Research Showcase

2017年3月9日《西洋中世学会版》リサーチ・ショーケース

Research Showcase in Medieval Studies

日時:2017年3月9 日 17:00-20:00
場所:東京大学本郷キャンパス 小島ホール2階 第3セミナー室
地図:http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/about/access/campusmapj.pdf

西洋中世学会若手セミナー 《西洋中世学会版》リサーチ・ショーケースのプログラムの詳細がきまりました。発表者と論題をごらんください

「日本にいながらヨーロッパ中世にかかわる研究に携わっているうちに湧き上がってくる欲求の一つは、ヨーロッパ中世を自らの過去として研究している人びととの対話ではないだろうか。あるいは日頃から卓上で対峙している「先行研究」文献の執筆者たち──そこには日本の研究者と同じく「外国史」・「異文化」としてのヨーロッパ中世研究に従事している人たちも含まれる──に、自分の見解を伝えてみたい、議論をしたいと思うこともあるだろう。」このような希望をめぐって若手セミナー「外国語で論文を書く、報告する」が2015年10月に青山学院大学で開催されました*。今回はそれに続く企画として《西洋中世学会版》リサーチ・ショーケースを開催します。

今回の Research Showcase は以下のかたちでおこないます。まず「中世研究」に携わる発表者を6名募集します。発表者には発表を準備し、当日各自の研究テーマについて8分という短い時間で、専門をかならずしも共有しないオーディエンスにコンパクトにご自身の研究を伝えるプレゼンテーションをおこなっていただきます。発表とその後の質疑応答はいずれも英語でおこないます。本来は各国語でおこなうのがベストですが、入手可能なリソース等の考慮の結果、今回は英語のみとします。

詳しくはこちらをご覧ください。