【開催告知】オンラインミートアップシリーズ Coffee Time Series 第5回「あなたの研究を3分で」7/23 (金) 18:00-19:30

2021年7月23日(金)日本時間18時から、歴史家ワークショップ主催のオンラインミートアップシリーズ ‘Coffee Time Series’ の第5回を開催します。本シリーズでは、気軽に研究の楽しさや研究にまつわる悩みを共有し助け合える場を作ろうと、国内外の博士課程に在籍する8人の大学院生とポスドクが中心となって運営を行なっています。一連のイベントを通じて、孤独に研究する大学院生・研究者が分野を横断して集まることができ、またアカデミアの外にいる方々とも人間的なつながりを構築することができればと願っています。

第5回となる今回は、「あなたの研究を3分で」をテーマに、槙野翔(トリニティ・カレッジ・ダブリン)がファシリテーションを担当し、大学院生およびキャリア初期の研究者の方々8人にご自身の研究を短く紹介いただき、フロアとの質疑応答を行っていただきます。スピーカーのみなさんには通常の研究発表とは異なり、3分で・簡単に・噛み砕いて研究を紹介していただきます。専門分野を異にするさまざまなスピーカーの発表を聴くことで、オーディエンスのみなさんにも、ご自身の研究の面白さをいかに聴衆に伝えるかについてあらためて考えるきっかけになれば幸いです。イベント後の懇親会では発表者と自由に会話する場を設けます。週末の夕方、コーヒーやお酒を片手におしゃべりに参加してみませんか?

参加を希望される方には後日 Zoom でのリンクをお送りしますので7月21日(水)日本時間20時までに、下記の Google Form から参加登録をお願いします。

日時|7月23日(金)18:00-19:30(スピーカーの発表と質疑応答)/ 19:30-20:00(懇親会)(いずれも日本時間)
場所|オンライン開催(Zoom使用)
言語|日本語
費用|無料
参加登録フォーム|://forms.gle/uX8sUNkFoq1cJtccA
参加登録締め切り|7月21日(水)日本時間20時まで

※イベント(スピーカーの発表と質疑応答)は1時間半で終了しますが、その後、都合のつく方で30分程度の懇親会を予定しています。懇親会は、Zoom のブレイクアウトルーム機能を使った少人数によるフリートークを予定しています。途中退出していただいてもかまいません。

プログラム

発表者(50音順)・タイトル・発表キャッチコピー

トート・ゲルゲイ(独立研究者)
二か国関係史の学際的研究のケーススタディー    
「1869-1913年間の「日本・ハンガリー関係史」に関する研究課程を例に、二か国関係史を巡る研究メソッドや研究基盤を考え直しましょう」

鹿田 裕太郎
複数教科書併用の学習法構築
「望まない学習からの脱却」

土肥野 秀尚(慶應義塾大学、バスク大学)
近世バスク社会のミクロヒストリー: 1766年の民衆暴動「マチナーダ」期を中心に
「「全体史」の可能性としての暴動期〜暴動期の史料に着目した近世バスク社会のミクロヒストリー〜」

新田さな子(京都大学・ヨーク大学)
1549年イングランドのケットの反乱に対する富裕庶民層の理解と描写    
「誰の、誰による、何のための反乱か。伝統への固執か、革新への訴えか。反乱の攻撃対象であると同時にそのリーダーを輩出した富裕庶民層がどのように反乱を理解し、描写したのかを同時代記録から探る」

波多野綾子(東京大学)
日本のヘイトスピーチ解消法形成と施行にみる国際法の内面化    
「何が『ヘイト』をつくるのか」

松村一慶(一橋大学)
オーストリア国家条約締結までの交渉過程
「オーストリアはどのように中立国として独立を達成したのか?」

水野良哉
世界史叙述を巡る政治性―アーノルド・J・トインビーの世界史論に着目して―    
「世界史とは、誰のためにどのような意図をもって書かれるのか。歴史叙述とグローバルな世界政治との関連を踏まえ、トインビーの世界史論を検討することを通じ、上記の問題を考えたい」

吉田瞳(京都大学)
中世後期ニュルンベルクにおける侮辱と名誉    
「言葉も、時にナイフとなる」


【参加者募集】オンラインミートアップシリーズ Coffee Time Series 第5回「あなたの研究を3分で」7/23 (金) 18:00-

2021年7月23日(金)日本時間18時から、歴史家ワークショップ主催のオンラインミートアップシリーズ ‘Coffee Time Series’ の第5回を開催します。本シリーズでは、気軽に研究の楽しさや研究にまつわる悩みを共有し助け合える場を作ろうと、国内外の博士課程に在籍する8人の大学院生とポスドクが中心となって運営を行なっています。一連のイベントを通じて、孤独に研究する大学院生・研究者が分野を横断して集まることができ、またアカデミアの外にいる方々とも人間的なつながりを構築することができればと願っています。

第5回となる今回は、「あなたの研究を3分で」をテーマに、槙野翔(トリニティ・カレッジ・ダブリン)がファシリテーションを担当し、大学院生およびキャリア初期の研究者の方々にご自身の研究を短く紹介いただき、フロアとの質疑応答を行っていただきます。スピーカーのみなさんには通常の研究発表とは異なり、3分で・簡単に・噛み砕いて研究を紹介していただきます。英語で行う同様の取り組みとして、Three Minutes Thesis (3MT)というイベントが世界各地で開催されており、日本でも毎年開かれています。以下を参照して、ぜひスピーカーとしての参加をご検討ください。(参考:東京大学での3MT https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/events/z0508_00001.html

今回のイベントでは、専門外の聴衆に、日本語でご自身が行っている研究をわかりやすく伝えることで、研究の面白さをシェアする事のできる機会にしたいと考えています。みなさんの研究のお話をぜひ聞かせてください。

スピーカー募集要項
日時|7月23日(金)18:00-19:30 (スピーカーの発表と質疑応答)/ 19:30-20:00(懇親会)(いずれも日本時間)
場所|オンライン開催(Zoom使用)
費用|無料
フォーマット|1人あたり、発表3分+質疑応答3分程度
使用言語|日本語
応募条件|大学院生からポスドクまでの歴史研究者
募集人数|10名程度 
応募方法|6月25日(金)日本時間20時までに、下記の応募フォームから応募ください。
応募フォーム|https://forms.gle/AeR6GeWU8hdKadcS9

【参加者募集】オンラインミートアップシリーズ Coffee Time Series 第4回「研究にまつわる悩みの分かち合い」2/26(金)17:00-

2月26日(金)日本時間17時から、歴史家ワークショップ主催のオンラインミートアップシリーズCoffee Time Seriesの第4回を開催します。本シリーズでは、気軽に研究の楽しさや研究にまつわる悩みを共有し助け合える場を作ろうと、国内外の博士課程に在籍する6名の大学院生が中心となって運営を行なっています。一連のイベントを通じて、孤独に研究する大学院生・研究者が分野を横断して集まることができ、またアカデミアの外にいる方々とも人間的なつながりを構築することができればと願っています。

第4回となる今回は、「研究にまつわる悩みの分かち合い」をテーマに、北川涼太(広島大学大学院)が企画全体のファシリテーションを担当し、Coffee Time Series運営メンバーと参加者の皆さんで「当事者ミーティング」を実践します。この「当事者ミーティング」は、2020年6月に開催した「セルフケア・ピアサポートワークショップ」で紹介・実践したもので、近い立場にある当事者間での問題解決や、各自が実現したいことの手がかりとなる「次の一歩」を見つけるための対話型ワークショップです。昨今の新型コロナウイルスの感染拡大により、思うように研究を進められなかったり、悩みを相談できる人間関係が絶たれてしまった方も多いでしょう。そのため、この「当事者ミーティング」を通して、文献の読み方やメモの取り方など研究・調査を進める際の工夫、モチベーションの維持、研究とアルバイト・仕事、家事・育児・介護とのバランスなど、研究生活の中で生じる幅広い悩みを共有し、解決に向けた一歩を探していきたいと考えます。

当日は、趣旨説明の後に5~6人のグループに分かれ、運営メンバーのファシリテーションで「当事者ミーティング」を行なった後、各グループで得られた気づきを全体で共有する予定です。週末の夕方、コーヒーやお酒を片手におしゃべりに参加してみませんか?

参加を希望される方には後日Zoomのリンクを送りしますので、2月19日(金)17時までに、下記のGoogle Formから参加登録をお願いいたします。

開催概要

日時|2月26日(金)17:00-18:00(「当事者ミーティング」のグループワークと全体での総括)/ 18:00-19:00(都合のつく方で懇親会)(いずれも日本時間)
場所|オンライン開催(Zoom使用)
費用|無料(各自でポストイットかメモ用紙を5枚、お手元にご用意ください)
定員|30名
グループワークのファシリテーター(第4回Coffee Time Series運営メンバー)|赤﨑眞耶市川佳世子大津谷馨纓田宗紀北川涼太篠田知暁藤田風花槙野翔安平弦司

※Coffee Time Seriesでは参加者全員が安心してオープンに悩みや考えを共有できる場づくりを目指しています。今回のイベントでは、原則的にZoom上でビデオをオンにしてご参加いただけますようお願いします。なお、当日の録画や写真撮影などは行ないませんので、ご安心ください。

※イベント(「当事者ミーティング」のグループワークと全体での総括)は1時間で終了しますが、その後、都合のつく方で1時間程度の懇親会を予定しています。懇親会は、Zoomのブレイクアウトルーム機能を使った少人数によるフリートークを予定しています。途中退席していただいてもかまいません。

参加登録

こちらからお願いいたします。

参加登録締め切り:2月19日(金)17:00(日本時間)
※定員に達した場合は早めに締め切ります。参加登録後にキャンセルされる場合は、早めに下記アドレスまでご連絡ください。

北川涼太(企画担当)
赤崎眞耶(参加登録担当)

【参加者募集】オンラインミートアップシリーズ Coffee Time Series 第3回「アカデミア外の仕事と研究」12/11 (金) 17:00-

12月11日(金)日本時間17時から、歴史家ワークショップ主催のオンラインミートアップシリーズ ‘Coffee Time Series’ の第3回を開催します。本シリーズでは、気軽に研究の楽しさや研究にまつわる悩みを共有し助け合える場を作ろうと、国内外の博士課程に在籍する5人の大学院生が中心となって運営を行なっています。一連のイベントを通じて、孤独に研究する大学院生・研究者が分野を横断して集まることができ、またアカデミアの外にいる方々とも人間的なつながりを構築することができればと願っています。

第3回となる今回は、「アカデミア外の仕事と研究」をテーマに、赤﨑眞耶(ポール・ヴァレリー(モンペリエ第三)大学)がファシリテーションを担当し、Google 社に勤務されている中村優子さんをゲストにお招きします。中村さんには、博士論文執筆中から一般企業でお仕事をされていた経験にもとづいて、研究と仕事との両立や、就職までの道のり、大学での研究と現在のお仕事との関係、アカデミア外で活動して得た気付きなどについてお話しいただきます。特に人文学や社会科学を学んだ博士号取得者が、研究活動で得た能力(企画立案能力、情報を適切に取捨選択する能力、批判的に物事を検証する能力など)を活かす形で多様なキャリアパスを描けるように、中村さんのご経験や現在のご活動から前向きなヒントを得られる場にしたいと考えています。

当日はフロアの皆さんからの意見や質問も交えてのトークを予定しています。週末の夕方、コーヒーやお酒を片手におしゃべりに参加してみませんか?

参加を希望される方には後日 Zoom でのリンクをお送りしますので、12月9日(水)日本時間20時までに、下記の Google Form から参加登録をお願いします。

開催概要

日時|12月11日(金)17:00-18:00(トークとディスカッション)/ 18:00-19:00(都合のつく方で懇親会)(いずれも日本時間)
場所|オンライン開催(Zoom使用)
費用|無料

※イベント(トークとディスカッション)は1時間で終了しますが、その後、都合のつく方で1時間程度の懇親会を予定しています。懇親会は、Zoom のブレイクアウトルーム機能を使った少人数によるフリートークを予定しています。途中退出していただいてもかまいません。

参加登録

こちらからお願いいたします。

参加登録締切:12月9日(水)日本時間20時まで

ゲストスピーカープロフィール

中村優子(なかむら・ゆうこ)
Google 社の User Experience Researcher として、Google マップに関するプロダクトリサーチに従事。建築設計事務所、スタートアップ、デザイン会社での勤務及びフリーランスを経て現職。東京大学教養学部文科Ⅲ類から工学部都市工学科都市計画コースに進学し、学士(工学)。その後、米英に留学経験あり:PhD in Architecture(University of Wisconsin-Milwaukee、フルブライト奨学生)、MArch in Urban Design(Bartlett School of Architecture, University College London)。博士論文のテーマは近代(戦前)東京における女性の移動・公共空間利用行動。これまで PhD 取得後の non-academic キャリアについて、個別にメンタリングを行ってきた。2020年12月から、Humanities Without Walls にて Alumni Advisory Board Member を務める。

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/nakamurayuko/

【参加者募集】オンラインミートアップシリーズ Coffee Time Series 第2回「育児と研究」9/11 (金) 16:00-

9月11日(金)16:00(日本時間)から、歴史家ワークショップ主催のオンラインミートアップシリーズ ‘Coffee Time Series’ の第2回を開催します。本シリーズでは、気軽に研究の楽しさや研究にまつわる悩みを共有し助け合える場を作ろうと、国内外の博士課程に在籍する5人の大学院生が中心となって運営に携わっています。一連のイベントを通じて、孤独に研究する大学院生・研究者が分野を横断しながら集まることができ、またアカデミアの外にいる方々とも人間的なつながりができればと願っています。

第2回となる今回は「育児と研究」をテーマに、大津谷馨(リエージュ大学)がファシリテーションを担当し、中近世エジプト史がご専門の熊倉和歌子さん(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助教)をゲストにお招きします。熊倉さんには、現地調査や国際学会など海外出張の際のマネージメントや一日のタイムスケジュールなど育児と研究の両立のためにどういう工夫をしているのか、ライフプランをどのように組み立ててこられたのか、子育てしやすい環境づくりのため大学や学界に望むことは何かなどについて、お話しいただきます。私生活において研究者自身やその家族・パートナーが多様な選択をしつつ、研究を楽しく続けるために、熊倉さんの共有してくださる体験談を一事例として、悩みを共有し、研究者としてより生きやすい環境を作るヒントを得られる場にしたいと考えています。

当日はフロアの皆さんからの意見や質問も交えてのトークを予定しています。週末の夕方、コーヒーやお酒を片手におしゃべりに参加してみませんか?

参加を希望される方には後日 Zoom でのリンクをお送りしますので、9月9日(水)日本時間20時までに、下記の Google Form から参加登録をお願いします。

開催概要

日時|9月11日(金)16:00-17:00(トークとディスカッション)/ 17:00-18:00(都合のつく方で懇親会)(いずれも日本時間)
場所|オンライン開催(Zoom使用)
費用|無料

※イベント(トークとディスカッション)は1時間で終了しますが、その後、都合のつく方で1時間程度の懇親会を予定しています。懇親会は、Zoom のブレイクアウトルーム機能を使った少人数によるフリートークを予定しています。途中に退出していただいてもかまいません。

参加登録

こちらからお願いいたします。
参加登録締切:9月9日(水)日本時間20時まで

ゲストスピーカープロフィール

熊倉 和歌子(くまくら わかこ)さん
(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助教)
Researchmap / Twitter

1980年生。2011年お茶の水女子大学で学位を取得後、同大学大学院人間文化創成科学研究科リサーチフェロー(2012年度)、日本学術振興会特別研究員(PD)(2013〜2014年度)、東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理寄付研究部門特任研究員(2014年度〜2016年5月)、早稲田大学イスラーム地域研究機構研究助手(2016年6月〜2017年度)を経て、2018年より現職。著書に『中世エジプトの土地制度とナイル灌漑』(東京大学出版会、2019年)。2018年6月に出産、現在2歳3ヶ月の子どもの子育てを楽しみながら研究を続ける。

「土地制度や水利行政の観点から国家とエジプトの農村社会の関係について研究しています。また、歴史学における分析手法の開拓やオープンサイエンスの方法にも関心があります。その一環として、Qalawun VR Project を立ち上げ、エジプト・カイロのイスラーム宗教建築のVRツアーやイスラーム建築史や中世エジプト史に関する学習コンテンツの公開を行っています(https://qalawun.aa-ken.jp/)。

ヘッダー画像について

「豊饒なる埃及」より(ウェブサイト :[AA研])。

「農民の住居」というタイトルを冠するこの一枚、報告者にはやんちゃな男の子の世話に疲れ果てた母親がぐったりとしている絵に見える…?

【参加者募集】オンラインミートアップシリーズ Coffee Time Series

7月10日(金)19:30(日本時間)より、‘Coffee Time Series’ と題し、歴史研究者を主に対象としたオンラインミートアップシリーズの第1回を開催します。

週末の夜、コーヒーやお酒を片手におしゃべりに参加してみませんか?

本イベントでは、気軽に研究の話を様々な人達とできる場を作ろうと、国内外の博士課程に在籍する4人の大学院生が中心となって運営に携わっています。一連のイベントを通じて、孤独に研究する大学院生・研究者が分野を横断しながら集まることができ、またアカデミアの外にいる方々とも人間的なつながりが出来ればと願っています。

初回となる今回は、槙野翔(東京大学/トリニティ・カレッジ・ダブリン)が進行を担当し、昨年オランダのティルブルフ大学にて博士号を取得された安平弦司さん(近世オランダ宗教社会史/日本学術振興会特別研究員CPD)をゲストに招きます。安平さんには研究を始めてから海外で博士号を取得するまでの長い道のりをどのようにサバイブしてきたのか、そしていま取り組んでいるテーマのどのようなところに面白さを感じているのかを、「博士号取得過程でのチャレンジ」というテーマを中心に、カジュアルな形でお話しいただきます。当日はフロアの皆さんから意見や質問も交えてのトークを予定しています。

週末の夜、コーヒーやお酒を片手におしゃべりに参加してみませんか?
参加を希望される方には後日zoomでのリンクをお送りしますので、下記のGoogle Form から参加登録よろしくお願いします。

開催概要

対象|主に歴史学系の院生・研究者
費用|無料
場所|オンライン開催(Zoom使用)
日時
7月10日(金)19:30~(日本時間)
終了予定時刻:20:30
※イベントは1時間で終了しますが、その後、都合のつく方で懇親会を予定しています。

参加登録

こちらからお願いいたします。
https://forms.gle/6VYg38eHrn1ZGzig8

ゲストスピーカープロフィール

安平弦司さん(日本学術振興会特別研究員CPD)
1989年神戸市生まれ。大阪大学と京都大学で西洋史学を学んだ後、日本学術振興会特別研究員DC1・ユトレヒト大学(オランダ)客員研究員を経て、2019年にティルブルフ大学(オランダ)で博士論文Civic Agency in the Public Sphere: Catholics’ Survival Tactics in Utrecht, 1620s–1670sをディフェンスし博士号を取得。研究関心は、異なる信仰・思想を持つ人々の共存や寛容、マイノリティの生存戦術の社会史。
Research map: https://researchmap.jp/genjiyasuhira/?lang=ja
Academia.edu: https://t.co/mUlMSjPgzP?amp=1 
Twitter: https://twitter.com/GYasuhira