【International Conference】Health, Body, and the Profit Motive: Medicine as a Business in History – Call for Papers

A free online conference organised by the Historians’ Workshop, the Political Economy Tokyo Seminar (PoETS), and the University of Tokyo Graduate School of Economics, to be held live via Zoom

Friday 19 – Saturday 20 November 2021, 5-9pm (JST)

This international conference explores medicine’s co-dependent relationship with business and capitalism. Commentators past and present have viewed medicine as a ‘public good’ that risks becoming inefficient or undersupplied when exposed too much to market competition. However, across different historical and regional contexts, forces of self-interest and the profit motive have consistently shaped matters pertaining to our health and body, often to a surprising degree. In a recent discussion piece in the Bulletin of the History of Medicine (2020), Christy Ford Chapin points to intersections where both medical historians as well as economic and business historians have, often unknowingly, made huge strides in one another’s research themes. This two-day event aims to identify these intersections and interrogate what they mean to our understanding of medical knowledge and practice. 

We welcome a variety of papers that may deal with, but are not necessarily restricted to, the following themes:

  • Medicine and health as a business: private health care and insurance, pharmaceuticals, health and fitness products, the wellness industry
  • The public-private dynamic in health care systems
  • Industry funding of medical research and their epistemological impacts
  • Discourses on health and the body in marketing and advertising
  • Profit-driven disease risks and health hazards
  • Attitudes towards capitalist systems and practices among medical professionals
  • History of health economics
  • Capitalist medical practices in non-capitalist economies and societies

Proposals for individual papers of 20 minutes or panels of up to 90 minutes are invited relating to the theme of this conference. Abstracts of ~300 words and a CV for individual speakers, or panel blurbs of ~400 words and individual abstracts & CVs for each speaker, should be sent to Ryosuke Yokoe at medicine.as.business.2021@gmail.com by 17 September 2021.

The Historians’ Workshop is proud to host this English-language symposium at the University of Tokyo Graduate School of Economics. We aim to create an open space for scholars from across the world to share research that is both completed and work-in-progress and to establish new networks between historical researchers in Japan and abroad.

Plenary SpeakerProfessor Pierre-Yves Donzé
Professor of Business History, Graduate School of Economics, Osaka University
Author of Making Medicine a Business: X-ray Technology, Global Competition, and the Transformation of the Japanese Medical System, 1895-1945

Guest CommentatorProfessor Daiji Kawaguchi
Professor of Economics, Graduate School of Economics, University of Tokyo

Dates: Friday 19 – Saturday 20 November, 5-9pm (JST)
Deadline for Abstracts: 17 September 2021, medicine.as.business.2021@gmail.com
Expected number of speakers: 11
Location: Online (Zoom)
Language: English
Participation: Free

If you have any questions, please message Ryosuke Yokoe at medicine.as.business.2021@gmail.com

Featured Image – Jos van Brée (1860), ‘interior of a pharmacy, with four figures’, oil painting, Wellcome Collection

【報告者募集】第1回フランス語リサーチ・ショウケース : Ma recherche en 8 minutes 開催のご案内

Version française ci-après

歴史家ワークショップでは、若手研究者が、自分の研究を外国語で発信する機会を提供すべく、Research Showcase を開催しています。発表・質疑応答をすべて外国語で行う本企画は、2016年の第1回開催以降、英語では既に11回の開催実績があり、発表者・参加者の双方に、外国語での学問的コミュニケーションの場を提供してきました(なお2021年2月18日に第12回の英語での開催を予定しています)。

今回は初の試みとして、フランス語でのリサーチ・ショウケース : Ma recherche en 8 minutes を開催します。司会およびコメンテーターに隠岐さや香先生(名古屋大学/科学史)、ゲストコメンテーターに稲賀繁美先生(国際日本文化研究センター/比較文学比較文化・文化交流史)をお招きします。フランス語での発表スキルの向上をめざす広義の若手研究者を対象に、歴史・文化史・科学史・思想史・美術史・社会経済史・歴史地理・文学等のあらゆる歴史分野から、広く発表者を募ります。発表者の選考に当たっては、フランス語での発表経験の少ない方を優先し、所属・学年・専門領域・ジェンダーバランスを考慮します。様々な専門分野の研究者から、自分の研究に対するフィードバックが得られる貴重な機会です。ぜひご応募ください!

※過去のリサーチ・ショーケース(英語)はこちら:Research Showcase

*******************************************************************************
日   時 : 2021年2月22日(月) 
会   場 : オンライン(Zoom) 
司会・コメンテーター:    隠岐さや香(名古屋大学)
コメンテーター: 稲賀繁美(国際日本文化研究センター)
フォーマット: 一人あたり、発表8分+質疑応答7分
使用言語  : フランス語
応募条件  : 学部4年生以上の広義の歴史研究者
募集人数  : 8名程度
参加費   : 無料
応募方法  : 発表希望者は、2020年12月18日(金)17時までに以下の応募フォームに記入し、送信してください
URL    : https://forms.gle/B44XjyfyAxfDn9jt9 
ポスター  : ダウンロードはこちら********************************************************************************

リサーチ・ショーケースの特長

1)発表原稿への事前のフィードバック
発表者は、開催日の2週間前に発表原稿を提出することで、ワークショップメンバーから事前にライティングや構成についてフィードバックを受けることができます。このため、ライティングスキルが向上し、発表にも自信をもって臨むことができます。当日は、参加者とコメンテーターからフィードバックも得られるでしょう。

2)優れた発表にプライズを授与
博士号未取得の発表者の中から、最も説得力のある発表をした方にプライズを授与します。フランス語の流暢さではなく、研究内容がどれだけスムーズかつ力強く伝わるかを基準とします。

運営委員(五十音順)

隠岐さや香(名古屋大学)  
鈴木実香子(東京大学・院)        
古川萌(東京大学)
吉川弘晃(総合研究大学院大学・院)
歴史家ワークショップ事務局  
問い合わせ先:moefurukawa[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp (事務局担当)

Appel à participation au concours : Ma recherche en 8 minutes

Historians’ Workshop organise la première édition de Research Showcase en français : Ma recherche en 8 minutes, le 22 février 2021 (Zoom, visioconférence).  

Ce concours permet aux étudiants et étudiantes en histoire au sens large de développer leurs aptitudes en communication. Les communications seront en français et dureront 8 minutes suivies d’une période de 7 minutes de questions de la salle ou des professeurs invités: Prof. Sayaka Oki (Université de Nagoya) et Prof. Shigemi Inaga (Centre international de recherche pour les études japonaises). Chaque étudiant ou étudiante doit faire un exposé clair, concis et convaincant sur son projet de recherche. Pour participer à cet événement, vous devez envoyer une proposition d’environ 150 mots, avant le 18 décembre 2020 à 17 heures (heure de Tokyo) à l’aide du formulaire d’inscription suivant : https://forms.gle/B44XjyfyAxfDn9jt9

Nous encourageons les propositions d’étudiants et étudiantes en histoire au sens large de tous les niveaux, à partir de la quatrième année de licence jusqu’au doctorat.

Calendrier :

  •  18 décembre 2020 : date limite d’envoi des propositions
  •  25 décembre 2020 : décision du comité
  •  22 février 2021 : concours

Le comité d’organisation :

Sayaka OKI, Université de Nagoya
Mikako SUZUKI, Université de Tokyo
Moe FURUKAWA, Université de Tokyo
Hiroaki YOSHIKAWA, Centre international de recherche pour les études japonaises (Nichibunken) – SOKENDAI
Historians’ Workshop
Contact : moefurukawa[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp 

【報告申込締切延長】12th Research Showcase

来年2月18日開催予定の12th Research Showcaseは、申込締め切りを12月25日(金)まで延長します。

応募方式変更なし。https://forms.gle/WGsdrWM8BUJhZii96

ーーーーーー

第12回リサーチ・ショーケース開催のご案内 

歴史家ワークショップでは、外国語(特に英語)で学問的コミュニケーションを行う機会を提供するために、Research Showcaseを2016年より開催しています。発表・質疑応答をすべて外国語で行うことで、発表者・参加者の双方が外国語での学問的コミュニケーション実践の場をつくっています。

第12回となる今回は、当初予定の東北初の現地開催からオンライン開催に切り替えての実施となります。東北大学のOrion Klautau先生(日本宗教史・日本近代思想史)、Clinton Godart先生(日本宗教史・近代科学史)、茂木謙之介先生(日本近代文化史・表象文化論)らと東京大学の山本浩司先生(イギリス近世史・経済史)のご協力の下、様々な分野の専門家からアドバイスをいただける貴重な機会となっております。英語での発表スキルの向上をめざす全ての歴史研究者に開かれた会にしたいと考えています。日本史・東洋史・西洋史・宗教史・思想史・社会経済史・文化史・歴史地理等のあらゆる分野から、広く発表者を募ります。2021年2月22日に仏語版ショーケースを初開催予定ですが、本企画が今年度最後の英語版開催となります。奮ってご応募ください。

※ 過去のリサーチ・ショーケースについては、以下のサイトをご覧ください

Research Showcase

*******************************************************************************

日   時 : 2021年2月18日(木) 

会   場 : オンライン

司会・コメンテーター:  Orion Klautau (東北大学)

コメンテーター:  Clinton Godart(東北大学)

フォーマット: 一人あたり、発表8分+質疑応答7分

使用言語  : 英語

応募条件  : 大学院生からポスドクまでの歴史研究者

募集人数  : 8名程度

参加費   : 無料

応募方法  : 発表希望者は、2020年12月18日(金)25日(金)17時までに以下の応募フォームに記入し、送信してください

URL    :  https://forms.gle/WGsdrWM8BUJhZii96

ポスター  : ダウンロードはこちら********************************************************************************

【リサーチ・ショーケースで発表するメリット】

1)発表原稿への事前のフィードバック

発表者は、開催日の2週間前に発表原稿を提出することで、ワークショップメンバーから事前にライティングや構成についてフィードバックを受けることができます。フィードバックを踏まえて改稿することで、ライティングスキルが向上し、発表にも自信をもって臨むことができます。当日は、参加者とオーガナイザーからもフィードバックを得られるでしょう。

2)優秀な発表にはプライズを授与

博士号未取得の発表者の中から、最もクリアで説得力のある発表をした方に「Research Showcase Prize」が授与されます。英語の流暢さ (fluency) ではなく、内容がどれだけスムーズかつ力強く伝わるか (clarity and persuasiveness) を基準とします。

運営委員:

Orion Klautau (東北大学)  

Clinton Godart  (東北大学)        

茂木謙之介 (東北大学)       

阿部純(東北大学・院)   

山本浩司(東京大学)

歴史家ワークショップ事務局  

問い合わせ先:hxiaolong[a]g.ecc.u-tokyo.ac.jp (事務局担当)

【締切12/6】2020年1月12日 若手・中堅のための英語論文ワークショップ発表者募集(政治経済史・経営史・社会経済史)

「若手・中堅のための英語論文ワークショップ」開催のお知らせ

Patrick Wallis 氏 (London School of Economics)をゲストにお迎えし、政治経済学・経済史学会・経営史学会・社会経済史学会との共催で、「若手・中堅のための英語論文ワークショップ」を開催することになりました。国際誌のエディターであり、未刊行史料に基づいた質的分析と計量的分析の両者に長じた Wallis 氏から実践的アドバイスを頂くことのできる貴重な機会となります。下記の要 領で報告者を募集しますので、奮ってご応募ください。

【日 時】 2020 年 1 月 12 日(日) 13 時 00 分~17 時 00 分
(報告者数により若干前後します)

【場 所】 東京大学本郷キャンパス 小島ホール 2F 第 3 セミナー室

【ゲスト】 Professor Patrick Wallis(London School of Economics, managing editor of Economic History Review

【募集対象】 経済史・経営史を専攻する若手・中堅研究者

【応募方法】 政治経済学・経済史学会ホームページ(http://seikeisi.ssoj.info/)より、 応募用紙をダウンロードの上、必要事項と報告要旨(300 単語以内の英文)を記入し、12 月 6 日(金)17 時までにメールの添付ファイルで歴史家ワークショップ 事務局(rekishika.workshop[at]gmail.com)宛にお送り下さい。なお、採否の結果は、下記の合同準備委員会の審査を経て、12 月旬までに連絡いたします。

【備考】
(1)報告は1本 20-30 分、講評と討論を 20 分で行う予定です。使用言語は英語です。 ※討論時間等は報告者数によって変動します。
(2)報告者は、共催学会の会員および歴史家ワークショップのイベント参加経験者が優先 されます。大学院生・若手・中堅の応募を歓迎します。(年齢は関係ありません)
(3)採用された方は、2020 年 1 月 5 日までに 4000-10000words のドラフトを歴史家ワークショップ事務局へ提出してください。
(4)歴史家ワークショップでは、校閲ワークショップも開催しています。詳細は下記 URL をご覧ください。https://historiansworkshop.org/category/other-event/revising-your-drafts/
(5)首都圏以外の地域にお住まいの大学院生・PD・非常勤限定で、トラベルグラント (実費ベースで最大 3 万円まで)を支給します(若干名)。

【運営委員】
大塩量平(大東文化大学経済学部)
小島庸平(東京大学大学院経済学研究科)
山本浩司(東京大学大学院経済学研究科)

【発表者募集】2020年2月18日 第10回リサーチショーケース

Historians’ Workshopでは、外国語で学問的コミュニケーションを行う機会を提供するため、リサーチ・ショーケースを開催してきました。発表・質疑応答をすべて外国語で行うことで、発表者・参加者の双方が外国語での学問的コミュニケーション実践の場をつくっています。第10回となる今回は、はじめて名古屋で開催することになりました!ゲスト・コメンテーターは法政大学のジュリア・ヨング先生です!

今回は使用言語を英語に限定します。英語での発表スキルの向上をめざす全ての歴史研究者に開かれた会にしたいと考えています。日本史・東洋史・西洋史・思想史・社会経済史・国際関係・歴史地理等のあらゆる分野から、広く発表者を募ります。※ 過去のリサーチ・ショーケースについては、以下のサイトをご覧ください
https://historiansworkshop.org/category/research-showcase/

************************************************************************
日   時 : 2020年2月18日(火) 15:30~19:00(予定)
会   場 : 名古屋大学(詳細は追ってご案内いたします)
フォーマット: 一人あたり、発表8分+質疑応答7分
使用言語  : 英語
応募条件  : 学部4年生以上の歴史研究者
募集人数  : 6~8名
参加費   : 無料
応募方法  : 発表希望者は、2019年12月19(木)17時までに以下のサイトにある応募フォームに記入し、送信してください
URL    :  https://forms.gle/EG5BrLscXv9Bhv8M9
ポスター  : ダウンロードはこちら
************************************************************************

【リサーチ・ショーケースで発表するメリット】

1)発表原稿への事前のフィードバック
発表者は、開催日の2週間前に発表原稿を提出することで、ワークショップメンバーから事前にライティングや構成についてフィードバックを受けることができます。このため、ライティングスキルが向上し、発表にも自信をもって臨むことができます。当日は、ゲスト・コメンテーターのヨング先生(法政大学)からのフィードバックも得られます。

2)優秀な発表にはプライズを授与
博士号未取得の発表者の中から、最もクリアで説得力のある発表をした方に「Research Showcase Prize」が授与されます。英語の流暢さ (fluency) ではなく、内容がいかにスムーズかつ力強く伝わるか (clarity and persuasiveness) を基準とします。

3)遠方からの発表者にはトラベルグラントを授与
愛知県外からの参加を支援すべく、発表者の若干名には「トラベルグラント」として、交通費・宿泊費を最大3万円まで補助します。

【これまでの参加者からの感想】

・学術報告において、語学の壁を必要以上に感じない方が良い。たしかに自身を振り返れば、当日は他の報告者の語学力に圧倒され、質疑応答も満足にできたとは言い難い。逆にいえば、その程度の語学力でも、しっかりと準備すれば、報告を完遂できる。(9th RS参加者より)

・最も楽しめたのは、添削者とのやり取りと当日の質疑応答だったように思う。自分一人では上手く表現出来なかったことを、添削者の方に相談することによって、シャープな英文へと昇華出来た瞬間は、納得感と達成感とで興奮した。(8th RS 参加者より)

連絡先
・Nathan Hopson (名古屋大学) nathan.hopson[at]nagoya-u.jp
・黄 霄龍       (東京大学) hxiaolong[at]e.u-tokyo.ac.jp
・山本浩司  (東京大学)        kyamamoto[at]e.u-tokyo.ac.jp

2019年10月11日第9回Research Showcase発表者募集のお知らせ

Historians’ Workshopでは、外国語で学問的コミュニケーションを行う機会を提供するため、リサーチ・ショーケースを開催してきました。発表・質疑応答をすべて外国語で行うことで、発表者・参加者の双方が外国語での学問的コミュニケーション実践の場をつくっています。

第9回となる今回は、京都大学にて使用言語を英語に限定して開催します。英語での発表スキルの向上をめざす全ての歴史研究者に開かれた会にしたいと考えています。日本史・東洋史・西洋史・思想史・社会経済史・国際関係・歴史地理等のあらゆる分野から、広く発表者を募ります。

※ 過去のリサーチ・ショーケースについては、以下のサイトをご覧ください
https://historiansworkshop.org/category/research-showcase/

************************************************************************
日   時 : 2019年10月11日(金) 16:30~19:30
会   場 : 京都大学吉田キャンパス 文学部大会議室(B1階)  フォーマット: 一人あたり、発表8分+質疑応答7分
使用言語  : 英語
応募条件  : 学部4年生以上の歴史研究者
募集人数  : 6名
(今回発表のチャンスを得られなかった場合、次回以降優先的に発表の機会が与えられます)
参加費   : 無料
応募方法  : 発表希望者は、2019年8月23(金)17時までに以下のサイトにある応募フォームに記入し、送信してください
URL    :  https://forms.gle/EG5BrLscXv9Bhv8M9
ポスター  : ダウンロードはこちら

************************************************************************

【リサーチ・ショーケースで発表するメリット】

1)発表原稿への事前のフィードバック
発表者は、開催日の2週間前に発表原稿を提出することで、ワークショップメンバーから事前にライティングや構成についてフィードバックを受けることができます。このため、ライティングスキルが向上し、発表にも自信をもって臨むことができます。当日は、参加者からフィードバックも得られます。 Continue reading “2019年10月11日第9回Research Showcase発表者募集のお知らせ”

2019年8月1日第8回Research Showcase発表者募集のお知らせ

Historians’ Workshopでは、外国語で学問的コミュニケーションを行う機会を提供するため、リサーチ・ショーケースを開催してきました。発表・質疑応答をすべて外国語で行うことで、発表者・参加者の双方が外国語での学問的コミュニケーション実践の場をつくっています。

第8回となる今回は、東京大学にて使用言語を英語に限定して開催します。英語での発表スキルの向上をめざす全ての歴史研究者に開かれた会にしたいと考えています。日本史・東洋史・西洋史・思想史・社会経済史・国際関係・歴史地理等のあらゆる分野から、広く発表者を募ります。

※ 過去のリサーチ・ショーケースについては、以下のサイトをご覧ください
https://historiansworkshop.org/category/research-showcase/
(10/11に京都で開催する第9回の詳細はこちら)

************************************************************************
日   時 : 2019年8月1日(木) 17:30~21:00
会   場 : 東京大学本郷キャンパス小島ホール2F 第3セミナー室
フォーマット: 一人あたり、発表8分+質疑応答7分
使用言語  : 英語
応募条件  : 学部4年生以上の歴史研究者
募集人数  : 6名
(今回発表のチャンスを得られなかった場合、次回以降優先的に発表の機会が与えられます)
参加費   : 無料
応募方法  : 発表希望者は、2019年6月14(金)17時までに以下のサイトにある応募フォームに記入し、送信してください
URL    :  https://forms.gle/KWKc84XawLqeFWNy9
ポスター  : ダウンロードはこちら

************************************************************************

【リサーチ・ショーケースで発表するメリット】

1)発表原稿への事前のフィードバック
発表者は、開催日の2週間前に発表原稿を提出することで、ワークショップメンバーから事前にライティングや構成についてフィードバックを受けることができます。このため、ライティングスキルが向上し、発表にも自信をもって臨むことができます。当日は、参加者からフィードバックも得られます。 Continue reading “2019年8月1日第8回Research Showcase発表者募集のお知らせ”

2019年2月14日(木)Research Showcase in Osaka 発表者募集のお知らせ

第7回リサーチ・ショーケース開催のご案内

Historians’ Workshopでは、外国語で学問的コミュニケーションを行う機会を提供するため、リサーチ・ショーケースを開催してきました。発表・質疑応答をすべて外国語で行うことで、発表者・参加者の双方が外国語での学問的コミュニケーション実践の場をつくっています。

第7回となる今回は、西日本での開催の要望をふまえ、大阪大学にて使用言語を英語に限定して開催します。英語での発表スキルの向上をめざす全ての歴史研究者に開かれた会にしたいと考えています。日本史・東洋史・西洋史・思想史・社会経済史・国際関係・歴史地理等のあらゆる分野から、広く発表者を募ります。

※ 過去のリサーチ・ショーケースについては、以下のサイトをご覧ください
https://historiansworkshop.org/category/research-showcase/
********************************************************************************
日   時 : 2019年2月14日(木) 17:30~20:00
会   場 : 大阪大学豊中キャンパス法経研究棟605号室
フォーマット: 一人あたり、発表8分+質疑応答7分
使用言語  : 英語
応募条件  : 学部4年生以上の歴史研究者
募集人数  : 6名
(今回発表のチャンスを得られなかった場合、次回以降優先的に発表の機会が与えられます)
参加費   : 無料
応募方法  : 発表希望者は、2018年12月14(金)17時までに以下のサイトにある応募フォームに記入し、送信してください
URL    : https://goo.gl/oHyzvS
ポスター  : ダウンロードはこちら
********************************************************************************
Continue reading “2019年2月14日(木)Research Showcase in Osaka 発表者募集のお知らせ”

Early Career Conference (11 September 2018): Call for Paper/発表者募集のお知らせ

Historians’ Workshopではリサーチ・ショーケースの発展版イベントとして、若手研究者の研究報告会Early Career Conferenceを開催します。以下の通り発表者を募集しますので、奮ってご応募ください。


Historians’ Workshop invites paper submissions for the newly launched Early Career Conference to be held on 11 September 2018, at the University of Tokyo (Hongo campus), Japan.

Graduate conferences are often run by universities and subject-specific associations. Our aim is to complement these by opening ourselves up to all sub-fields in order to accelerate communication among fellow scholars across the entire historical discipline. We therefore invite original papers on any historical subject: political history, economic history, art history, history of ideas, gender history, etc. Any themes will be welcome! Submissions are due 11 August 2018.

While the conference provides an opportunity to polish your ideas and arguments, it is also intended as an occasion to reflect upon more technical aspects of academic presentation: it is not just about what to talk but also how to present. Speakers are warmly invited to attend an optional rehearsal session, held earlier on the day, to specifically discuss how to improve their presentations. They will also have a chance to take part as a session chair facilitating other speakers’ presentations. Early career researchers, seize this rare opportunity to prepare yourself for larger international conferences in the future!

Details

Abstract submission due: 11 August 2018

Eligibility: Postgraduates and anyone within 8 years of finishing a doctoral degree

Venue: Seminar Room 1, Kojima Hall, the University of Tokyo (Hongo campus)

Date: 11 September 2018, 13:30-18:00

Format: presentation (20 minutes) + Q&A session (20 minutes)

Registration Fee: Free

Language: English

*The Conference will offer travel grants to a limited number of speakers.

Application Process

Those wishing to present at the conference are invited to provide:

(1) Email address

(2) Your name(s)

(3) Title of your paper

(4) Abstract (200-250 words, in English)

(5) Institutional affiliation

(6) Past experience of English presentations in conference

in the following form: https://goo.gl/forms/INAPw4H3F7onx8WM2

The result of abstract reviews will be given on 13 August 2018.

This event is organised by Takao TERUI (icprterui@gmail.com) and Tomohiro KAIBARA (tomohiro.kaibara@gmail.com), both students at the Graduate School of Arts and Sciences, the University of Tokyo. Should you have any queries, please contact us.

2018年7月27日(金)Research Showcase in Tokyo 発表者募集のお知らせ

第6回リサーチ・ショーケース開催のご案内

Historians’ Workshopでは、外国語で学問的コミュニケーションを行う機会を提供するため、リサーチ・ショーケースを開催してきました。発表・質疑応答をすべて外国語で行うことで、発表者・参加者の双方が外国語での学問的コミュニケーション実践の場をつくっています。

第6回となる今回は、講評者として太田淳先生(慶應大学)を招き、今回は使用言語を英語に限定して開催します。英語での発表スキルの向上をめざす全ての歴史研究者に開かれた会にしたいと考えています。日本史・東洋史・西洋史・思想史・社会経済史・国際関係・歴史地理等のあらゆる分野から、広く発表者を募ります。

※ 過去のリサーチ・ショーケースについては、以下のサイトをご覧ください
https://historiansworkshop.org/category/research-showcase/
********************************************************************************
日   時 : 2018年7月27日(金) 17:30~20:00
会   場 : 東京大学本郷キャンパス経済学研究科学術交流棟小島ホール1階第1セミナー室
フォーマット: 一人あたり、発表8分+質疑応答7分
使用言語  : 英語
応募条件  : 学部4年生以上の歴史研究者
募集人数  : 6名
(今回発表のチャンスを得られなかった場合、次回以降優先的に発表の機会が与えられます)
参加費   : 無料
応募方法  :発表希望者は、2018年6月8日(金)17時までに以下のサイトにある応募フォームに記入し、送信してください
URL:https://goo.gl/forms/BcoKWN5eAoWJQVEM2
********************************************************************************
【リサーチ・ショーケースで発表するメリット】
1)発表原稿への事前のフィードバック
発表者は、開催日の2週間前に発表原稿を提出することで、ワークショップメンバーから事前にライティングや構成についてフィードバックを受けることができます。このため、ライティングスキルが向上し、発表にも自信をもって臨むことができます。当日は、講評者である太田淳先生からもフィードバックをいただけます。
2)優秀な発表にはプライズを授与
博士号未取得の発表者の中から、最もクリアで説得力のある発表をした方に「Research Showcase Prize」が授与されます。英語の流暢さ (fluency) ではなく、内容がどれだけスムーズかつ力強く伝わるか (clarity and persuasiveness) を基準とします。
3)遠方からの発表者にはトラベルグラントを授与
首都圏外からの参加を支援すべく、発表者の若干名には「トラベルグラント」として、交通費・宿泊費を最大3万円まで補助します。

 

連絡先
主催者: 小風尚樹
xiao3feng10324@yahoo.co.jp
主催者: 槙野翔
show.you.macky@gmail.com
赤江雄一
y.akae@flet.keio.ac.jp
正木慶介
keisukemasaki@for.aichi-pu.ac.jp
山本浩司
kyamamoto@e.u-tokyo.ac.jp