Research Showcase

2018年2月22日第5回リサーチ・ショーケース開催のお知らせ

5th Research Showcase

日時:2018年2月22 日 17:30-20:00
場所:東京大学本郷キャンパス 小島ホール2階 第3セミナー室
地図:http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/about/access/campusmapj.pdf

第5回リサーチ・ショーケースのプログラムの詳細がきまりましたので、お知らせいたします!以下のリンクをご覧ください(PDFファイルが開かれます)。

Continue reading

Research Showcase

2018年2月22日(木)Research Showcase in Tokyo 発表者募集のお知らせ

第5回リサーチ・ショーケース開催のご案内

Historians’ Workshopでは、外国語で学問的コミュニケーションを行う機会を提供するため、リサーチ・ショーケースを開催してきました(※過去のリサーチ・ショーケースについては、コチラをご覧ください。よくある質問については、コチラをご覧ください)。発表・質疑応答をすべて外国語で行うことで、発表者・参加者の双方が外国語での学問的コミュニケーションを実践することができます。第5回となる今回は、講評者としてMaria Pia Paganelli (Trinity University, Texas)、井野瀬久美惠(甲南大学)の両氏を招き、使用言語を英語に限定して開催します。英語での発表スキルの向上をめざす全ての歴史研究者に開かれた会にしたいと考えています。日本史・東洋史・西洋史・思想史・社会経済史・国際関係・歴史地理等の分野から、広く発表者を募ります。

今回のポスターはコチラ!ぜひご所属の研究室などでお広めください。

なお、このお知らせページのURLは、https://goo.gl/RvhVV2になります。

Continue reading

Research Showcase

2017年3月9日《西洋中世学会版》リサーチ・ショーケース

Research Showcase in Medieval Studies

日時:2017年3月9 日 17:00-20:00
場所:東京大学本郷キャンパス 小島ホール2階 第3セミナー室
地図:http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/about/access/campusmapj.pdf

西洋中世学会若手セミナー 《西洋中世学会版》リサーチ・ショーケースのプログラムの詳細がきまりました。発表者と論題をごらんください

Continue reading

Research Showcase

3月12日(日)Research Showcase in Kyoto 参加者募集のお知らせ

第5回歴史家ワークショップ
Research Showcase in Kyoto
2017年3月12日(日)14:00-17:00 (終了時刻は予定)

これまで東京で二度開催し、好評だったResearch Showcaseを京都で3月12日(日)に開催します(第2回の報告はこちら、前回第4回の報告はこちらをご覧ください)。地域・時代・テーマを絞らず、英語での発表スキルの向上をめざす全ての歴史研究者に開かれた会にしたいと考えています。日本史・アジア史・西洋史・思想史・社経史・国際関係・歴史地理等、専門の枠を超えて広く発表者を募ります。

Continue reading

Research Showcase

第4回歴史家ワークショップ報告:Research Showcase (2016.11.30)

第4回ワークショップとして2016年11月30日に開催されたResearch Showcaseでは、東欧史、科学史、フランス史、中国史などの諸分野から6名のスピーカーが集まり、それぞれの研究テーマについて8分で発表して頂き、7分間のQ&Aを行いました。多くの発表者が初めて英語で発表をしたこともあり、新鮮みのある会になったと思います。当日は早稲田大学助教の正木慶介さん(イギリス政治史)が司会進行を行い、参加者は全体で約30名と主催者の予想を上回り、活発な議論につながりました。最後は名古屋市大准教授の横山先生が江戸時代の数学的リテラシーについてユニークなご発表をしてくださり、若手に一つのお手本を示してくださいました。

Continue reading

Research Showcase

第4回歴史家ワークショップ Research Showcase

前回好評だったResearch Showcaseの続編を11月30日(水)に開催します(第2回の報告は http://goo.gl/ugtAKh をご覧ください)。今回は地域・時代・テーマを絞らず、発表スキルの向上をめざす全ての歴史研究者に開かれた会にしたいと考えています。オンライン・フォームを利用して、日本史・アジア史・西洋史・思想史・社経史・政治・外交史等、専門の枠を超えて広く発表者を募ります。

日時: 2016年11月30日(水) 17:30ー20:00(通常の18時半よりも早い開催です)
場所: 東京大学本郷キャンパス  小島ホール第3セミナー室
アクセス:http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/about/access/campusmapj.pdf
形式: 一人当たりの発表 8分+質疑7分 (フォーマットと発表の長さについては若干の変更の可能性があります)
使用言語:英語
募集人数:最大6人 (今回発表のチャンスを得られなかった場合でも、次回以降優先的に発表の機会が与えられます)
参加費: 無料

応募フォーム:発表を希望する方は、10月21日(金)17時までに次の応募フォームに記入・送信をお願いします。 http://goo.gl/6OPGoN (学部4年生以上の歴史学研究者であれば応募できます)

Continue reading

Research Showcase

第2回歴史家ワークショップ報告:Research Showcase in British History (2016.7.28)

第2回ワークショップとして開催されたResearch Showcase in British Historyでは、若手イギリス史研究者8名に、それぞれの研究テーマについて、8分という短い時間で、専門を共有しないオーディエンスにコンパクトに伝えもらい、全体で討議しました。報告と質疑ともに英語で行ったということもあり、新鮮みのある会になったと思います。報告者は全員英語を母語とせず、今回初めて英語で口頭報告するという人も多かったのですが、積極的に参加してくれました。参加者は全体で約20名と主催者の予想を上回り、活発な議論につながりました。当日報告者に対し、今後もより良いワークショップを企画・運営できるよう、アンケートを実施しました。以下、回答から内容を一部紹介します。 Continue reading

Research Showcase

第2回歴史家ワークショップ Research Showcase in British History

7月は、歴史家ワークショプの第二弾を行ないます。若手研究者に自分の研究テーマについてリレートークをしてもらい、Q&Aをするもので、題してResearch Showcase in British Historyです。
(今年秋には、研究テーマをイギリス史に限定せずにResearch Showcaseを行なう予定ですので、おってお知らせします。)

歴史家ワークショップ “Research Showcase in British History”
日時:2016年7月28日(木) 17:30~20:00 (通常の18時半よりも早い開催です)
場所:東京大学本郷キャンパス 小島ホール 第三セミナー室
アクセス:http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/about/access/campusmapj.pdf
スピーカー:
Continue reading