Tokyo Digital Historyでは、下記の要領で第3回研究会を開催いたします。少し日程が近くなってしまっており、またお忙しい時期かと思いますが、ご都合の合う方、ぜひお気軽にご参加ください。
議論のアーカイブなどは、Tokyo Digital HistoryのGitHubで公開していきたいと思います。過去に開催した勉強会での議論はこちらからご覧いただけます。https://github.com/tokyodigitalhistory/readings/issues

*Tokyo Digital Historyとは
これまでのTokyo Digital Historyの活動は、こちらのページからご覧いただけます。

*日時(日本時間)
2021年7月29日(木)16:00~17:30

*開催方式
Zoomによる同時双方向通信

*想定参加者
デジタル時代の歴史学、デジタル技術を取り入れた歴史研究の可能性と課題、といった論点に関心のある方々、幅広くご参加ください。

*参加申込方法
以下のGoogle Formに情報を入力ください。ご連絡先のメールアドレスにZoomのミーティングURLをお送りいたします。https://forms.gle/Rnr2yC677fZbaSnF6

*内容
今回から何回かにわけて、2020年12月に出版されたHannu Salmi, What is digital history?, Polity Press, 2020 を読んでいきたいと思います。
ちなみに、この本は https://www.amazon.co.jp/What-Digital-History-Hannu-Salmi/dp/1509537023 などからE-Bookを購入できます。

今回は、小川潤さん(東京大学大学院 博士課程)に第1章 ‘The Digital Past: Sources and Problems’ のレジュメ作成を担当していただけることになりました。

*お問い合わせ
小風尚樹(Tokyo Digital History代表・千葉大学人文社会科学系教育研究機構助教)|n_kokaze[at]chiba-u.jp