【開催告知】日本史史料英訳ワークショップ第五回「琉球外国関係文書の回」

趣旨説明

日本史史料英訳ワークショップ第五回、「琉球外国関係文書の回」を3月11日(木)に開催します。

中世近代に続き、第五回となる今回は、日本近世史専門の三名の方をお招きします。幕末史専門の後藤敦史氏(京都橘大学)と近世琉球史専門のトラビス・サイフマン氏(東京大学史料編纂所)から、「琉球外国関係文書」所収の阿部正弘「琉球の儀に付応接方大意」という史料の英訳に基づきつつ、近世日本の対外関係と関わる研究史の問題をお話しいただきます。そのうえで、日本近世外交史の視点から、松方冬子氏(東京大学史料編纂所)にコメントしていただきます。

これまでの四回のワークショップでは、日本と英語圏の異なる文化と歴史背景や、一つの史料用語の多面性・多様性により、日本史の史料用語について「完璧な」英語の訳語を見出すのは極めて困難である、という共通了解を育んできました。そこで今回の「琉球外国関係文書の回」では、語句レベルでの訳語の検討を踏まえつつ、そこから一歩進み、日本史史料の英訳がどのように関連研究史の問題に繋がっていくかを模索します。また、スピーカーのトラビス・サイフマン氏には、ご自身が携わっている東京大学史料編纂所での維新史料綱要データベースの英訳プロジェクトについても経験と知見をお話しいただき、既存の綱要英語版データベースを紹介する機会ともしたいと考えています。

開催概要

対象|歴史学、文学、言語学、翻訳学分野を中心とする研究者
費用|無料
使用言語|日本語
場所|オンライン開催(Zoom使用)
日時|2021年3月11日(木)9:30~11:40(日本時間)
検討史料|「琉球外国関係文書」(東京大学史料編纂所所蔵『島津家文書』所収)

スピーカー①:
トラビス・サイフマン(東京大学史料編纂所)
・維新史料綱要と英語圏での利用
・英語圏におけるペリーの琉球訪問研究: 阿部正弘「琉球の儀に付応接方大意」の英訳から

スピーカー②:
後藤敦史(京都橘大学)
幕末日本の対外関係:琉球とアメリカに関わる史料を中心に

コメンテーター:
松方冬子(東京大学史料編纂所)
「日本」とは何か

企画・司会: 黄霄龍(東京大学)

参加申込はこちら(https://forms.gle/KWAL6Thx8D1xsktg6)から。締め切りは日本時間の3月9日(火)正午。参加者には9日の夕方頃に史料の現代語訳と英訳を配り、zoomのリンクを案内いたします。

問い合わせ先:黄霄龍 hxiaolong[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp

【参加者募集】オンラインミートアップシリーズ Coffee Time Series 第4回「研究にまつわる悩みの分かち合い」2/26(金)17:00-

2月26日(金)日本時間17時から、歴史家ワークショップ主催のオンラインミートアップシリーズCoffee Time Seriesの第4回を開催します。本シリーズでは、気軽に研究の楽しさや研究にまつわる悩みを共有し助け合える場を作ろうと、国内外の博士課程に在籍する6名の大学院生が中心となって運営を行なっています。一連のイベントを通じて、孤独に研究する大学院生・研究者が分野を横断して集まることができ、またアカデミアの外にいる方々とも人間的なつながりを構築することができればと願っています。

第4回となる今回は、「研究にまつわる悩みの分かち合い」をテーマに、北川涼太(広島大学大学院)が企画全体のファシリテーションを担当し、Coffee Time Series運営メンバーと参加者の皆さんで「当事者ミーティング」を実践します。この「当事者ミーティング」は、2020年6月に開催した「セルフケア・ピアサポートワークショップ」で紹介・実践したもので、近い立場にある当事者間での問題解決や、各自が実現したいことの手がかりとなる「次の一歩」を見つけるための対話型ワークショップです。昨今の新型コロナウイルスの感染拡大により、思うように研究を進められなかったり、悩みを相談できる人間関係が絶たれてしまった方も多いでしょう。そのため、この「当事者ミーティング」を通して、文献の読み方やメモの取り方など研究・調査を進める際の工夫、モチベーションの維持、研究とアルバイト・仕事、家事・育児・介護とのバランスなど、研究生活の中で生じる幅広い悩みを共有し、解決に向けた一歩を探していきたいと考えます。

当日は、趣旨説明の後に5~6人のグループに分かれ、運営メンバーのファシリテーションで「当事者ミーティング」を行なった後、各グループで得られた気づきを全体で共有する予定です。週末の夕方、コーヒーやお酒を片手におしゃべりに参加してみませんか?

参加を希望される方には後日Zoomのリンクを送りしますので、2月19日(金)17時までに、下記のGoogle Formから参加登録をお願いいたします。

開催概要

日時|2月26日(金)17:00-18:00(「当事者ミーティング」のグループワークと全体での総括)/ 18:00-19:00(都合のつく方で懇親会)(いずれも日本時間)
場所|オンライン開催(Zoom使用)
費用|無料(各自でポストイットかメモ用紙を5枚、お手元にご用意ください)
定員|30名
グループワークのファシリテーター(第4回Coffee Time Series運営メンバー)|赤﨑眞耶市川佳世子大津谷馨纓田宗紀北川涼太篠田知暁藤田風花槙野翔安平弦司

※Coffee Time Seriesでは参加者全員が安心してオープンに悩みや考えを共有できる場づくりを目指しています。今回のイベントでは、原則的にZoom上でビデオをオンにしてご参加いただけますようお願いします。なお、当日の録画や写真撮影などは行ないませんので、ご安心ください。

※イベント(「当事者ミーティング」のグループワークと全体での総括)は1時間で終了しますが、その後、都合のつく方で1時間程度の懇親会を予定しています。懇親会は、Zoomのブレイクアウトルーム機能を使った少人数によるフリートークを予定しています。途中退席していただいてもかまいません。

参加登録

こちらからお願いいたします。

参加登録締め切り:2月19日(金)17:00(日本時間)
※定員に達した場合は早めに締め切ります。参加登録後にキャンセルされる場合は、早めに下記アドレスまでご連絡ください。

北川涼太(企画担当)
赤崎眞耶(参加登録担当)

【2月22日(月)17:00】第1回フランス語リサーチ・ショウケース : Ma recherche en 8 minutes 開催のご案内【Zoom開催】

[ Version française ci-après ]

【2/10 21:55追記】参加登録フォームのURLに誤りがあり、フォームにアクセスできない状態になっておりました。現在は修正済みです。登録をしようとしてできなかった方は、お手数をおかけしてしまい誠に申し訳ございませんが、再度登録をお願いいたします。

歴史家ワークショップでは、若手研究者が、自分の研究を外国語で発信する機会を提供すべく、Research Showcase を開催しています。発表・質疑応答をすべて外国語で行う本企画は、2016年の第1回開催以降、英語では既に11回の開催実績があり、発表者・参加者の双方に、外国語での学問的コミュニケーションの場を提供してきました。

今回は初の試みとして、フランス語でのリサーチ・ショウケース:Ma recherche en 8 minutes を開催します。司会およびコメンテーターに隠岐さや香先生(名古屋大学/科学史)、ゲストコメンテーターに稲賀繁美先生(国際日本文化研究センター/比較文学比較文化・文化交流史)をお招きし、フランス語での発表スキルの向上をめざす若手研究者を対象に、広義の歴史分野から、広く発表者を募りました。

今回は以下の9人の方が報告を行います。時代は16から20世紀まで、地域はフランスからスイス、アルジェリアまで、分野は政治史や宗教史から思想史、美術史、教育史、文学まで、実に盛りだくさんの内容です。オンラインで開催いたしますので、参加を希望される方は2月20日(金)17時までに 応募フォーム より登録をお願いします。前日までに当日のURLをメールでご案内いたします。

当日は多くの方々のご参加と刺激的な議論を、歴史家ワークショップ一同、心よりお待ちしております。

プログラム Programme

米倉美咲 Misaki Yonekura, Université de Kyoto
L’émergence de l’opposition protestant-catholique dans la France du début du XVIe siècle

伊藤連 Ren Ito, Université de Tokyo
Méthode d’historiographie : lire le Discours sur l’histoire universelle (1681) de Jacques-Bénigne Bossuet

村山雄紀 Yuki Murayama, Université de Waseda
La machine et l’harmonie : discours historique sur la peinture française du XVIIIe siècle

大屋戸しおり Shiori Oyado, Univeristé de Tokyo
La mode de la peinture d’intérieur au début du XIXe siècle

鈴木実香子 Mikako Suzuki, Université de Tokyo
Entre artiste et entrepreneur : redéfinir l’image du photographe primitif en France (1839-1879) 

酒田義之佑 Yoshinosuke Sakata, Université de Tokyo
La condition de la poésie — relecture de « Crise de vers » et « L’Action restreinte » de Stéphane Mallarmé

須田永遠 Towa Suda, Université de Tokyo
Le tableau vivant dans la pensée de Pierre Klossowski

天野佑紀 Yuki Amano, Université de Kyoto
La remise en cause de la guerre d’Algérie dans une perspective saharienne, 1954-1962

藤井碧 Ao Fujii, Université de Kyoto
Les sources historiques de l’enseignement des langues basé sur le plurilinguisme en Suisse: Examen des archives politiques de 1970 à 1995

開催詳細

日時: 2021年2月22日(月)17:00-20:30
会場: オンライン(Zoom)
司会・コメンテーター: 隠岐さや香(名古屋大学)
コメンテーター: 稲賀繁美(国際日本文化研究センター)
フォーマット: 一人あたり、発表8分+質疑応答7分
使用言語: フランス語
参加費: 無料
参加登録フォームhttps://forms.gle/ea9uFdTnGuyxrqVHA (登録締切:2021年2月20日(金)17時)
ポスター: ダウンロードはこちら

運営委員(五十音順)

隠岐さや香(名古屋大学)
鈴木実香子(東京大学・院)
古川萌(東京大学)
吉川弘晃(総合研究大学院大学・院)
歴史家ワークショップ事務局

問い合わせ先: moefurukawa[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp (事務局担当)


Invitation à l’atelier « Ma recherche en 8 minutes »

Historians’ Workshop organise la première édition de Research Showcase en français : Ma recherche en 8 minutes, le 22 février 2021 de 17h à 20h30 (Zoom, visioconférence).

Ce concours permet aux étudiants et étudiantes en histoire au sens large de développer leurs aptitudes en communication. Les communications seront en français et dureront 8 minutes suivies d’une période de 7 minutes de questions de la salle ou des professeurs invités: Prof. Sayaka Oki (Université de Nagoya) et Prof. Shigemi Inaga (Centre international de recherche pour les études japonaises). 

Les présentations de cette première édition recouvrent une grande variété d’époques (XVIe-XXe siècles), régions (France, Suisse, Algérie) et domaines (art, littérature, politique, philosophie, éducation…). Cette diversité questionne la capacité du jeune chercheur à rendre compréhensible sa recherche face à un auditoire non spécialisé sur ses propres thématiques.

Cet atelier se tiendra en ligne (Zoom). Si vous souhaitez y assister, merci de remplir le formulaire suivant avant le vendredi 20 février 2021 : https://forms.gle/ea9uFdTnGuyxrqVHA

Un lien vous sera envoyé par mail avant l’atelier.  

Nous attendons votre participation et des discussions passionnantes.

Comité d’organisation

Sayaka OKI, Université de Nagoya
Mikako SUZUKI, Université de Tokyo
Moe FURUKAWA, Université de Tokyo
Hiroaki YOSHIKAWA, Centre international de recherche pour les études japonaises (Nichibunken) – SOKENDAI

Historians’ Workshop

Contact: moefurukawa[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp

【開催告知】2.18(木)12th Research Showcase

歴史家ワークショップでは、外国語で学問的コミュニケーションを行う機会を提供するために、Research Showcaseを2016年より開催しています。第12回目となる今回は、2月18日にzoomで開催します。東北大学のオリオン・クラウタウ先生(日本宗教史・日本近代思想史)、クリントン・ゴダール先生(日本宗教史・近代科学史)、茂木謙之介先生(日本近代文化史・表象文化論)らと東京大学の山本浩司先生(イギリス近世史・経済史)のご協力の下、様々な分野の専門家からアドバイスをいただける貴重な機会となっております。司会およびコメンテーターはクラウタウ先生とゴダール先生が担当されます。英語での発表スキルの向上、また学際的・国際的交流をめざす全ての歴史研究者の参加をお待ちしております!

※ 通信環境の関係上定員を設けますので、場合によっては参加いただけないことがあります。あしからずご了承ください。

場所: Zoom
時間: 17:00 – 20:30(日本時間)
使用言語:英語
参加申込フォーム:https://forms.gle/GcVfK5zeB4S3PDJt9

運営委員:
Orion Klautau (東北大学)
Clinton Godart  (東北大学)  
茂木謙之介 (東北大学)  
阿部純(東北大学・院)
山本浩司(東京大学)
歴史家ワークショップ事務局

問い合わせ先:事務局担当 hxiaolong[a]g.ecc.u-tokyo.ac.jp

プログラムのダウンロードはこちら

プログラム

17:00-17:10 Opening Remarks

17:10-18:25 Presentations

塚部光貴(Koki Tsukabe)The University of Tokyo
Caprivi’s trade policy and the making of the diplomatic relations in the early 1890s

髙瀬航平(Takase Kohei )The University of Tokyo
Secular but Sacred: Public Education, Christianity, and Freedom of Conscience in Late Nineteenth-Century Japan

エレナ ファッブレッティ(Elena Fabbretti)Tohoku University
Meiji Society Criticism in Nagai Kafū’s 1909 Diary of a Neo-Returnee

シリクルラタナ ポーンパット (Pornpas Siricururatana) The University of Tokyo
Negotiating standards, Improvising resources: Large-scale Construction Projects in Thailand, 1910s-1970s

内川隆文(Takafumi Uchikawa) Tokyo University of Foreign Studies
The Unification of Electric Power Systems in 1930s Japan: The Ministry of Communications and its Policies

18:25-18:40 Break

18:40-19:55 Presentations

李談哲(Tanzhe Li)Tohoku University
Censorship of Motion Pictures under the Allied Occupation of Japan: The Case of Tohoku University

韓相允 (Sang-yun Han) Tohoku University
Reframing Tradition: Hirai Tatsumi and the Occult in Postwar Japan

上村大地(Daichi Kamimura)The University of Tokyo
Jacques Monod and Biologism

奥村華子(Kanako Okumura)Nagoya University
The Study of Coal Mine Representation on Modern Japanese Literature

石川華子(Hanako Ishikawa)Waseda University 
Winston Churchill in the British Media: National and Regional Perspectives during the Second World War

19:55-20:15 Comments

20:15-20:25 Closing Remarks

Tokyo Digital History第1回研究会開催のお知らせ


Tokyo Digital Historyでは、2021年1月よりオンラインで定期的に勉強会を開催します。第1回の詳細は、以下の通りです。少し日程が近くなってしまっており、またお忙しい時期かと思いますが、ご都合の合う方、ぜひお気軽にご参加ください。
議論のアーカイブなどは、Tokyo Digital HistoryのGitHubで公開していきたいと思います。過去に開催した内部の勉強会での議論はこちらからご覧いただけます。https://github.com/tokyodigitalhistory/readings/issues

*Tokyo Digital Historyとは
これまでのTokyo Digital Historyの活動は、こちらのページからご覧いただけます。

*日時
2021年1月29日(金)14時~16時

*開催方式
Zoomによる同時双方向通信

*想定参加者
デジタル時代の歴史学、デジタル技術を取り入れた歴史研究の可能性と課題、といった論点に関心のある方、学部学生・大学院生・若手研究者・中堅シニアの研究者の方まで、幅広くご参加ください。

*参加申込方法
以下のGoogle Formに情報を入力ください。ご連絡先のメールアドレスにZoomのミーティングURLをお送りいたします。
https://forms.gle/jiASzbh3V6RWYF7w7

*内容
今回は、参加者の自己紹介から始めて、Melissa Terras et al., eds., 2013, Defining Digital Humanities: A Reader, Ashgate のうち、Section III: From the Blogosphereから次の3つのエッセイを題材に議論したいと思います。どれも短いエッセイです。
・Lincoln Mullen, ‘Digital Humanities is a Spectrum, or “We’re All Digital Humanists Now”‘
・Stephen Ramsay, ‘On Building’
・Mark Sample, ‘The Digital Humanities is not about Building, it’s about Sharing’
ちなみに、この本は http://ccftp.scu.edu.cn/Download/505594d1-330f-4831-94a1-ec87d218345a.pdf から全文PDFをダウンロードできます。

*お問い合わせ
小風尚樹(Tokyo Digital History代表・千葉大学人文社会科学系教育研究機構助教)|n_kokaze[at]chiba-u.jp

一般向け連続講座「伝記の読み方を考える」第3回開催のご案内

歴史家ワークショップでは、2020年11月から2021年1月にかけて、一般の聴衆向けに連続講座「伝記の読み方を考える」(全3回)を開催します。新型コロナウィルス感染拡大防止のため、イベントはオンラインでおこない、YouTubeで配信します。


ある作家——芸術家、音楽家、小説家、詩人、あらゆるクリエイター——の作品について解釈するときにまずすることは、作品が制作された背景を調べることでしょう。当時の社会事情、浸透していた思想、関連しそうな出来事なども大切ですが、作家が考えていたことを探るため、伝記を読む人も多いはず。しかし、伝記に書いてあることを、そのまま作品解釈の助けにしてよいものなのでしょうか。

また、作家に、あるイメージが付随していることがあります。富や名声に興味を示さず真の芸術を求めて自らと向き合った作家、生涯にわたって頻繁に浮名を流した愛多き作家、生前は理解者に恵まれなかったけれど、没後に大きな名声を手にした作家……。そうしたお決まりのイメージの形成に、伝記はどのような役割を果たしてきたのでしょうか。

こうした疑問を発端として、このたび歴史家ワークショップでは、現代日本でも有名な作家を3名取り上げ、それぞれの作家について研究してきた専門家に彼らの伝記について語っていただく連続講座を企画しました。去る11月14日に開催した第1弾では音楽家ベートーヴェンを、12月19日に開催した第2弾では絵師円山応挙を取り上げました(動画のアーカイブをリンクしています)。

最終回となる第3弾では、アメリカの作家アーネスト・ヘミングウェイを取り上げ、作家自身がつくるイメージに焦点をあてます。ヘミングウェイの文学作品には自伝的要素が多く見られますが、作家がどのように自身の姿を作中に登場させているかは、書かれた作品の時期によって大きく異なっています。また死後出版作品に関しては、作家が独自の方法で作中に塗り込めた自身の姿や声を「編纂」という名の下で変えてしまった編集者の存在も無視できません。

今回は、そうした文学作品のなかの作家自身の姿について、文京学院大学のフェアバンクス香織さんにお話しいただきます。フェアバンクスさんは、著書『ヘミングウェイの遺作——自伝への希求と〈編纂された〉テクスト』のなかで、ヘミングウェイの未発表作の手稿研究を通して、作家自身が追い求めた「ヘミングウェイ」像に迫っています。司会を務めるのは、前2回と同じく古川萌です。

イベント詳細

開催日時2021年1月23日(土)17:00-19:00
17:00-17:30 司会による趣旨説明
17:30-18:30 フェアバンクスさんご講演
18:30-19:00 Q&A
配信方法東京大学人文情報学(UTDH)のYouTubeチャンネルにて配信
(後からの視聴も可能)
参加費無料
参加登録不要

講師プロフィール

フェアバンクス香織
文京学院大学外国語学部准教授。早稲田大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。学術博士。専門はアメリカ文学、ヘミングウェイ研究。著書に『ヘミングウェイの遺作——自伝への希求と〈編纂された〉テクスト』(勉誠出版、2015年)。John F. Kennedy Library の Visiting Researcher としてヘミングウェイの草稿調査に従事している。

企画・司会プロフィール

古川萌
東京大学経済学研究科特任研究員。ルネサンスの美術家たちの伝記『美術家列伝』と、その著者ヴァザーリについて研究。著書に『ジョルジョ・ヴァザーリと美術家の顕彰——16世紀後半フィレンツェにおける記憶のパトロネージ』(中央公論新社、2019年)。また壺屋めり名義で『ルネサンスの世渡り術』(芸術新聞社、2018年)。

【参加者募集】Front Runner Series: 英語論文執筆セミナー Vol. 6(1/28 17:00-18:30)

歴史家ワークショップでは、1月28日(木)17:00~18:30(日本時間)に、「Front Runner Series: 英語論文執筆セミナー Vol. 6」と題したオンライン・セミナーを開催いたします。また同日18:30~19:30には、任意参加の懇親会を予定しております。

このセミナーでは、ノンネイティブの若手研究者が直面する「英語論文執筆における壁」を認識し乗り越えることを目指し、英語論文の執筆術から異なるフォーマットの学術アウトプット(博士論文・単著・編著の一章分担当など)の書き分け方・書き換え方といった応用技術まで、歴史分野で活躍するノンネイティブの若手研究者の体験談を交えながら、理解を深め、実践のための知恵を蓄積することを目的とします。

今回は、東京大学東洋文化研究所特任研究員の神田惟さんをお招きし、大津谷馨(リエージュ大学・博士課程)がファシリテーションを担当します。英語での論文執筆・投稿における目標や工夫・苦労、イギリスでの留学を含む海外での研究生活の経験と修士論文・博士論文の執筆、これまでのアカデミック・キャリアの歩みなどについて、ざっくばらんにお話いただきます。

ご関心のある方は、ぜひお気軽にご参加ください。

開催概要

対象|主に歴史学系の院生・研究者
費用|無料
場所|オンライン開催(Zoom使用)
日時|1月28日(木)17:00~18:30:セミナー/18:30~19:30:懇親会(任意参加)

スピーカー・プロフィール

神田惟リサーチマップ
東京大学東洋文化研究所特任研究員。2015年、オックスフォード大学東洋学研究科哲学修士課程イスラーム美術・考古学コース修了、2018年、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期退学。2020年11月に同研究科に博士論文を提出。日本学術振興会特別研究員(DC1)、米ハーバード大学アガ・カーン・プログラム訪問院生研究員を経て現職。研究関心は、①中世エジプトにおける窯業史、②近世イランにおける工芸・詩芸・死者追悼・聖者崇敬の関わり、③近代日本におけるイスラーム美術工芸品の受容史。
主な論文に、“Kashan Revisited: A Luster-Painted Ceramic Tombstone Inscribed with a Chronogram Poem by Muhtasham Kashani,” Muqarnas 34, no. 1 (2017): 273-86 など。第39回日本オリエント学会奨励賞(2017年度)、第27回鹿島美術財団賞(2020年度)を受賞。

参加登録

参加をご希望の方は、こちらのフォームよりご登録をお願いいたします。

【開催告知】日本史史料英訳ワークショップ第四回「近代史料の回」

開催趣旨

日本史史料英訳ワークショップ「近代史料の回」を1月9日(土)に開催します。

第四回となる今回は、明治維新後の日本社会が経た変化を映し出す近代史料に注目します。今回の焦点は「公私」と「風流」という2つの語句です。「公私」については福澤諭吉『文明論之概略』の一部を、「風流」については茶の湯をめぐる当時の新聞記事を用い、それらの語句に込められた意味をどう解釈し、どう英訳できるのかを考えていきます。講師として、日本近代史を専門とするアミン・ガデミ氏(宇都宮大学)をお招きします。史料の選定やコメントは、池田真歩氏(北海学園大学)と押切貴氏(西インド諸島大学モナ校)が担当します。

開催概要
対象|歴史学、文学、言語学、翻訳学分野を中心とする研究者
費用|無料
使用言語|日本語
場所|オンライン開催(Zoom使用 要参加登録
日時|2021年1月9日(土)10:00~12:00(日本時間)

検討史料
・福澤諭吉『文明論之概略』(1875年)第10章「自国の独立を論ず」
・「風流な芸妓」(『読売新聞』1884年10月22日)、「紀念(かたみ)の釣りだな:老翁の風流」(同1902年11月30日)

講師
アミン・ガデミ(宇都宮大学)

史料担当
池田真歩(北海学園大学)
押切貴(西インド諸島大学モナ校)

司会
黄霄龍(東京大学)

参加申込はこちら https://forms.gle/rfBmaVmHXdWQxGvL8 から。締め切りは1月7日(木)正午12時。参加者には7日の夕方頃に史料の訓読・現代語訳・英訳を配り、zoomのリンクを案内いたします。

問い合わせ先:黄霄龍 hxiaolong[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp

一般向け連続講座「伝記の読み方を考える」第2回開催のご案内

歴史家ワークショップでは、11月から来年1月にかけて、一般の聴衆向けに連続講座「伝記の読み方を考える」(全3回)を開催します。新型コロナウィルス感染拡大防止のため、イベントはオンラインでおこない、YouTubeで配信します。


ある作家——芸術家、音楽家、小説家、詩人、あらゆるクリエイター——の作品について解釈するときにまずすることの一つは、作品が制作された背景を調べることでしょう。当時の社会事情、浸透していた思想、関連しそうな出来事なども大切ですが、作家が考えていたことを探るため、伝記を読む人も多いはず。しかし、伝記に書いてあることを、そのまま作品解釈の助けにしてよいものなのでしょうか。

また、作家に、あるイメージが付随していることがあります。富や名声に興味を示さず真の芸術を求めて自らと向き合った作家、生涯にわたって頻繁に浮名を流した愛多き作家、生前は理解者に恵まれなかったけれど、没後に大きな名声を手にした作家……。そうしたお決まりのイメージの形成に、伝記はどのような役割を果たしてきたのでしょうか。

こうした疑問を発端として、このたび歴史家ワークショップでは、現代日本でも有名な作家を3名取り上げ、それぞれの作家について研究してきた専門家に彼らの伝記について語っていただく連続講座を企画しました。去る11月14日に開催した第1弾では、音楽家ベートーヴェンを取り上げました(アーカイブはこちら)。

第2弾では、江戸時代の絵師円山応挙を取り上げます。円山四条派の祖として名高い応挙の画業は、同時代の読本作者である上田秋成が書き残しているように、しばしば「写生」と結び付けられます。応挙が自然観察を重視していたことは、もちろん残された作品から跡付けることもできますが、彼について伝えられた逸話の数々もまた「写生の絵師応挙」というイメージ形成に重要な役割を担っていました。

今回は、そうした応挙の伝記における逸話の機能について、京都国立博物館の水谷亜希さんにお話しいただきます。また、司会を務める古川萌が西洋の芸術家伝の例を提示することにより、洋の東西のちがいも浮き彫りとなるでしょう。

イベント詳細

開催日時2020年12月19日(土)17:00-19:00
17:00-17:30 司会による趣旨説明
17:30-18:30 水谷さんご講演
18:30-19:00 Q&A
配信方法東京大学人文情報学(UTDH)のYouTubeチャンネルにて配信
(後からの視聴も可能)
参加費無料
参加登録不要

講師プロフィール

水谷亜希
京都国立博物館主任研究員(教育普及)。博物館で教育プログラムの実践やボランティアの育成などを行う傍ら、円山応挙を中心とした近世京都の絵師について研究。特集展示「京博すいぞくかん―どんなおさかないるのかな?」(2017年)、「謎とき美術!最初の一歩」(2018年)企画担当。主な論文に「円山応挙筆 龍門図」(『國華』第1399号、國華社、2012年)。

企画・司会プロフィール

古川萌
東京大学経済学研究科特任研究員。ルネサンスの美術家たちの伝記『美術家列伝』と、その著者ヴァザーリについて研究。著書に『ジョルジョ・ヴァザーリと美術家の顕彰——16世紀後半フィレンツェにおける記憶のパトロネージ』(中央公論新社、2019年)。また壺屋めり名義で『ルネサンスの世渡り術』(芸術新聞社、2018年)。


連続講座「伝記の読み方を考える」第3弾は1月23日(土)に開催し、アーネスト・ヘミングウェイを取り上げる予定です。こうご期待!

【参加者募集】オンラインミートアップシリーズ Coffee Time Series 第3回「アカデミア外の仕事と研究」12/11 (金) 17:00-

12月11日(金)日本時間17時から、歴史家ワークショップ主催のオンラインミートアップシリーズ ‘Coffee Time Series’ の第3回を開催します。本シリーズでは、気軽に研究の楽しさや研究にまつわる悩みを共有し助け合える場を作ろうと、国内外の博士課程に在籍する5人の大学院生が中心となって運営を行なっています。一連のイベントを通じて、孤独に研究する大学院生・研究者が分野を横断して集まることができ、またアカデミアの外にいる方々とも人間的なつながりを構築することができればと願っています。

第3回となる今回は、「アカデミア外の仕事と研究」をテーマに、赤﨑眞耶(ポール・ヴァレリー(モンペリエ第三)大学)がファシリテーションを担当し、Google 社に勤務されている中村優子さんをゲストにお招きします。中村さんには、博士論文執筆中から一般企業でお仕事をされていた経験にもとづいて、研究と仕事との両立や、就職までの道のり、大学での研究と現在のお仕事との関係、アカデミア外で活動して得た気付きなどについてお話しいただきます。特に人文学や社会科学を学んだ博士号取得者が、研究活動で得た能力(企画立案能力、情報を適切に取捨選択する能力、批判的に物事を検証する能力など)を活かす形で多様なキャリアパスを描けるように、中村さんのご経験や現在のご活動から前向きなヒントを得られる場にしたいと考えています。

当日はフロアの皆さんからの意見や質問も交えてのトークを予定しています。週末の夕方、コーヒーやお酒を片手におしゃべりに参加してみませんか?

参加を希望される方には後日 Zoom でのリンクをお送りしますので、12月9日(水)日本時間20時までに、下記の Google Form から参加登録をお願いします。

開催概要

日時|12月11日(金)17:00-18:00(トークとディスカッション)/ 18:00-19:00(都合のつく方で懇親会)(いずれも日本時間)
場所|オンライン開催(Zoom使用)
費用|無料

※イベント(トークとディスカッション)は1時間で終了しますが、その後、都合のつく方で1時間程度の懇親会を予定しています。懇親会は、Zoom のブレイクアウトルーム機能を使った少人数によるフリートークを予定しています。途中退出していただいてもかまいません。

参加登録

こちらからお願いいたします。

参加登録締切:12月9日(水)日本時間20時まで

ゲストスピーカープロフィール

中村優子(なかむら・ゆうこ)
Google 社の User Experience Researcher として、Google マップに関するプロダクトリサーチに従事。建築設計事務所、スタートアップ、デザイン会社での勤務及びフリーランスを経て現職。東京大学教養学部文科Ⅲ類から工学部都市工学科都市計画コースに進学し、学士(工学)。その後、米英に留学経験あり:PhD in Architecture(University of Wisconsin-Milwaukee、フルブライト奨学生)、MArch in Urban Design(Bartlett School of Architecture, University College London)。博士論文のテーマは近代(戦前)東京における女性の移動・公共空間利用行動。これまで PhD 取得後の non-academic キャリアについて、個別にメンタリングを行ってきた。2020年12月から、Humanities Without Walls にて Alumni Advisory Board Member を務める。

LinkedIn:https://www.linkedin.com/in/nakamurayuko/