Skills Workshop

2019年5月19日「ワークショップ:国際発信とキャリア形成」開催報告

趣旨説明・概要

2019年5月19日、第69回日本西洋史学会大会で「ワークショップ:国際発信とキャリア形成」を開催しました。本企画は、西洋史研究者の国際的な研究活動の実践と、それに付随するキャリア形成のあり方について、参加者による討論を通じて現状の把握と問題点の共有を目指すものでした。近年ますます盛んになる研究の国際化は、研究者自らが望むものであると同時に外部から要請されてもいます。また日本語での研究発表や論文・書籍の執筆、大学での教育や社会への発信といった活動の重要性が減じているわけでもありません。このような多種多様な活動をすることへのジレンマは、世代を問わず共有されているのではないでしょうか。

こうした問題の解決は容易ではありませんが、問題が個人的なものであると同時に構造的なものだと捉えるならば、各人がそれぞれの立場から何を具体的な問題として何に価値を見出しているのかを学会という公の場で話し合い、共有し、可視化することには意味があるでしょう。そこで、なんらかの規範的な結論を求めることなく、異なる立場・キャリアの段階にある人たちが自由に話し合うワークショップの機会を設けました。まず近代フランスの科学技術史を専門とし学問と大学のあり方の歴史にも詳しい隠岐さや香氏に、ご自身の経験に基づく問題提起・話題提供を議論のきっかけとしてしていただき、続いて「システム✕デザイン思考」による問題解決手法の開発と実践に携わる鳥谷真佐子氏をファシリテーターとしてグループワークを行いました。

 

隠岐氏による問題提起・話題提供

IMG_1031

隠岐氏の報告では、科学技術史の研究者としての立場から、日本語、フランス語、英語といった多言語での研究発表のペースと内容の違い、英語圏、フランス語圏、日本以外の東アジアの国々の研究者と日本人研究者の研究発表・内容のスタイルの違いなどが指摘されました。また国立の総合大学・研究大学に所属する立場から、人事や予算獲得において研究業績を定量的に評価する圧力が高まっていることや、理系をはじめとする非専門家に研究内容を届ける必要性と、その難しさも言及されました。

 

ワークショップ

IMG_1040.jpg

4つのグループに分かれて「国際発信とキャリア形成にはどのような問題があるか」というテーマでディスカッションを行いました。「因果ループ」という手法を用いて、研究者自身および研究者が関わる人々・組織による、さまざまな活動がどのように結びつき、どのような影響を持つのかを因果の関係性を表す図で示していきました。研究者自身を取り巻く環境と活動を規定する様々な要因を俯瞰するとともに、グループで話し合うことで、一人一人が見えてこなかった事柄に気づいたり、簡単に因果関係として捉えられない現象があることに気づきました。

最後に各グループが発表を行いましたが、共通して見られたトピックに、日本語と外国語での研究発表をするための時間・労力の振り分け、研究活動と社会との関わり、ライフワークバランスなどが解決していくべき問題として浮かび上がってきました。

IMG_1069

 

参加者の意見(アンケート結果より)

【得られたこと】

  • 現在日本の西洋史学が置かれている状況を客観視できた。ある課題は共有することで細分化され、解決の糸口が見つかると学んだ。
  • 海外で活動してきた人と国内で活動してきた人の間で対立があるかと思ったが、問題意識の共有がされていることに気づき勇気づけられた。
  • 異なる立場の方々が、それぞれの立場で学界全体、もしくは社会全体のことを視野に入れつつ考えているのを知ることができた。
  • 世代間のギャップを自覚できた。院生の問題を解決しようとすると有職者にしわ寄せがいき、その逆も然りで、そうした押し付け合いにならない解決策が必要だと感じた。
  • ジェンダーや世代、研究の経歴(海外で博士号を取ったか否かなど)がバラバラの人たちとざっくばらんに話せる機会はなかなかないので、楽しく意見を出しあえて有意義だった。
  • 問題把握のための思考実験が体験できた。

【もっと知りたかったこと、不足していると感じたこと】

  • 国際発信・キャリア形成というテーマでも拡散しがちで、あえてもう少し絞っても良かったのでは思った。
  • 研究者のバイアスが強くかかっていたと感じたので、一般社会・一般読者との関係についてももっと考えたかった。
  • 西洋史などの学部卒業生の進路分野の拡大とキャリア形成にかかわる議論ができなかった。

 

まとめ

今回のワークショップでは、意欲的な参加者に恵まれ、和やかな雰囲気のなかで楽しく議論をすることができました。本ワークショップの開催は、一般財団法人中辻創智社の会議開催費助成により可能になりました。ご支援を賜りましたことに対し、この場を借りて御礼申し上げます。今後も歴史研究に関する類似のイベントの開催を続けていきたいと考えています。アイデアのある方は、運営委員に、または当HPのコンタクトフォームでご連絡ください。

Skills Workshop

2018年9月9日 「迷える子羊たちのために 論文執筆の処方箋」開催報告

2018年9月9日 「迷える子羊たちのために 論文執筆の処方箋」開催報告

概要

研究におけるゴールは、論文の執筆や学会発表というかたちで明示することが挙げられるでしょう。しかし、ここに至るには常に思考を反復しなければならず、わたしたちは試行錯誤を繰り返しています。このなかで、わたしたちはどのようにアイディアを育てているのでしょうか?

本ワークショップでは、西洋史研究者とアウトライン・ライティングの専門家より、執筆の過程について、どのようなことを問題と感じ、どう対処してきてこられたのか、失敗談を交えてお話しいただきました。スピーカーと参加者を交えたオープン・ダイアローグでは、みなさんが普段感じてる研究にまつわる悩みをポストイットに書き、それを模造紙上で分類する作業を行いました。全体のオープン・ダイアローグでは、3名のトークと各グループの模造紙にもとづき、各々の悩みとそれに対するメソッドについて議論しました。

 

トーク① 隠岐さや香氏(科学技術史・社会思想史/名古屋大学)

IMG_6963

隠岐氏は、未完に終わったフランス語の博士論文の執筆過程を失敗談として紹介した。自身はこれまで、シンポジウムや科研の企画など外部からの要求を受けて葛藤しながら書いてきたが、自分が「これは失敗だ」とみなして諦めないかぎり最後に何かしらの結果は出るのだと語った。

 

トーク② 青谷秀紀氏(中世ネーデルラント史/明治大学)

IMG_6969

青谷氏は、研究に取り組む際のメンタル調整法として自身が実践してきた冷水シャワーと瞑想を紹介した。また、アイデアを発見・拡張・分割するための3つの観点①異質なものの組み合わせ、②情報の適量化、➂外部からの案を挙げた。また、学務・家事・育児と研究の折り合いのつけ方、生活一般から研究や教育に資するアイデアを引き出す可能性にも触れた。

 

トーク➂ Tak.氏(ライター)

IMG_6970

Tak.氏は、自身が模索し、普及させているアウトライン・プロセッシングという執筆テクニックを紹介した。アウトライン・プロセッシングとは、「アウトライナー」と呼ばれるソフトを使って文章を書き、考える技術。アウトライナーの3つの機能であるアウトラインの表示・折り畳み・組み換えを、著書を執筆した際の実践例をもとにレクチャーした。アウトライン・プロセッシングについて、詳しくはTak.氏の著書を参照。

 

 

オープン・ダイアローグ

IMG_6972

トークの合間に行われた一度目のオープン・ダイアローグでは、参加者たちが論文執筆に関して普段から抱いている悩みをひとつずつポストイットに書き込み、それをグループごとに模造紙上で集約・分類しました。グループ間で共通する悩みが多く、リサーチと執筆の時間配分、問題設定の仕方、スケジュール管理、環境づくり、モチベーションの維持、費用確保、自分の論文に関与する他者との距離の取り方、語学といった分類ができあがりました。ここで出た悩みに対して自分なりの解決策をもっている参加者には、コーヒーブレイクのあいだに赤字でそのメソッドを書いたポストイットを貼ってもらいました。

pasted image 0

 

3名のトークの後に行われた二度目のオープン・ダイアローグでは、模造紙上に現れたいくつかの課題に関して全員でディスカッションしました。

 

・インプットとアウトプット

「読書量が少ないのではないかと感じて、文献を読んでばかりでなかなか書き始められない」「所要時間を過小評価してしまう」という多くの人に共通する悩みが話題となったときには、アウトライナーを用いたフリーライティングの方法や、一定量のページを読むのにかかった時間を毎日記録し、自分の読書スピードを把握して計画を改良していく、という方法が紹介されました。

・自分が書いたものを、いつ誰に見せるのか

これについては人それぞれでした。他人の意見に影響を受けたくない、という人もいれば、院生同士で見せ合う場がほしいという人もいました。ある参加者は、指導教員に「自分ではまだ見せられないと思う段階で見せるように」という言われているとのことでした。モチベーションの維持、スケジュール管理、論文を完成に向かわせる環境づくりといったことに密接に結びつく問題です。

・その他のトピック

研究とプライベート

パワハラ、アカハラ

資金不足

人生の不安、etc. …

 

論文の執筆という当初の話題からどんどん派生して、議論は多岐にわたりました。結局、論文を書くという行為は、わたしたちが日々直面する公私の問題を適切な優先順位でケアしつつ、各々にとって心地のよいメンタルと環境を確保したうえに成り立つべきものだということを実感した方が多かったのではないでしょうか。

スピーカーの方々も、「論文ってみなさんどうやって書いてるんでしょうね?」とか「自分の研究手法を確立できてはいない」ともらしていました。「論文執筆の処方箋」は、アップデートされ続けるのでしょう。

 

終了後、参加者に対してアンケートを実施しました。以下では回答の一部を紹介します。類似の企画を行うためのヒントになりそうです。

 

【学べたこと】

みんな同じ悩みを持っているのだな、自分だけではない、と思いました。(大学 院生)

・アウトライナー、逆算ウィークリー、年表作成などの具体的なメソッド。(大学 院生)

全体を通じて、色んな話を聞き、不安も薄くなった。卒論がすすまなかったり、 教授に連絡しなかったり(笑)したのは、自分の弱さだと思っていたが、みなさ ん様々な不安があると知り、安心した。また、それぞれの課題解決のために工夫 をしていたので、自分も頑張ろうと思った。(学部生)

 

【もっと知りたいと思ったこと】

・アイデアの鮮度や見切り時について。(大学院生)

・書いたものを「いつ見せるか」「どうやって見せるか」。(大学院生)

悩み共有などはできたかもしれないが、具体的な解決策についてもう少し踏み込 むべきだと思った。(大学院生)

 

【ワークショップの企画としてやってみたいこと・やってほしいこと】

・パワハラ・アカハラ対策(一般)

・メンタルを引き上げるのは個人的な面も多いので、方法、手法など、すぐにでも 変えられるものを対象にやってみて欲しいです。今日はみなさん自尊心や自己  肯定感の低さを感じているように思いましたが、自分にとっての「いつも」を  共有することで、結果的にメンタルを引き上げるのも良いのではないでしょう  か。(大学院生)

・海外研究者の失敗談など今回の内容の継続(教員)

・メモの取り方、インプットの効率よいやり方(ポスドク・非常勤講師)

・構想、書き初めレベルのものを見せ合う。(大学院生)

・論文執筆の方法について(今回は「研究をする上での悩み」が中心となっていた ので)(大学院生)

・語学の悩みが共通でけっこうあったので、勉強法について。あるいは勉強会を  やってほしいです。(大学院生)

・研究者としての就職について。特に学際領域におけるキャリア形成について(ポ スドク・非常勤講師)

 

まとめ

今回のワークショップは、「論文の執筆」にテーマを絞って企画されたものでした。しかし、参加者から出てきた悩みは論文執筆そのものだけではなく、その周辺にある研究環境やメンタルに関することなど多岐にわたり、しかもどれも多くの人に共通するものばかりでした。このイベントを開催したことで、多くの研究者が共通の悩みを持っており、それらが自分だけの悩みではないと認識することは、研究者にとって大きなメリットであることが明らかになりました。歴史家ワークショップは、上記のアンケート結果やみなさまのアイデアをもとに、今後も類似のイベントの開催を続けていきたいと考えています。アイデアのある方は、運営委員へご連絡いただくか、当HPのコンタクトフォームでご連絡いただけると幸いです。

 

Skills Workshop

2018年9月11日 Early Career Conference 開催報告

Research Showcaseの関連イベントとして、2018年9月11日にEarly Career Conferenceを開催しました。大学院生からポスドクまでのキャリアステップにある若手研究者の報告会で、歴史学研究者がカンファレンスにおける研究発表と司会進行(チェア)の経験を積むことを目的とするものです。

20180911_063253535_iOS.jpg

初回にあたる今回は、東京のほかにシンガポールや香港、スコットランドから国際色豊かな6名のスピーカーが集まりました。東アジア経済史のポスドク研究員ラッサーン・モアッジン氏による30分の基調講演のあと、博士課程・修士課程の大学院生にそれぞれ20分の持ち時間で研究内容を報告していただき、すべての発表に20分間のQ&Aセッションを設けました。

加えて、若手研究者の発表スキル向上のために、当日の朝にすべての発表者が司会と発表のリハーサルを行い、相互にフィードバックを行いました。これによって、参加者全員が話し方や発表の構成、スライドの表現について改善案を学ぶことが出来ました。

Photo 2018-09-11 17 51 01.jpg

当日の運営は東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻の貝原伴寛(博士課程・フランス近世史)と照井敬生(修士課程・イギリス文化政策研究)が担当しました。専門分野もキャリアも異なる若手研究者・学生が一緒に発表をするという試みながら、合計で約20名の参加者が集まり、打ち解けた雰囲気で、各セッションの質疑応答は大いに盛り上がりました。

懇親会では、細かい専門分野を超えて若手研究者が国際的にネットワークを築く必要性を再確認し、上海・シンガポールの学生も今後同様の活動に取り組む意志を見せていました。

20180911_125234791_iOS.jpg

以下報告者向けにおこなったアンケートの回答を抜粋して紹介します。

今回の報告会で学んだこと、楽しいと感じたこと

  • 「リハーサルセッションと打ち解けた社交の時間に加えて、学会本番中での、国際色ある聴衆との質疑応答から多くを学び、楽しむことが出来た。専門外の研究者から飛んでくる鋭い質問の数々を受け止めるのは素晴らしい経験だった」
  • 「幅広い研究者の前で自分の研究成果を発表し、彼らと知り合うことが出来たのは喜ばしい経験だった」
  • 「特に印象的だったのは、国際的な今回のプラットフォームに、熱意ある若手歴史学者が世界中から集まって意見交換を行い、親睦を深めていることだった。これは若手研究者にとって大きな励みになると思う」
  • 「他の若手研究者と知り合うことが出来たのは非常に有益な経験だった。研究の話のみならず、若手人文学者の状況についてもっといろいろと話していたかった。参加者同士で問題や関心を共有しており、お互いに助け合うことが出来ると思う」

本報告会への参加が今後のキャリアと研究にどのように役に立ちそうか

  • 「今回の会議は、若手研究者にとって非常に役立ち、知的に得るものが多い環境だった。私自身が将来は他の研究者とこうした場を築いていきたいと思う」
  • 「今後とも同様の趣旨の国際会議に参加していこうと思う」
  • 「リハーサルを通じて発表の技術と発表内容を磨いたうえで、発表の経験を積むことが出来たのがよかった。発表に対する質問も会議そのものも協力的で建設的なもので、将来の研究に大いに役立ちます」

まとめ
今回のEarly Career Conferenceは、若手研究者が、国際学会での発表に必要な経験と会議運営の技術を身に付ける舞台を用意することを目的として始まった企画でした。結果として、多様な研究関心とバックグラウンドの研究者による活発な意見交換と研鑽の場を参加者全員で作ることが出来ました。

我々は、歴史学・人文科学の国際的な発展に貢献するべく、今後とも多様なイベントを企画・実施していく予定です。
運営の貝原・照井はともに、今回のイベントのためにHistorians’ Workshopに初めて加わり、企画・運営を一から行いました。報告者の募集から広報資料の作成、会場の準備など、普段参加しているような学会の舞台裏を体験することができました。複数の参加者と連絡をとっていくことや、当日の進行のペース配分など、大変に思われたこともありますが、今後の学会の企画や運営に必要不可欠な経験を積めたと感じています。

Historians’ Workshopは今後とも新たな企画を立案・実施していきます。企画・運営に携わっていただけるという方々は、是非ともご連絡ください。

Skills Workshop

Announcement: Early Career Conference, 11 September 2018(イベント開催のお知らせ)

Historians’ Workshopでは以下の要領で大学院生・若手研究者の研究報告会「Early Career Conference」を開催します。海外の若い研究者の取り組みに触れることができる貴重な機会です。奮ってご参加ください!


Historians’ Workshop: Early Career Conference

日時 / Date: 11 September 2018

場所 / Place:  Seminar Room 1, Kojima Hall, the University of Tokyo (Hongo Campus)

時間 / Time: 13:00-19:00

 

Speakers

Dr Ghassan MOAZZIN / University of Tokyo

Gold and Silver: German Bankers and the Financial Internationalisation of China (1885-1919)

Shuang WU / University of Hong Kong and King’s College London

Domesticating Migration: Oral History and Chinese Motherhood in colonial Hong Kong, 1945-59

Josiah HO Chit Ian / Nanyang Technological University, Singapore

A Bureaucratized Hawker Culture: Narratives of Bureaucracy in Singapore Hawker Culture from the Postcolonial to the Present

Grace TEO / Nanyang Technological University, Singapore

Negotiating Time in British Malaya: Colonial Singapore’s Role in the Malay Archipelago’s Time Legislature, 1895 – 1933

Jeremy GOH / Nanyang Technological University, Singapore

Modern Hokkien Banking in Prewar Singapore and Asia: The Vicissitudes of the Ho Hong Bank (1917–1932)

Kosuke NAKADA / University of St Andrews, UK

From Rome to Armenia? Some Remarks on a 10th-Century Armenian Text on the Translation of Apostolic Relics

 

For further information, please contact:

Takao TERUI (icprterui[a]gmail.com)

Tomohiro KAIBARA (tomohiro.kaibara[a]gmail.com)

 

ECC_POSTER.jpg

 

Skills Workshop

ワークショップ 開催のお知らせ(※教室変更)迷える子羊たちのために~論文執筆の処方箋~

迷える子羊たちのために 論文執筆の処方箋

企画趣旨

研究におけるゴールは、論文の執筆や学会発表というかたちで明示することが挙げられるでしょう。しかし、ここに至るには常に思考を反復しなければならず、わたしたちは試行錯誤を繰り返しています。このなかで、わたしたちはどのようにアイディアを育てているのでしょうか?
そこで、参加型のプログラムを企画しました。
西洋史研究者とアウトライン・ライティングの専門家より、執筆の過程について、どのようなことを問題と感じ、どう対処してきてこられたのか、失敗談を交えてお話しいただきます。
また、みなさんが研究を進めるときの試行錯誤についてグループ・ディスカッションし、それがどのような形になるのか分類・言語化します。これを通じて、論文執筆の方法を探っていきましょう。
人数を把握するため、登録フォームよりご登録をお願いいたします。

 

【日時・場所】

2018年9月9日(日)14:00~17:45

東京大学本郷キャンパス 小島ホール1F 第2セミナー室

→ 2F第3セミナー室に変更になりました(2018年8月28日追記)

 

【講師プロフィール】

隠岐さや香(OKI Sayaka)
名古屋大学経済学研究科 教授
科学史研究。18世紀西洋を中心に、科学の専門職業化、理工系・人社系の分岐など、学術の営みがいかなる制度や境界を作り出したかを調べている。著書に『科学アカデミーと「有用な科学」』『文系と理系はなぜ分かれたのか』など。

青谷秀紀(AOTANI Hideki)
明治大学文学部 准教授
京都府出身。専門は中世ヨーロッパ史、史学史。著書に『記憶のなかのベルギー中世』(京都大学学術出版会、2011年〔単著〕)、『コミュニケーションから読む中近世ヨーロッパ史』(ミネルヴァ書房、2015年〔共著〕)など。

Tak.(たく)
ライター/リサーチャー
アウトライン・プロセッシングのエバンジェリスト。知的生産・執筆からタスク管理、買い物リストまで「文章を書き、考える」あらゆる用途でのアウトライン・プロセッシングを探求。著書『アウトライン・プロセッシング入門』他。

 

参加登録はこちらからお願いいたします。

https://goo.gl/7oEgsY

※定員は45名です。

※ご参加にあたってサポートを必要とされる場合は、その内容について以下のお問い合わせ先までお申し出ください(8月31日まで)。

お問い合わせ先

纓田宗紀(東京大学大学院西洋史学研究室博士課程)

soki.oda[@]gmail.com

Skills Workshop

Early Career Conference (11 September 2018): Call for Paper/発表者募集のお知らせ

Historians’ Workshopではリサーチ・ショーケースの発展版イベントとして、若手研究者の研究報告会Early Career Conferenceを開催します。以下の通り発表者を募集しますので、奮ってご応募ください。


Historians’ Workshop invites paper submissions for the newly launched Early Career Conference to be held on 11 September 2018, at the University of Tokyo (Hongo campus), Japan.

Graduate conferences are often run by universities and subject-specific associations. Our aim is to complement these by opening ourselves up to all sub-fields in order to accelerate communication among fellow scholars across the entire historical discipline. We therefore invite original papers on any historical subject: political history, economic history, art history, history of ideas, gender history, etc. Any themes will be welcome! Submissions are due 11 August 2018.

While the conference provides an opportunity to polish your ideas and arguments, it is also intended as an occasion to reflect upon more technical aspects of academic presentation: it is not just about what to talk but also how to present. Speakers are warmly invited to attend an optional rehearsal session, held earlier on the day, to specifically discuss how to improve their presentations. They will also have a chance to take part as a session chair facilitating other speakers’ presentations. Early career researchers, seize this rare opportunity to prepare yourself for larger international conferences in the future!

Details

Abstract submission due: 11 August 2018

Eligibility: Postgraduates and anyone within 8 years of finishing a doctoral degree

Venue: Seminar Room 1, Kojima Hall, the University of Tokyo (Hongo campus)

Date: 11 September 2018, 13:30-18:00

Format: presentation (20 minutes) + Q&A session (20 minutes)

Registration Fee: Free

Language: English

*The Conference will offer travel grants to a limited number of speakers.

Application Process

Those wishing to present at the conference are invited to provide:

(1) Email address

(2) Your name(s)

(3) Title of your paper

(4) Abstract (200-250 words, in English)

(5) Institutional affiliation

(6) Past experience of English presentations in conference

in the following form: https://goo.gl/forms/INAPw4H3F7onx8WM2

The result of abstract reviews will be given on 13 August 2018.

This event is organised by Takao TERUI (icprterui@gmail.com) and Tomohiro KAIBARA (tomohiro.kaibara@gmail.com), both students at the Graduate School of Arts and Sciences, the University of Tokyo. Should you have any queries, please contact us.

Skills Workshop

2018年5月20日「国際学会を有意義なものにするために」開催レポート

 

1. 企画概要・要旨

 2018年5月20日、第68回日本西洋史学会大会の2日目に、広島大学東千田キャンパス未来創生センターにてランチタイムワークショップ「国際学会を有意義なものにするために」が開催されました。立ち見をふくめ100人ほどの参加者を迎え、活発な議論が交わされました。

 本ランチタイム・ワークショップは、西洋言語(英仏独伊語)を用いた国際学会を、さまざまな形で経験されてきた3人の研究者から体験談を伺い自由な討論を行うことで、スキルと経験を共有し、外国語でコミュニケーションをする意義を考えることを目的としました。近年、日本の西洋史研究者と海外の研究者との交流はますます盛んになり、海外での史料・文献調査や来日する外国人研究者による講演会はもちろん、国内外で研究成果を外国語で発表することも求められてきています。しかし、日本語の発表内容をそのまま翻訳したのではうまく通じない場合があるのも事実です。では、日本人研究者が、国際学会で発表し、国際学界との交流を深めたいと願ったとき、どのような点に注意を払って報告を準備し、口頭報告をし、他の参加者と交流していくのが望ましいのでしょうか。日本語での報告との共通点・相違点は何でしょうか。国際学会における良い報告とはどのようなものでしょうか。また、本ワークショップは、日本の西洋史研究者が経験する国際的な学問的コミュニケーションのありかた自体について考察する場でもありたいと考えています。そもそも研究者を国際交流にうながす契機やモチベーションは何でしょうか。そして国際的コミュニケーションの経験は、どのように日本での研究活動にフィードバックされるのでしょうか。
Continue reading

Skills Workshop

第68回日本西洋史学会ランチタイム・ワークショップ「国際学会を有意義なものにするために」

|開催主旨

本ランチタイム・ワークショップは、西洋言語(英仏独伊語)を用いた国際学会を、さまざまな形で経験されてきた3人の研究者から体験談を伺い自由な討論を行うことで、スキルと経験を共有し、外国語でコミュニケーションをする意義を考えることを目的としています。

 近年、日本の西洋史研究者と海外の研究者との交流はますます盛んになり、海外での史料・文献調査や来日する外国人研究者による講演会はもちろん、国内外で研究成果を外国語で発表することも求められてきています。

 しかし、日本語の発表内容をそのまま翻訳したのではうまく通じない場合があるのも事実です。では、日本人研究者が、国際学会で発表し、国際学界との交流を深めたいと願ったとき、どのような点に注意を払って報告を準備し、口頭報告をし、他の参加者と交流を深めていくのが望ましいのでしょうか。日本語での報告との共通点・相違点は何でしょうか。国際学会において良い報告とはどのようなものでしょうか。

Continue reading

Skills Workshop

2017年5月21日「Skills workshop: How to get your articles published」開催レポート

unnamed-6

報告をされる鶴島教授

1. 企画概要・趣旨

 2017年5月21日、日本西洋史学会大会の終了後、一橋大学の職員集会所にて歴史家ワークショップが開催されました。遅い時間にもかかわらず40名を越える参加者を迎え、趣のある会場で活発な議論が交わされました。 Continue reading