに招きます。安平さんには研究を始めてから海外で博士号を取得するまでの長い道のりをどのようにサバイブしてきたのか、そしていま取り組んでいるテーマのどのようなところに面白さを感じているのかを、「博士号取得過程でのチャレンジ」というテーマを中心に、カジュアルな形でお話しいただきます。当日はフロアの皆さんから意見や質問も交えてのトークを予定しています。

週末の夜、コーヒーやお酒を片手におしゃべりに参加してみませんか?
参加を希望される方には後日zoomでのリンクをお送りしますので、下記のGoogle Form から参加登録よろしくお願いします。

開催概要

対象|主に歴史学系の院生・研究者
費用|無料
場所|オンライン開催(Zoom使用)
日時
7月10日(金)19:30~(日本時間)
終了予定時刻:20:30
※イベントは1時間で終了しますが、その後、都合のつく方で懇親会を予定しています。

参加登録

こちらからお願いいたします。
https://forms.gle/6VYg38eHrn1ZGzig8

ゲストスピーカープロフィール

安平弦司さん(日本学術振興会特別研究員CPD)
1989年神戸市生まれ。大阪大学と京都大学で西洋史学を学んだ後、日本学術振興会特別研究員DC1・ユトレヒト大学(オランダ)客員研究員を経て、2019年にティルブルフ大学(オランダ)で博士論文Civic Agency in the Public Sphere: Catholics’ Survival Tactics in Utrecht, 1620s–1670sをディフェンスし博士号を取得。研究関心は、異なる信仰・思想を持つ人々の共存や寛容、マイノリティの生存戦術の社会史。
Research map: https://researchmap.jp/genjiyasuhira/?lang=ja
Academia.edu: https://t.co/mUlMSjPgzP?amp=1 
Twitter: https://twitter.com/GYasuhira