【開催告知】スキル・ワークショップ「スライド道場リターンズ!」(10/25 15:00-)

歴史家ワークショップでは、2021年10月25日(月)にスキル・ワークショップ「スライド道場リターンズ!」を開催いたします。このワークショップでは、スライドに全部載せるには情報過多になりがちな歴史学分野の発表について、どのようにスライドを作ればクリアに分かりやすく内容を伝えることができるか考えます。

本会では昨年2020年5月にスキル・ワークショップ「スライド道場」を開催し、非常な好評を得ましたが、より広いオーディエンスに情報を共有するため、同内容のワークショップを YouTube 公開用に再度おこなうことにいたしました。前回の開催レポートはこちらです。

前回同様、本会特任研究員の古川がファシリテーターを務めるのに加え、ゲスト講師として竹中技術研究所の今西美音子氏を招き、歴史学以外の専門の方の視点も取り入れることで、より客観的に把握しやすい視覚資料作成を目指します。

学術発表では基本的に議論の内容や正当性が問われるので、それを補助するスライドの質に十分な注意が払われることは少ないのですが、じつはスライドは発表そのものの質を上げるための重要なファクターの一つです。ぜひご参加ください!

開催概要

対象|歴史学系の院生・研究者(ですが、誰でも視聴可能です)
場所|オンライン開催(YouTube配信・アーカイブ有)
日時|2021年10月25日(月)15:00-17:00
費用|無料
参加登録|不要

当日はぜひチャットにもご参加ください。Twitterでコメントなどを投稿するときはハッシュタグ #歴史家ワークショップ をつけて!

講師・司会プロフィール

◆今西美音子
竹中工務店技術研究所研究員。早稲田大学人間総合研究センター招聘研究員。博士(人間科学)。専門は人間行動・群集流動。

◆古川萌
東京大学経済学研究科特任研究員。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。博士(人間・環境学)。専門はイタリア・ルネサンス美術史。

スキル・ワークショップ「歴史地図を描く」開催報告

去る7月27日、スキル・ワークショップ「歴史地図を描く —研究発表に使える作画法—」が開催されました。その内容について、参加者の北川涼太さん(広島大学)にレポートを執筆していただきましたので、以下に掲載します。

趣旨説明

2021年7月27日(火)の19時から、スキル・ワークショップ「歴史地図を描くー研究発表に使える作画法ー」がオンライン形式で開催された。研究報告や論文執筆に際して、当時の状況を示した地図を利用しなければならない、あるいは利用したいと思うことは多い。しかし自分のニーズに合った地図を見つけ出すのは困難であり、だからといって手書きで作成するとしても、膨大な手間と時間がかかってしまう。

今回、講師を務めていただいた衣笠太朗先生(秀明大学)は、著書『旧ドイツ領全史ー「国民史」において分断されてきた「境界領域」を読み解く』(パブリブ、2020年8月)執筆時に、こうした歴史地図をめぐる問題と向き合うこととなった。衣笠先生は歴史地図や製図の専門家というわけではなく、試行錯誤の末、インターネット上のフリーデータとフリーソフトを用いて歴史地図を作成するという方法にたどり着いたのである。

ワークショップの概要

ワークショップは、レクチャー編と実践編と2パートから構成された。

まずレクチャー編では、衣笠先生が30分ほど、デジタルを用いた歴史地図作成のプロセス、とくにその際使用するフリーデータとフリーソフトについて説明された。デジタルで歴史地図を作成するメリットは、地図の加工・編集が容易なことである。手書きであれば、下敷き地図やトレーシングペーパーなどを用意しなければならず、完成までに数多くの工程をこなさなければならない。そしてやっと仕上がった完成品も加工がしづらい。それに対してデジタルでは、インターネットから編集用のフリーソフトとフリーの地図データを入手することができ、自由に変形したり編集することが可能で、さまざまな形で利用することができる。しかも、作業に使用するパソコンは、とくにスペックが高くなくても問題ない。歴史地図作成のために、専用の作業環境を整える必要がないのである。

具体的なプロセスは、フリーの白地図データと、その下敷きとなる歴史地図のデータをダウンロードした後、フリーソフト上で両者を重ね合わせ、下敷きの地図から白地図へ必要なデータ(地形・境界線・都市など)をトレースしていくことになる。その際、使用する白地図のデータはベクター画像でなければならない。ベクター画像であれば、画像を縮小・拡大・変形したとしても乱れることがない。

そして実践編では、1時間程度の時間をとり、16世紀神聖ローマ帝国の歴史地図を実際に作成した。参加者は、衣笠先生の作業の様子を見ながら、気になった点を質問したり、自分の手元で同じ地図作りを体験することができた。レクチャー編で基本的な流れが説明されていたとはいえ、いざ地図を作るとなると、いろいろな細かい問題に出くわすこととなる。この実践編では、そのつど疑問点を質問しながら、歴史地図が作成されていく過程を確認、あるいは実際に体験することができた。

参加者の意見(アンケート結果より)

よかった点

  • 口頭での説明に加えて実際の作業の様子を見ることができ、地図作成プロセスのイメージを持つことができた。
  • 掛け合いで進む方式のため、一人がまとめて講演するより、飽きることなくわかりやすかった。
  • 地図作成は教員の仕事(授業資料やテスト作成など)でないと困る技術だが、直接情報を得ることが難しい。今回の企画はまさに「かゆいところに手が届く」企画だった。

気になった点

  • 実践編で、細かい作業に集中していたら、全体でどの作業について説明しているのかわからなくなってしまった。チャットで、現在どの作業について説明しているのか知らせてほしい。
  • 未経験者に2時間半(休憩無し)はしんどく、途中で集中が切れてしまった。
  • 衣笠先生が紹介された方法より、もっと効率的なやり方がある。そちらについても紹介してほしい。

企画・司会:吉田瞳(京都大学大学院文学研究科博士後期課程・ドイツ中近世史)
執筆:北川涼太(広島大学・博士課程後期)


※運営追記

講師の衣笠先生のご厚意により、当日のワークショップの様子をYouTubeにて公開する許可をいただきました。以下にリンクいたしましたので、ぜひお役立てください!

【参加者募集】スキル・ワークショップ「歴史地図を描く—研究発表に使える作画法—」開催のお知らせ

歴史家ワークショップでは、7月27日(火)にスキル・ワークショップ「歴史地図を描く—研究発表に使える作画法—」を開催いたします。本イベントでは、歴史地図の描き方を、『旧ドイツ領全史』(パブリブ)著者の衣笠太朗先生(秀明大学)に、オンラインにてレクチャーしていただきます。歴史学を専攻する大学生・大学院生だけでなく、ひろく歴史に興味のある方に向けた内容になっております。

当日は、企画者の吉田による司会進行のもと、講師の衣笠先生から、フリーデータ&フリーソフトを使った歴史地図の作成方法をお教えいただきます。あなたも「自分の研究にぴったり」な歴史地図を描いてみませんか?

開催概要

日程|7月27日(火)19時〜(18:45~入室可)
場所|Zoom開催。URLは申し込み後に参加者に連絡します。
言語|日本語
参加費|無料
参加申込フォームhttps://forms.gle/jp9o5gCuy49LH1xc7
登録締め切り|7月20日(火)

講師プロフィール

衣笠太朗|秀明大学 学校教師学部 助教
著書:『旧ドイツ領全史―「国民史」において分断されてきた「境界地域」を読み解く』(パブリブ、 2020年8月)

企画・司会|吉田瞳(京都大学大学院文学研究科博士後期課程・ドイツ中近世史)
連絡先|inkaffeepause☆gmail.com (☆を@に変えてください)

【参加者募集】スキル・ワークショップ「スライド道場」を開催します

歴史家ワークショップでは、5月11日(月)および18日(月)に、スキル・ワークショップ「スライド道場」をオンラインで開催いたします。このワークショップでは、スライドに全部載せるには情報過多になりがちな歴史学分野の発表について、どのようにスライドを作ればクリアに分かりやすく内容を伝えることができるか考えます。

本会特任研究員の古川がファシリテーターを務めるのに加え、ゲスト講師として竹中技術研究所の今西美音子氏を招き、歴史学以外の専門の方の視点も取り入れることで、より客観的に把握しやすい視覚資料を目指します。

学術発表では基本的に議論の内容や正当性が問われるので、それを補助するスライドの質が問題の焦点となることは少ないのですが、じつはスライドは発表そのものの質を上げるための重要なファクターの一つです。ぜひ奮ってご参加ください!

開催概要

対象|歴史学系の院生・研究者
費用|無料
場所|オンライン開催(Zoom使用)
日時
【第1回:5月11日(月)13:00-15:00】
実際に学術発表で使われたスライドを参考資料に、改善できる箇所、考慮すべきポイントなどについて議論します。
【第2回:5月18日(月)13:00-15:00】
第1回で議論されたポイントを踏まえ、特定のトピックについてのスライドを実際に作ります。

講師プロフィール

◆今西美音子
竹中工務店技術研究所研究員。早稲田大学人間総合研究センター招聘研究員。博士(人間科学)。専門は人間行動・群集流動。

◆古川萌
東京大学経済学研究科特任研究員。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。博士(人間・環境学)。専門はイタリア・ルネサンス美術史。

参加登録

以下のリンクからお願いいたします。
「スライド道場」参加登録フォーム

なお、参加には二つの方法があります。登録フォーム内にてお選びください。

  • スライドづくり実践を含むワークショップ参加(10名程度)
  • 聴講のみの参加(人数制限なし)

座学と実践両方を取り入れた内容を目指しますが、もちろん聴講のみの参加も歓迎です。

また、ワークショップ参加者のなかから、過去の発表で使用したスライドを参考資料として提供してくださる方も募っています。講座内で使用する際には、適宜個人情報や発表内容を隠し、どなたのスライドか分からないようにいたします。

皆さまのご参加お待ちしております!

【開催案内】2020年1月16日(木)「論文を国際ジャーナルに載せるには」

1月中旬に来日されるPatrick Wallisさんを囲んで、国際査読雑誌への論文投稿についてラウンド・テーブルセッションを開催いたします。リサーチセミナーとは違った観点から、実践的なアドバイスを得られる貴重な機会となります。パネルには、東大東文研の米野みちよさん、青山学院大学のシーダー・チェルシーさん、歴史家ワークショップ運営委員の山本が登壇し、英語での査読雑誌投稿に的を絞って様々な経験を共有いたします。質疑の時間もございます。国際査読雑誌への投稿をお考えの皆様は、ぜひご参加ください。

日時: 2020年1月16日(木) 16:30-18:30
会場: 東京大学本郷キャンパス経済学研究科小島ホール1階第2セミナー室
地図:http://www.cirje.e.u-tokyo.ac.jp/about/access/campusmapj.pdf
使用言語:英語
参加:無料・事前登録無し

パネリスト:
Chelsea Schieder (Aoyama Gakuin University) modern Japanese history
Patrick Wallis (LSE) economic history
Koji Yamamoto (University of Tokyo) early modern British history
Michiyo Yoneno-Reyes (University of Tokyo) Asian studies

予定しているトピック:
・投稿先の雑誌をどのように選ぶか
・雑誌の編集者や査読者は何を審査しているのか。
・博士論文や学会発表から、論文原稿を発展させる際の戦略
・「国際誌に投稿してよかった」と感じたエピソード
・院生だった頃の自分に教えてあげたいアドバイス

共催:University of Tokyo International Publication Initiative (UT-IPI)

【締切12/6】2020年1月12日 若手・中堅のための英語論文ワークショップ発表者募集(政治経済史・経営史・社会経済史)

「若手・中堅のための英語論文ワークショップ」開催のお知らせ

Patrick Wallis 氏 (London School of Economics)をゲストにお迎えし、政治経済学・経済史学会・経営史学会・社会経済史学会との共催で、「若手・中堅のための英語論文ワークショップ」を開催することになりました。国際誌のエディターであり、未刊行史料に基づいた質的分析と計量的分析の両者に長じた Wallis 氏から実践的アドバイスを頂くことのできる貴重な機会となります。下記の要 領で報告者を募集しますので、奮ってご応募ください。

【日 時】 2020 年 1 月 12 日(日) 13 時 00 分~17 時 00 分
(報告者数により若干前後します)

【場 所】 東京大学本郷キャンパス 小島ホール 2F 第 3 セミナー室

【ゲスト】 Professor Patrick Wallis(London School of Economics, managing editor of Economic History Review

【募集対象】 経済史・経営史を専攻する若手・中堅研究者

【応募方法】 政治経済学・経済史学会ホームページ(http://seikeisi.ssoj.info/)より、 応募用紙をダウンロードの上、必要事項と報告要旨(300 単語以内の英文)を記入し、12 月 6 日(金)17 時までにメールの添付ファイルで歴史家ワークショップ 事務局(rekishika.workshop[at]gmail.com)宛にお送り下さい。なお、採否の結果は、下記の合同準備委員会の審査を経て、12 月旬までに連絡いたします。

【備考】
(1)報告は1本 20-30 分、講評と討論を 20 分で行う予定です。使用言語は英語です。 ※討論時間等は報告者数によって変動します。
(2)報告者は、共催学会の会員および歴史家ワークショップのイベント参加経験者が優先 されます。大学院生・若手・中堅の応募を歓迎します。(年齢は関係ありません)
(3)採用された方は、2020 年 1 月 5 日までに 4000-10000words のドラフトを歴史家ワークショップ事務局へ提出してください。
(4)歴史家ワークショップでは、校閲ワークショップも開催しています。詳細は下記 URL をご覧ください。https://historiansworkshop.org/category/other-event/revising-your-drafts/
(5)首都圏以外の地域にお住まいの大学院生・PD・非常勤限定で、トラベルグラント (実費ベースで最大 3 万円まで)を支給します(若干名)。

【運営委員】
大塩量平(大東文化大学経済学部)
小島庸平(東京大学大学院経済学研究科)
山本浩司(東京大学大学院経済学研究科)

ワークショップ 開催のお知らせ(※教室変更)迷える子羊たちのために~論文執筆の処方箋~

迷える子羊たちのために 論文執筆の処方箋

企画趣旨

研究におけるゴールは、論文の執筆や学会発表というかたちで明示することが挙げられるでしょう。しかし、ここに至るには常に思考を反復しなければならず、わたしたちは試行錯誤を繰り返しています。このなかで、わたしたちはどのようにアイディアを育てているのでしょうか?
そこで、参加型のプログラムを企画しました。
西洋史研究者とアウトライン・ライティングの専門家より、執筆の過程について、どのようなことを問題と感じ、どう対処してきてこられたのか、失敗談を交えてお話しいただきます。
また、みなさんが研究を進めるときの試行錯誤についてグループ・ディスカッションし、それがどのような形になるのか分類・言語化します。これを通じて、論文執筆の方法を探っていきましょう。
人数を把握するため、登録フォームよりご登録をお願いいたします。

 

【日時・場所】

2018年9月9日(日)14:00~17:45

東京大学本郷キャンパス 小島ホール1F 第2セミナー室

→ 2F第3セミナー室に変更になりました(2018年8月28日追記)

 

【講師プロフィール】

隠岐さや香(OKI Sayaka)
名古屋大学経済学研究科 教授
科学史研究。18世紀西洋を中心に、科学の専門職業化、理工系・人社系の分岐など、学術の営みがいかなる制度や境界を作り出したかを調べている。著書に『科学アカデミーと「有用な科学」』『文系と理系はなぜ分かれたのか』など。

青谷秀紀(AOTANI Hideki)
明治大学文学部 准教授
京都府出身。専門は中世ヨーロッパ史、史学史。著書に『記憶のなかのベルギー中世』(京都大学学術出版会、2011年〔単著〕)、『コミュニケーションから読む中近世ヨーロッパ史』(ミネルヴァ書房、2015年〔共著〕)など。

Tak.(たく)
ライター/リサーチャー
アウトライン・プロセッシングのエバンジェリスト。知的生産・執筆からタスク管理、買い物リストまで「文章を書き、考える」あらゆる用途でのアウトライン・プロセッシングを探求。著書『アウトライン・プロセッシング入門』他。

 

参加登録はこちらからお願いいたします。

https://goo.gl/7oEgsY

※定員は45名です。

※ご参加にあたってサポートを必要とされる場合は、その内容について以下のお問い合わせ先までお申し出ください(8月31日まで)。

お問い合わせ先

纓田宗紀(東京大学大学院西洋史学研究室博士課程)

soki.oda[@]gmail.com

2017年5月21日「Skills workshop: How to get your articles published」開催レポート

unnamed-6
報告をされる鶴島教授

1. 企画概要・趣旨

 2017年5月21日、日本西洋史学会大会の終了後、一橋大学の職員集会所にて歴史家ワークショップが開催されました。遅い時間にもかかわらず40名を越える参加者を迎え、趣のある会場で活発な議論が交わされました。 Continue reading “2017年5月21日「Skills workshop: How to get your articles published」開催レポート”

2017年5月21日「Skills workshop: How to get your articles published」

日時:2017521日(日)17:15-19:45【終了時刻は予定】
会場:一橋大学国立西キャンパス 職員集会所
   http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/ (地図の8番)

スピーカー
鶴島博和 (中世イングランド史・熊本大学)
大場はるか(近世ドイツ史・久留米大学)
高橋亮介 (古代ローマ史・首都大学東京)
山本浩司 (近世イングランド史・東京大学)

趣旨

Continue reading “2017年5月21日「Skills workshop: How to get your articles published」”

ワークショップ報告 ”How to get published”

先日5月22日に行なわれたワークショップHow to get publishedは、予想を上回る40人以上の方にご参加いただき、立ち見もでる大盛況となりました。当日は真保先生、山口先生からそれぞれ英語モノグラフ出版までの道のりをご説明いただき、さらにbook proposalや、原稿準備時の工夫や編集者とのメールでのやりとりまで、詳細なお話を頂きました。30分以上あった質疑応答では、活発な議論がなされ、国際的なチャネルでの成果発表への関心の高さを改めて感じることができました。また、西洋史学会の2日目に併せた開催でしたが、西洋史に限らず、都市計画、社会学、また出版社の方などもご参加されていたことも印象的でした。会場で行なったささやかな懇親会も和やかな雰囲気で盛り上がり、今後も定期的にこのような機会を持つことができれば、と感じる方も多かったかもしれません。

当日お願いしたアンケートでは「次にワークショップをやるとしたら、何をやりたいか」をお尋ねしました。結果は以下の通りです。これをふまえ、次回ワークショップは、プレゼンの仕方と練習の機会となるようなものにしたいと考えています。

今後どのようなワークショップを期待するか

(複数回答あり)
英語プレゼンの仕方と練習 8
雑誌論文の書き方および練習 6
学会発表応募時のアブストラクトの書き方 3
在野での研究継続方法 2
プロポーザルの書き方 2
日本での西洋史研究継続の方法
archive researchと日本での調査のバランス
1
領域横断的研究のやり方・研究の進め方 1
科研費活用法 1
他言語のHow to get published 1
留学についてアドバイス 1
ライティング・グループ 1