RE. F. Workshop

【満員御礼】2019年7月22日「バズる(?)アウトリーチのすすめ―公益性のある情報発信に向けて」開催のお知らせ*教室変更あり*

publicengagement poster 0626-1_page-0001.jpg

***会場が小島ホール2階第三セミナー室から、1階の第一セミナー室へと変更になりました。***

「あなたの研究、なにが面白いの?」

…研究者なら1度は問われるこの問いに、あなたはどう答えますか。

近年、大学が生み出す知、とくに人文学の知が軽視されるなかで、研究者による社会へのアウトリーチの重要性が叫ばれています。しかし、自力で情報発信しようと思っても「何をすればいいか分からない」という人が大半ではないでしょうか。また、アウトリーチという活動自体が現行システムにおいてキャリアパスとして適切に位置づけられていないという問題もあります。

本イベントでは、多様なメディアを使って活発な情報発信を繰り広げる2人の若手研究者と、高度な学術的な知をアカデミアの外へ仕掛ける編集者1人に、自己満足ではないバズる(?)アウトリーチの方法をお聞かせいただきます。そして、それらのお話をふまえ、アウトリーチの今日的な意義についても考えたいと思います。

さぁ、あなたもバズる(?)研究者になって、学問の裾野を開拓していきましょう。

【日時・場所】
2019年7月22日(月)17時半~(開場)
東京大学本郷キャンパス 小島ホール第3セミナー室   1階第1セミナー室
https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_03_j.html

※講演会後、相談会兼懇親会を引き続き同じ教室で開催します。参加費は500円です。終了時刻は21時を予定しており、いつ抜けていただいてもかまいません。

※要事前申込:申込フォームはこちら
(申込締切:7月15日) 定員に達したため、登録は締め切りました。たくさんのご登録ありがとうございました!(7/9追記)

【登壇者】
北村紗衣(武蔵大学):シェイクスピア・舞台芸術史
・TwitterからWikipedia、フェミニズム批評まで広く活躍
・近著『お砂糖とスパイスと爆発的ななにか』(書肆侃侃房)
古川萌(東洋大学):イタリア・ルネサンス美術史
・「壺屋めり」名義で展示会のフォローアップ講演会を開催
・イラスト入り書籍『ルネサンスの世渡り術』(芸術新聞社)も上梓
丸尾宗一郎(講談社):「現代ビジネス」編集
・人文社会科学者たちのオピニオンを広く世に発信する講談社の必殺仕掛け人
・お仕事の一覧はブログ「natsumekinakoの日記」を参照

RE. F. Workshop

2019年7月8日 史料読解ワークショップ~裁判記録とラブレター~開催のお知らせ【満員御礼】

一次史料を読む際にどのようなことに気を付ければいいのか。そして、どのようなことを読み取ることができるのか、できないのか——。

今回のHistorians’ Workshopでは、二人の歴史家をお呼びして、戦前日本の裁判記録と、第二次世界大戦中に書かれたラブレターをみなさんと一緒に読み解きます。

◇歴史家プロフィール
◆藤野裕子 
 東京女子大学 准教授。(日本近現代史:民衆史、ジェンダー史研究)

◆小野寺拓也
 東京外国語大学 特任講師。(ドイツ近現代史:日常史、ナチズム研究)

◆日時:2019年7月8日(月)18:30開場、19:00開始~21:30終了
◆会場:東京大学本郷キャンパス小島ホール2階 第3セミナー室
◆事前登録締め切り:6月28日
◆参加無料

◇タイムテーブル *〔〕:担当者
19:00 趣旨説明
19:10 基調対談〔藤野×小野寺〕
19:30 ワークショップ①〔藤野〕
20:15 休憩
20:25 ワークショップ②〔小野寺〕
21:10 まとめのディスカッション
21:30 終了

◇開催趣旨
歴史学研究において避けては通れない、いや醍醐味でもあるといえる一次史料の読解と史料批判。
しかし、歴史学を学ぶ学生にとっては、史料読解や批判に関する学びや訓練の場は必ずしも十分とは言えず、特に専門分野を横断しての、史料へのアプローチ方法の共有や議論の機会はこれまで少なかったのではないでしょうか。
そこで今回のワークショップでは、史料読解について、日本史およびドイツ史をご専門とされる二人の歴史家からお話を伺い、参加者のみなさんと議論することで、専門性を掘り下げるだけでなく領域横断的にも知見を得られる場としたいと考えています。さらに、参加者のみなさんと、実際に史料の読解、解釈にも取り組んでいきます。

◇登録方法
参加人数に限りがありますので、グーグルフォームにてお早めにお申し込みください。(6月28日締め切り) 【満員御礼】6/22(土)現在、定員に達しましたので、一旦締め切らさせていただきます。たくさんのご登録ありがとうございました。 もし追加募集があれば、再度ご案内いたします。

◇事前課題
参加者にはメールにて事前課題のご案内をいたします。課題内容は以下の2つを予定しています。
・ラブレターの史料(日本語翻訳)を読み、問いについて考える。
・裁判記録に関する事件の概要をつかむ。

◇会場地図 東京大学本郷キャンパス 本郷三丁目駅から徒歩約10分

企画・連絡先:中山恵(東京女子大学 歴史文化分野)
nagatzki0905[at]gmail.com

RE. F. Workshop

【講演会】11/11(日) 展覧会「ルーベンス展―バロックの誕生」を3倍楽しむ

去る8月、国立西洋美術館の展覧会「ミケランジェロと理想の身体」にあわせ、当時の時代背景等を解説する講演会を開催し、非常な好評を得ました。この講演の成功を受け、このたび同美術館で開催される「ルーベンス展――バロックの誕生」(会期2018年10月16日~2019年1月21日)にあわせて、展覧会の楽しみ方を提案する講演会をふたたび開催いたします。

【日時・場所】

2018年11月11日(日)14:00~17:30
東京大学本郷キャンパス 小島ホール2Fコンファレンス・ルーム
地図:https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_03_j.html

【参加費・事前登録】

無料・事前登録サイト → https://goo.gl/forms/XQGfX9IL9BTyATor1 Continue reading

RE. F. Workshop

【講演会】「ミケランジェロと理想の身体」展を3倍楽しむ。*教室変更あり*

ミケランジェロ

※※ 会場が小島ホール2階のコンファレンスルームに変更になりました ※※

現在、上野の国立西洋美術館では、「ミケランジェロと理想の身体」展(2018年9月24日まで)が開催されています。丸彫りのミケランジェロ作品を二つも展示しているのに加え、15~16世紀のイタリア美術において、古代文化がどのように受け入れられていたのかがうかがわれる、贅沢な展覧会です。

 

もちろん、展覧会だけ見ても楽しめることは請け合いなのですが、当時の文化的・社会的背景を知っておくと、展示されている作品一つ一つをより深く楽しむことができるのではないかと思います。

 

こうした思いから、このたびイタリア・ルネサンス美術を取り上げた講演会を開催するはこびとなりました。今回は、企画者である壺屋めり(東京藝術大学)に加え、ダンテ研究者の原基晶さん(東海大学)を話し手に迎え、ルネサンス期のイタリアを多角的に読み解きます。

 

この企画を通して、歴史研究者がどのようにルネサンス文化を捉えているかを、研究者のみならず一般の方々とも広く共有し、二者の橋渡しをするのが目標です。また、研究者側としても、一般の方が歴史に対してどのような関心を持っているのか、確認する場となるでしょう。

 

 

【日時・場所】

2018年8月18日(土)14:00~17:30

東京大学本郷キャンパス 小島ホール1F第1会議室  

→2Fのコンファレンスルームに変更になりました

 

【参加費】

無料

 

【話し手プロフィール】

  • 原基晶

東海大学講師。専門分野はイタリア文学、ルネサンス文化・歴史。2014年にダンテ『神曲』全訳と解説を上梓(講談社学術文庫)したほか、漫画『チェーザレ 破壊の創造者』(講談社)の監修も務める。

 

  • 壺屋めり

東京藝術大学/日本学術振興会特別研究員。専門分野はイタリア・ルネサンス美術史。2018年に『ルネサンスの世渡り術』(芸術新聞社)を上梓。

 

 

展覧会単体でも楽しいけれども、講演を聞いた後にはまたフレッシュな気持ちで見ることができるよう、一味ちがった展覧会の楽しみ方がご紹介できたらと思います。どなたでもぜひ奮ってご参加ください。

 

配布資料等の準備のため、事前参加登録にご協力お願いいたします。

参加登録はこちらから。→ https://goo.gl/forms/UlPNjy7GqTXA59f42

※定員は90名です。(8月3日追記)

⇒定員に達しました。たくさんのご応募ありがとうございました!(8月7日追記)

RE. F. Workshop

RE.F. Workshopイベント第2弾 July 1, 2018

【’Who Are Historians?:「歴史家」とは誰を指すんだろう?】

7:1ポスター2.0.001

 

-概要-

第2回「RE.F. Workshop」を、7/1(日)14:00~東京大学本郷キャンパス経済学研究科学術交流棟(小島ホール)第1セミナー室にて、博士号を取得されて間もない新進気鋭の若手研究者—北村紗衣さん(武蔵大学)・坂本邦暢さん(明治大学)・佐藤空さん(東洋大学)—を招いたワークショップを開催します。

 

-企画の趣旨・経緯-

RE.F. Workshopという名前には「研究者(REsearcher)と話題(REFerence)を共有し、皆で熟考(REFlection)する’場’を生む(Fabricate)する」という意味を込めました。‘What fascinates you in your subject?’という問いを大事にしながら、「何故、研究をしようと思ったのか」、「何故、(自分のやっているのは)このテーマ・手法なのか」、より大胆に言えば「何故、そのテーマが面白いのか」を、博士号を取って数年の人たちにお話していただきます。

 

このワークショップは、研究者や研究者を志望する学部生や院生はもちろん、アカデミアの外の一般の方々も巻き込んで、「研究者の問題関心」を聞き、話し合い、シェアすることを目指しています。ひとりひとりの研究者がもつ問題関心の共有を通して、研究者や一般の様々な人が分野を横断して人間的につながることの出来るプラットフォームを作りたいと思いました。研究者がどのような問題関心を持ちながら仕事を行っているのかを、様々な人と共に考える機会となることを願っています。

 

第2回となる今回は、シェイクスピア・舞台芸術史・フェミニズム批評、哲学史・科学史、思想史がご専門の3人の研究者をゲストに迎えます。博士号を取得後数年以内の若手研究者を集めたディスカッションから、参加者みんなで「研究」について考えてみましょう。昨年も同様のイベントを開催し、20名を超える方に参加していただきました。(前回の活動記録)

是非、奮ってご参加ください。

◇追記◇首都圏以外の地域にお住まいの学生限定で、トラベルグラント(若干名・実費ベースで最大2万円まで)を出すことになりました。ご興味ある方は槙野までご連絡ください。(←締め切りました)

参加登録お済みでない方の当日の参加も歓迎です!

 

-登壇者-

・シェイクスピア・舞台芸術史・フェミニズム批評:北村紗衣さん

・ルネサンス哲学史・科学史:坂本邦暢さん

・近世/近代思想史:佐藤空さん

——————–

日時:7/1 (日) 14:00〜

場所:東大本郷キャンパス経済研究科学術交流棟小島ホール1階第1セミナー室(マップ:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_01_j.html

タイムスケジュール:

− 13時30分開場

− 14時スタート

− 登壇者それぞれ15分ほどのお話

− 全体とのディスカッション

− 17時30分懇親会(参加費として院生500円/一般1000円いただきます。懇親会からのご参加も大歓迎です!)

共催:Historians’ Workshop, Tokyo Digital History, 歴史コミュニケーション研究会——————–

また、研究者としてのコミュニティを作り、広げ、交流を活性化させたいという思いと、歴史学のアウトリーチを促進したいという考えから、本ワークショップのスピンオフ企画として、これまでMonthly Film Nightを6回、Historians’ Meet-upを2回開催しています。これまでの活動については以下のリンクをご参照ください。

RE.F. Workshop (https://historiansworkshop.org/category/other-event/re-f-workshop/)

 

ご興味を持たれた方はいつでもご連絡ください。

RE.F. Workshop主催者:槙野翔show.you.macky@gmail.com

RE. F. Workshop

Film Night『ウィンスタンリー』 24 May 2018

RE.F. Workshopスピンオフ企画Film Night第6弾◆
今回は、イギリス・ピューリタン革命期の宗教セクト’Diggers’を取り上げた『Winstanley』。この映画にはアドバイザーとして、ピューリタン革命史家Christopher Hillが関わっており、歴史学的に文句のつけようのないクオリティの高さです。
本編の1場面
近世ロンドン都市史の菅原未宇さんが、映画を取り巻く社会的状況の解説もしてくださいました。2時間を超えるディスカッションを持つことができました!
Guardianによるレヴューはこちら↓「Entertainment Grade: C+,  History Grade: A」
IMG_8126
RE. F. Workshop

Film Night『ショコラ』24 April 2018

RE.F. Workshopスピンオフ企画Film Night第5弾◆
今回観たのはEHESS(フランス社会科学高等研究院)歴史学教授ジェラール・ノワリエルが史料の中から発掘したある黒人芸人の生涯を描いた『ショコラ』です。
 
単行本『ショコラ』http://amzn.asia/6qLYoCa
今回は、原作の日本語訳を担当した武蔵大学の舘葉月さんが、解説もしてくださいました。日本でこの映画に一番詳しい方に解説していただき、その後、参加者で活発なディスカッションを1時間半ほど行うことができました。
RE.F. Workshop Film Nightでは、こういった専門家による解説と参加者による議論を大事にしていきたいと考えています。
RE. F. Workshop

Historians’ Meet-Upお花見 1 Apr 2018

Historians’ Workshopを中心として、Weekly Writing GroupRevising English DraftsTokyo Digital HistoryRE.F. Workshopなどの様々な関連ワークショップが、各個人のアイデアから加速度的に増えてきました。でも、自分が参加しているワークショップ以外にどんな活動があり、どんな人が運営し、誰が参加しているのかを、意外に知らないというのが現状ではないでしょうか。

関連したワークショップが、それぞれ個別に運営されるのではなく、コラボ企画なども 生まれれば、より豊かな相乗効果が得られると思います。これから更に自分達の活動を面白く刺激的なものとするために、今回RE.F. Workshopではお花見を企画してみました。

「隣のワークショップを覗いてみよう」ということで、色んな人が交流できるカジュアルなミートアップのイベントです。みんなでご飯やドリンクを持ち寄って色んなお話をしましょう、という趣旨で、開催しました。

14名の参加者歴史学、芸術、美術史、化学、文学など大変多彩な(!)を得ることができました。これからも学問の専攻の垣根を超え、また社会とのつながりの接点としてのこういったMeet-Upイベントを開催していきます!

IMG_7868 2.JPG

RE. F. Workshop

Film Night『1984』23 June 2018

RE.F. Workshopスピンオフ企画Film Night第4弾◆
今回はジョージ・オーウェルの小説を元にした『1984』。
実際に1984年4月から始まる主人公のウィンストンの日記の日付に合わせてに撮られたという、その時にしか存在しない空気を写した面白い試みの映画です。
「名前は聞いたことあるけど、読んだことはない・観たことはない」人も多かったはず。そのため、非常にこの映画から全体主義や今の社会との類似点など盛んな議論を交わすことができました。
—————-
日時:3/23 (金)18:30〜
場所:東大本郷キャンパス経済研究科学術交流棟小島ホール第3セミナー室
『1984』トレーラー
単行本『Nineteen Eighteen Four』http://amzn.asia/0qLo9kp
単行本『1984年』http://amzn.asia/9OCi9w0
RE. F. Workshop

ポットラックパーティ 21 Dec 2017

1221()RE.F. Workshopスピンオフ企画としてパーティを開きました!

今回RE.F. Workshopでは、色んな人が交流できるカジュアルなミートアップのイベントを企画しました。みんなでご飯やドリンクを持ち寄って色んなお話をしましょう、という趣旨です。

目玉企画は『ブック・エクスチェンジ

パーティの際、自信を持っておすすめできる文庫本/ペーパーバックを1冊持ってきてもらいました。それを当日、参加者でくじ引きして交換し合います。「その本の何があなたにインパクトを与えたのか」を少し話してもらうことで、book exchangeがknowldege exchangeになればと思い、この企画を考えました。

写真にある通り、ランダムに各人が何が当たるのかわからないようにくじ引きをし、本が当たった人に対して本をあげる人がプレゼンをするという形をとりました。今まで触れる機会のなかった本に触れることで、これからの本の出会いが変わってくると考えています。皆、いままで手にとることも無かった本と出会ったことで、興味のなかった世界に目が開けたのではないでしょうか。