Skills Workshop

2018年9月11日 Early Career Conference 開催報告

Research Showcaseの関連イベントとして、2018年9月11日にEarly Career Conferenceを開催しました。大学院生からポスドクまでのキャリアステップにある若手研究者の報告会で、歴史学研究者がカンファレンスにおける研究発表と司会進行(チェア)の経験を積むことを目的とするものです。

20180911_063253535_iOS.jpg

初回にあたる今回は、東京のほかにシンガポールや香港、スコットランドから国際色豊かな6名のスピーカーが集まりました。東アジア経済史のポスドク研究員ラッサーン・モアッジン氏による30分の基調講演のあと、博士課程・修士課程の大学院生にそれぞれ20分の持ち時間で研究内容を報告していただき、すべての発表に20分間のQ&Aセッションを設けました。

加えて、若手研究者の発表スキル向上のために、当日の朝にすべての発表者が司会と発表のリハーサルを行い、相互にフィードバックを行いました。これによって、参加者全員が話し方や発表の構成、スライドの表現について改善案を学ぶことが出来ました。

Photo 2018-09-11 17 51 01.jpg

当日の運営は東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻の貝原伴寛(博士課程・フランス近世史)と照井敬生(修士課程・イギリス文化政策研究)が担当しました。専門分野もキャリアも異なる若手研究者・学生が一緒に発表をするという試みながら、合計で約20名の参加者が集まり、打ち解けた雰囲気で、各セッションの質疑応答は大いに盛り上がりました。

懇親会では、細かい専門分野を超えて若手研究者が国際的にネットワークを築く必要性を再確認し、上海・シンガポールの学生も今後同様の活動に取り組む意志を見せていました。

20180911_125234791_iOS.jpg

以下報告者向けにおこなったアンケートの回答を抜粋して紹介します。

今回の報告会で学んだこと、楽しいと感じたこと

  • 「リハーサルセッションと打ち解けた社交の時間に加えて、学会本番中での、国際色ある聴衆との質疑応答から多くを学び、楽しむことが出来た。専門外の研究者から飛んでくる鋭い質問の数々を受け止めるのは素晴らしい経験だった」
  • 「幅広い研究者の前で自分の研究成果を発表し、彼らと知り合うことが出来たのは喜ばしい経験だった」
  • 「特に印象的だったのは、国際的な今回のプラットフォームに、熱意ある若手歴史学者が世界中から集まって意見交換を行い、親睦を深めていることだった。これは若手研究者にとって大きな励みになると思う」
  • 「他の若手研究者と知り合うことが出来たのは非常に有益な経験だった。研究の話のみならず、若手人文学者の状況についてもっといろいろと話していたかった。参加者同士で問題や関心を共有しており、お互いに助け合うことが出来ると思う」

本報告会への参加が今後のキャリアと研究にどのように役に立ちそうか

  • 「今回の会議は、若手研究者にとって非常に役立ち、知的に得るものが多い環境だった。私自身が将来は他の研究者とこうした場を築いていきたいと思う」
  • 「今後とも同様の趣旨の国際会議に参加していこうと思う」
  • 「リハーサルを通じて発表の技術と発表内容を磨いたうえで、発表の経験を積むことが出来たのがよかった。発表に対する質問も会議そのものも協力的で建設的なもので、将来の研究に大いに役立ちます」

まとめ
今回のEarly Career Conferenceは、若手研究者が、国際学会での発表に必要な経験と会議運営の技術を身に付ける舞台を用意することを目的として始まった企画でした。結果として、多様な研究関心とバックグラウンドの研究者による活発な意見交換と研鑽の場を参加者全員で作ることが出来ました。

我々は、歴史学・人文科学の国際的な発展に貢献するべく、今後とも多様なイベントを企画・実施していく予定です。
運営の貝原・照井はともに、今回のイベントのためにHistorians’ Workshopに初めて加わり、企画・運営を一から行いました。報告者の募集から広報資料の作成、会場の準備など、普段参加しているような学会の舞台裏を体験することができました。複数の参加者と連絡をとっていくことや、当日の進行のペース配分など、大変に思われたこともありますが、今後の学会の企画や運営に必要不可欠な経験を積めたと感じています。

Historians’ Workshopは今後とも新たな企画を立案・実施していきます。企画・運営に携わっていただけるという方々は、是非ともご連絡ください。

Skills Workshop

Announcement: Early Career Conference, 11 September 2018(イベント開催のお知らせ)

Historians’ Workshopでは以下の要領で大学院生・若手研究者の研究報告会「Early Career Conference」を開催します。海外の若い研究者の取り組みに触れることができる貴重な機会です。奮ってご参加ください!


Historians’ Workshop: Early Career Conference

日時 / Date: 11 September 2018

場所 / Place:  Seminar Room 1, Kojima Hall, the University of Tokyo (Hongo Campus)

時間 / Time: 13:00-19:00

 

Speakers

Dr Ghassan MOAZZIN / University of Tokyo

Gold and Silver: German Bankers and the Financial Internationalisation of China (1885-1919)

Shuang WU / University of Hong Kong and King’s College London

Domesticating Migration: Oral History and Chinese Motherhood in colonial Hong Kong, 1945-59

Josiah HO Chit Ian / Nanyang Technological University, Singapore

A Bureaucratized Hawker Culture: Narratives of Bureaucracy in Singapore Hawker Culture from the Postcolonial to the Present

Grace TEO / Nanyang Technological University, Singapore

Negotiating Time in British Malaya: Colonial Singapore’s Role in the Malay Archipelago’s Time Legislature, 1895 – 1933

Jeremy GOH / Nanyang Technological University, Singapore

Modern Hokkien Banking in Prewar Singapore and Asia: The Vicissitudes of the Ho Hong Bank (1917–1932)

Kosuke NAKADA / University of St Andrews, UK

From Rome to Armenia? Some Remarks on a 10th-Century Armenian Text on the Translation of Apostolic Relics

 

For further information, please contact:

Takao TERUI (icprterui[a]gmail.com)

Tomohiro KAIBARA (tomohiro.kaibara[a]gmail.com)

 

ECC_POSTER.jpg

 

Skills Workshop

ワークショップ 開催のお知らせ(※教室変更)迷える子羊たちのために~論文執筆の処方箋~

迷える子羊たちのために 論文執筆の処方箋

企画趣旨

研究におけるゴールは、論文の執筆や学会発表というかたちで明示することが挙げられるでしょう。しかし、ここに至るには常に思考を反復しなければならず、わたしたちは試行錯誤を繰り返しています。このなかで、わたしたちはどのようにアイディアを育てているのでしょうか?
そこで、参加型のプログラムを企画しました。
西洋史研究者とアウトライン・ライティングの専門家より、執筆の過程について、どのようなことを問題と感じ、どう対処してきてこられたのか、失敗談を交えてお話しいただきます。
また、みなさんが研究を進めるときの試行錯誤についてグループ・ディスカッションし、それがどのような形になるのか分類・言語化します。これを通じて、論文執筆の方法を探っていきましょう。
人数を把握するため、登録フォームよりご登録をお願いいたします。

 

【日時・場所】

2018年9月9日(日)14:00~17:45

東京大学本郷キャンパス 小島ホール1F 第2セミナー室

→ 2F第3セミナー室に変更になりました(2018年8月28日追記)

 

【講師プロフィール】

隠岐さや香(OKI Sayaka)
名古屋大学経済学研究科 教授
科学史研究。18世紀西洋を中心に、科学の専門職業化、理工系・人社系の分岐など、学術の営みがいかなる制度や境界を作り出したかを調べている。著書に『科学アカデミーと「有用な科学」』『文系と理系はなぜ分かれたのか』など。

青谷秀紀(AOTANI Hideki)
明治大学文学部 准教授
京都府出身。専門は中世ヨーロッパ史、史学史。著書に『記憶のなかのベルギー中世』(京都大学学術出版会、2011年〔単著〕)、『コミュニケーションから読む中近世ヨーロッパ史』(ミネルヴァ書房、2015年〔共著〕)など。

Tak.(たく)
ライター/リサーチャー
アウトライン・プロセッシングのエバンジェリスト。知的生産・執筆からタスク管理、買い物リストまで「文章を書き、考える」あらゆる用途でのアウトライン・プロセッシングを探求。著書『アウトライン・プロセッシング入門』他。

 

参加登録はこちらからお願いいたします。

https://goo.gl/7oEgsY

※定員は45名です。

※ご参加にあたってサポートを必要とされる場合は、その内容について以下のお問い合わせ先までお申し出ください(8月31日まで)。

お問い合わせ先

纓田宗紀(東京大学大学院西洋史学研究室博士課程)

soki.oda[@]gmail.com

Skills Workshop

Early Career Conference (11 September 2018): Call for Paper/発表者募集のお知らせ

Historians’ Workshopではリサーチ・ショーケースの発展版イベントとして、若手研究者の研究報告会Early Career Conferenceを開催します。以下の通り発表者を募集しますので、奮ってご応募ください。


Historians’ Workshop invites paper submissions for the newly launched Early Career Conference to be held on 11 September 2018, at the University of Tokyo (Hongo campus), Japan.

Graduate conferences are often run by universities and subject-specific associations. Our aim is to complement these by opening ourselves up to all sub-fields in order to accelerate communication among fellow scholars across the entire historical discipline. We therefore invite original papers on any historical subject: political history, economic history, art history, history of ideas, gender history, etc. Any themes will be welcome! Submissions are due 11 August 2018.

While the conference provides an opportunity to polish your ideas and arguments, it is also intended as an occasion to reflect upon more technical aspects of academic presentation: it is not just about what to talk but also how to present. Speakers are warmly invited to attend an optional rehearsal session, held earlier on the day, to specifically discuss how to improve their presentations. They will also have a chance to take part as a session chair facilitating other speakers’ presentations. Early career researchers, seize this rare opportunity to prepare yourself for larger international conferences in the future!

Details

Abstract submission due: 11 August 2018

Eligibility: Postgraduates and anyone within 8 years of finishing a doctoral degree

Venue: Seminar Room 1, Kojima Hall, the University of Tokyo (Hongo campus)

Date: 11 September 2018, 13:30-18:00

Format: presentation (20 minutes) + Q&A session (20 minutes)

Registration Fee: Free

Language: English

*The Conference will offer travel grants to a limited number of speakers.

Application Process

Those wishing to present at the conference are invited to provide:

(1) Email address

(2) Your name(s)

(3) Title of your paper

(4) Abstract (200-250 words, in English)

(5) Institutional affiliation

(6) Past experience of English presentations in conference

in the following form: https://goo.gl/forms/INAPw4H3F7onx8WM2

The result of abstract reviews will be given on 13 August 2018.

This event is organised by Takao TERUI (icprterui@gmail.com) and Tomohiro KAIBARA (tomohiro.kaibara@gmail.com), both students at the Graduate School of Arts and Sciences, the University of Tokyo. Should you have any queries, please contact us.

Skills Workshop

2018年5月20日「国際学会を有意義なものにするために」開催レポート

 

1. 企画概要・要旨

 2018年5月20日、第68回日本西洋史学会大会の2日目に、広島大学東千田キャンパス未来創生センターにてランチタイムワークショップ「国際学会を有意義なものにするために」が開催されました。立ち見をふくめ100人ほどの参加者を迎え、活発な議論が交わされました。

 本ランチタイム・ワークショップは、西洋言語(英仏独伊語)を用いた国際学会を、さまざまな形で経験されてきた3人の研究者から体験談を伺い自由な討論を行うことで、スキルと経験を共有し、外国語でコミュニケーションをする意義を考えることを目的としました。近年、日本の西洋史研究者と海外の研究者との交流はますます盛んになり、海外での史料・文献調査や来日する外国人研究者による講演会はもちろん、国内外で研究成果を外国語で発表することも求められてきています。しかし、日本語の発表内容をそのまま翻訳したのではうまく通じない場合があるのも事実です。では、日本人研究者が、国際学会で発表し、国際学界との交流を深めたいと願ったとき、どのような点に注意を払って報告を準備し、口頭報告をし、他の参加者と交流していくのが望ましいのでしょうか。日本語での報告との共通点・相違点は何でしょうか。国際学会における良い報告とはどのようなものでしょうか。また、本ワークショップは、日本の西洋史研究者が経験する国際的な学問的コミュニケーションのありかた自体について考察する場でもありたいと考えています。そもそも研究者を国際交流にうながす契機やモチベーションは何でしょうか。そして国際的コミュニケーションの経験は、どのように日本での研究活動にフィードバックされるのでしょうか。
Continue reading

Skills Workshop

第68回日本西洋史学会ランチタイム・ワークショップ「国際学会を有意義なものにするために」

|開催主旨

本ランチタイム・ワークショップは、西洋言語(英仏独伊語)を用いた国際学会を、さまざまな形で経験されてきた3人の研究者から体験談を伺い自由な討論を行うことで、スキルと経験を共有し、外国語でコミュニケーションをする意義を考えることを目的としています。

 近年、日本の西洋史研究者と海外の研究者との交流はますます盛んになり、海外での史料・文献調査や来日する外国人研究者による講演会はもちろん、国内外で研究成果を外国語で発表することも求められてきています。

 しかし、日本語の発表内容をそのまま翻訳したのではうまく通じない場合があるのも事実です。では、日本人研究者が、国際学会で発表し、国際学界との交流を深めたいと願ったとき、どのような点に注意を払って報告を準備し、口頭報告をし、他の参加者と交流を深めていくのが望ましいのでしょうか。日本語での報告との共通点・相違点は何でしょうか。国際学会において良い報告とはどのようなものでしょうか。

Continue reading

Skills Workshop

2017年5月21日「Skills workshop: How to get your articles published」開催レポート

unnamed-6

報告をされる鶴島教授

1. 企画概要・趣旨

 2017年5月21日、日本西洋史学会大会の終了後、一橋大学の職員集会所にて歴史家ワークショップが開催されました。遅い時間にもかかわらず40名を越える参加者を迎え、趣のある会場で活発な議論が交わされました。 Continue reading

Skills Workshop

2017年9月24日「国際学会へ行こう: Making the most out of conferences」開催

国際学会へ行こう
Making the most out of conferences

日時:2017年9月24日(日)17:30-20:00 (交流会の終了予定時刻)
会場:東京大学本郷キャンパス 小島ホール2階 第3セミナー室
地図:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_03_j.html

スピーカー:
岡崎哲二     (近現代日本経済史・東京大学)
壽里 竜        (社会思想史・慶應義塾大学)
豊山亜希     (インド美術史・近畿大学)
サマンサ・ランダオ (比較文学・昭和女子大学)

趣旨
 近年、日本の歴史研究者と海外の研究者との交流はますます盛んになり、外国語での論文執筆や海外の雑誌への投稿も、以前より身近になってきています。しかしながら、 Continue reading

Skills Workshop

2017年5月21日「Skills workshop: How to get your articles published」

日時:2017521日(日)17:15-19:45【終了時刻は予定】
会場:一橋大学国立西キャンパス 職員集会所
   http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/ (地図の8番)

スピーカー
鶴島博和 (中世イングランド史・熊本大学)
大場はるか(近世ドイツ史・久留米大学)
高橋亮介 (古代ローマ史・首都大学東京)
山本浩司 (近世イングランド史・東京大学)

趣旨

Continue reading