2nd Early Career Conference 開催記録

【会の概要】

2020年8月31日(月)13時より、歴史家ワークショップは第二回 Early Career Conference(以下、本文中ではSECCと略記)を開催しました。

SECCでは、スピーカーとして国内外の研究機関と大学から6名の若手研究者に報告を依頼しました(当日のプログラムにつきましては、こちらをご参照ください)。また、報告とSECC全体に関するコメンテーターとして、同志社大学グローバル地域文化学部の水谷智先生をお招きしました。当日の司会進行は、東京大学大学院総合文化研究科の稲垣健太郎が担当しました。

【開催趣旨】

SECCは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、大規模な学会のみならず、小・中規模の研究会等が全世界的に中止・延期を余儀なくされる状況下、企画・運営されました。本イベントの企画時点でも、オンラインに移行して学会や研究会が開催されています。こうした移行を一時的なものとしてのみ考えるのではなく、新型コロナウイルス感染拡大の影響でアカデミアが直面している様々な変化の一環として捉えつつ、SECCの企画・運営が進められました。本カンファレンスの開催趣旨として、以下の2点を挙げることができます。

1. 上述のような困難な状況においても、国内外の大学・研究機関に所属する大学院生・若手研究者に研究報告の機会を提供すること。また、オンラインでの報告機会が今後増える可能性を考慮し、オンラインでの報告について学ぶ機会を用意すること。

2. 専門分野の知見を必ずしも共有しない、幅広いオーディエンスに向けて研究成果を伝えるにあたり、どのように報告内容を整理し、発表するか。また、報告に対していかに効果的に質問をするか。

英文校閲ワークショップや Research Showcase、2018年に開催された第一回 Early Career Conferenceなど、歴史家ワークショップがこれまで実施してきた試みと同様に、SECCも「幅広い読み手・聞き手に対してどのように研究の核心や新規性、独自性をわかりやすく伝えるか」という点を特に重視しました。

【発表とコメント】

SECCでの報告のテーマは、多様な地域と問題関心にわたりました。以下にそれぞれの報告の概略を示します。

  • 20世紀の上海におけるアメリカ人宣教師の子どもたちが、異国の地でどのようにアイデンティティを形成したのかを、回顧録における食という側面から考察する。
  • 第二次世界大戦後のアメリカにおける国際関係論の学問としての制度化とその背後に垣間見える意図を、ロックフェラー財団とアカデミアの関係に注目しながら明らかにする。
  • 19世紀前半における阮朝の交易を、東南アジア海域史の文脈や西欧諸国との関係性から分析する。
  • 11世紀のグラナダ王国ズィーリー朝君主アブドゥッラー・ブン・ブルッギーンの自伝を中心に、アラビア語文献史における自伝というジャンルやそれらに仮託された書き手の意図を考察する。
  • 20世紀前半のチェコスロバキアにおける共産主義の拡大を、ソビエト連邦という外在的な要因によってではなく、チェコスロバキア内部の要因から分析・説明する。
  • 20世紀のフランスにおける結婚広告の調査を通じて、パートナーに求める要素が即物的なものから非即物的なものへと変化していった、という仮説を検証する。

いずれの報告も、分析の視角や手法・資史料、そこから導かれる帰結の点で興味深いものでした。それぞれの報告者が、先行研究との関係から研究の独自性を打ち出し、研究がより広い文脈において有する含意 (implication) を示すことに成功していました。

報告後の質疑応答では、事実確認に止まらず、どのように研究をさらにより大きな知的文脈に位置付けるか、という点にも議論が及びました。

以上の報告を受けて、水谷先生からは、研究者のキャリアパスの様々な段階において、読み手や聞き手の反応を予想しながら研究成果を発信していくことの重要性、またキャリアのはやい段階で幅広いオーディエンスに向けた報告を意識する必要がある、というコメントをいただきました。

【おわりに】

SECCは、今年度実施されている歴史家ワークショップの他のイベントと同様に、オンラインで開催されました。オンラインでの国際的な学会の企画・運営という経験は、運営に当たった私たちにとっても初の試みとなりました。オンライン開催に伴い、日本のみならず、ヨーロッパやアジアから、合計20人ほどの皆さまにご参加いただきました。

報告を伺い、質疑応答に参加するなかで、私自身が幅広いオーディエンスに向けて報告をする際にどのように情報を整理するか、オンラインで自身の主張を伝える際に、内容的な面のみならず、伝達の方法をどのように工夫するか、という点を考えるきっかけになりました。また、短い時間のなかで、建設的な質問をすることを意識しながら、今後のカンファレンスや学会に臨みたいと感じました。

報告者からは、議論を整理するだけでなく、スライドをどのように効果的に作成するかについても考える機会になったという感想をいただきました。

【謝辞】

末筆ながら、今回のSECCの開催に当たってご協力いただいた共同企画者と歴史家ワークショップの皆さま、CfPとカンファレンスの告知に際してご協力いただいた皆さま、ご多忙のなかコメンテーターを引き受けてくださった水谷先生、そしてご参加下さった皆さまに感謝いたします。ありがとうございました。

稲垣健太郎

2nd Early Career Conference 開催のお知らせ

Historians’ Workshop では、以下の要領で大学院生・若手研究者の研究報告会 “Second Early Career Conference” を開催します。

国内外の若手研究者が多様なテーマについて発表する貴重な機会となっております。参加登録の締め切りは8月28日です。皆様のご参加をお待ちしています。

開催概要

日時 / Date: Monday 31 August 2020, 13.00-19.00 (JST)
場所 / Place: Zoom (the meeting link will be sent via email on 29 August 2020)
参加登録フォーム / Registration formhttps://forms.gle/iVmkzaFyhtzMRNKa7

Speakers

Session1: 13.10-14.20

Hayley KEON (University of Hong Kong)
Consuming the Nation: Food, Drink, and Diaspora in the American Missionary Memoir

MORIE Kento (Kyoto University)
Religion, Realism, and the Cold War: The Rockefeller Foundations’ Interests in the Funding of International Relations Studies and Christian Morality

Session 2: 14.35-15.45

CAO Thi Van (Nanyang Technological University, Singapore)
Vietnamese King Ships Trade with Singapore, 1820-1847

Mohamed EL-MOURSI (EHESS, France)
Writing the Self in Pre-modern Arabic Culture: The Case of ʿAbd Allāh B. Buluggīn and His Book, al-Tibyān

Session 3: 16.00-17.10

Dr. Quentin LIPPMANN (University of Essex)
From Material to Non-Material Needs? The Evolution of Mate Preferences through the 20th Century in France

Pavel KREJCI (University of Hong Kong)
From Western Liberalism towards Czechoslovak Socialism

17.20-17.40: Comments from Prof. Dr. MIZUTANI Satoshi (Doshisha University)

17.40-17.50: Concluding remarks

18.00-19.00 Coffee & Teatime

This conference is organized by: INAGAKI, Kentaro (The University of Tokyo), HUH, Duim (The University of Tokyo), KITAGAWA, Ryota (Hiroshima University), SUZUKI, Kengo (The University of Tokyo), and YAMADA, Tomoki (Kyoto University)

If you have any questions or clarifications, please contact at:
INAGAKI, Kentaro (inagaki-kentaro157@g.ecc.u-tokyo.ac.jp

Call for Papers 報告者募集: Second Early Career Conference

Historians’ Workshop cordially invites proposals for the Virtual Early Career Conference. The conference will be held on 31st August, 2020. We seek for papers on any topics, periods, and regions from across the historical scholarship. Faced with the global pandemic of COVID-19, academia is currently undergoing dynamic changes. A number of annual conferences as well as small academic meetings have moved online. These transitions reflect a widespread conviction that numerous changes of these days are long-lasting transformations.

We believe that such online platforms enable us to communicate more easily beyond spatial boundaries. Accordingly, we propose to initiate an interaction among young scholars beyond both disciplinary and geographical borders.

We would like to invite young scholars from various fields of the historical scholarship, including art, gender, political, economic, social, cultural, and intellectual history. Thus far, early career researchers have often presented at discipline-specific conferences where audiences share background knowledge. But we find it harder to get opportunities to present our papers to fellow historians who do not necessarily share the expertise. This Virtual Early Career Conference fills this gap, and provides an avenue for sharing our research with broader audiences. To do this, we need to organize and arrange contents more concisely and effectively. And for this purpose, we invite an experienced scholar as a commentator.

In order to improve presentation techniques in online settings, which is another aim of this conference, speakers are warmly invited to attend an optional rehearsal session, held earlier on the conference. We hope that through this conference we could also build an international network among young historians.

Paper abstract up to 250 words in English and a 1-page CV should be sent to: inagaki-kentaro157[a]g.ecc.u-tokyo.ac.jp (Kentaro Inagaki) by 26 July, 2020. The results will be noticed no later than on 31 July, 2020.

For questions and clarifications, please contact at inagaki-kentaro157[a]g.ecc.u-tokyo.ac.jp (Kentaro Inagaki)

Details:
Abstract Submission due: 26 July 2020
Eligibility: Postgraduates and anyone within 8 years of finishing a doctoral degree
Venue: Zoom
Date: 31 August 2020 (13: 00-18: 00 JST, full schedule TBC)
Format: presentation (20minutes) + Q&A session (15 minutes)
Registration Fee: Free
Language: English

2018年9月11日 Early Career Conference 開催報告

Research Showcaseの関連イベントとして、2018年9月11日にEarly Career Conferenceを開催しました。大学院生からポスドクまでのキャリアステップにある若手研究者の報告会で、歴史学研究者がカンファレンスにおける研究発表と司会進行(チェア)の経験を積むことを目的とするものです。

20180911_063253535_iOS.jpg

初回にあたる今回は、東京のほかにシンガポールや香港、スコットランドから国際色豊かな6名のスピーカーが集まりました。東アジア経済史のポスドク研究員ラッサーン・モアッジン氏による30分の基調講演のあと、博士課程・修士課程の大学院生にそれぞれ20分の持ち時間で研究内容を報告していただき、すべての発表に20分間のQ&Aセッションを設けました。

加えて、若手研究者の発表スキル向上のために、当日の朝にすべての発表者が司会と発表のリハーサルを行い、相互にフィードバックを行いました。これによって、参加者全員が話し方や発表の構成、スライドの表現について改善案を学ぶことが出来ました。

Photo 2018-09-11 17 51 01.jpg

当日の運営は東京大学総合文化研究科地域文化研究専攻の貝原伴寛(博士課程・フランス近世史)と照井敬生(修士課程・イギリス文化政策研究)が担当しました。専門分野もキャリアも異なる若手研究者・学生が一緒に発表をするという試みながら、合計で約20名の参加者が集まり、打ち解けた雰囲気で、各セッションの質疑応答は大いに盛り上がりました。

懇親会では、細かい専門分野を超えて若手研究者が国際的にネットワークを築く必要性を再確認し、上海・シンガポールの学生も今後同様の活動に取り組む意志を見せていました。

20180911_125234791_iOS.jpg

以下報告者向けにおこなったアンケートの回答を抜粋して紹介します。

今回の報告会で学んだこと、楽しいと感じたこと

  • 「リハーサルセッションと打ち解けた社交の時間に加えて、学会本番中での、国際色ある聴衆との質疑応答から多くを学び、楽しむことが出来た。専門外の研究者から飛んでくる鋭い質問の数々を受け止めるのは素晴らしい経験だった」
  • 「幅広い研究者の前で自分の研究成果を発表し、彼らと知り合うことが出来たのは喜ばしい経験だった」
  • 「特に印象的だったのは、国際的な今回のプラットフォームに、熱意ある若手歴史学者が世界中から集まって意見交換を行い、親睦を深めていることだった。これは若手研究者にとって大きな励みになると思う」
  • 「他の若手研究者と知り合うことが出来たのは非常に有益な経験だった。研究の話のみならず、若手人文学者の状況についてもっといろいろと話していたかった。参加者同士で問題や関心を共有しており、お互いに助け合うことが出来ると思う」

本報告会への参加が今後のキャリアと研究にどのように役に立ちそうか

  • 「今回の会議は、若手研究者にとって非常に役立ち、知的に得るものが多い環境だった。私自身が将来は他の研究者とこうした場を築いていきたいと思う」
  • 「今後とも同様の趣旨の国際会議に参加していこうと思う」
  • 「リハーサルを通じて発表の技術と発表内容を磨いたうえで、発表の経験を積むことが出来たのがよかった。発表に対する質問も会議そのものも協力的で建設的なもので、将来の研究に大いに役立ちます」

まとめ
今回のEarly Career Conferenceは、若手研究者が、国際学会での発表に必要な経験と会議運営の技術を身に付ける舞台を用意することを目的として始まった企画でした。結果として、多様な研究関心とバックグラウンドの研究者による活発な意見交換と研鑽の場を参加者全員で作ることが出来ました。

我々は、歴史学・人文科学の国際的な発展に貢献するべく、今後とも多様なイベントを企画・実施していく予定です。
運営の貝原・照井はともに、今回のイベントのためにHistorians’ Workshopに初めて加わり、企画・運営を一から行いました。報告者の募集から広報資料の作成、会場の準備など、普段参加しているような学会の舞台裏を体験することができました。複数の参加者と連絡をとっていくことや、当日の進行のペース配分など、大変に思われたこともありますが、今後の学会の企画や運営に必要不可欠な経験を積めたと感じています。

Historians’ Workshopは今後とも新たな企画を立案・実施していきます。企画・運営に携わっていただけるという方々は、是非ともご連絡ください。

Announcement: Early Career Conference, 11 September 2018(イベント開催のお知らせ)

Historians’ Workshopでは以下の要領で大学院生・若手研究者の研究報告会「Early Career Conference」を開催します。海外の若い研究者の取り組みに触れることができる貴重な機会です。奮ってご参加ください!


Historians’ Workshop: Early Career Conference

日時 / Date: 11 September 2018

場所 / Place:  Seminar Room 1, Kojima Hall, the University of Tokyo (Hongo Campus)

時間 / Time: 13:00-19:00

 

Speakers

Dr Ghassan MOAZZIN / University of Tokyo

Gold and Silver: German Bankers and the Financial Internationalisation of China (1885-1919)

Shuang WU / University of Hong Kong and King’s College London

Domesticating Migration: Oral History and Chinese Motherhood in colonial Hong Kong, 1945-59

Josiah HO Chit Ian / Nanyang Technological University, Singapore

A Bureaucratized Hawker Culture: Narratives of Bureaucracy in Singapore Hawker Culture from the Postcolonial to the Present

Grace TEO / Nanyang Technological University, Singapore

Negotiating Time in British Malaya: Colonial Singapore’s Role in the Malay Archipelago’s Time Legislature, 1895 – 1933

Jeremy GOH / Nanyang Technological University, Singapore

Modern Hokkien Banking in Prewar Singapore and Asia: The Vicissitudes of the Ho Hong Bank (1917–1932)

Kosuke NAKADA / University of St Andrews, UK

From Rome to Armenia? Some Remarks on a 10th-Century Armenian Text on the Translation of Apostolic Relics

 

For further information, please contact:

Takao TERUI (icprterui[a]gmail.com)

Tomohiro KAIBARA (tomohiro.kaibara[a]gmail.com)

 

ECC_POSTER.jpg

 

Early Career Conference (11 September 2018): Call for Paper/発表者募集のお知らせ

Historians’ Workshopではリサーチ・ショーケースの発展版イベントとして、若手研究者の研究報告会Early Career Conferenceを開催します。以下の通り発表者を募集しますので、奮ってご応募ください。


Historians’ Workshop invites paper submissions for the newly launched Early Career Conference to be held on 11 September 2018, at the University of Tokyo (Hongo campus), Japan.

Graduate conferences are often run by universities and subject-specific associations. Our aim is to complement these by opening ourselves up to all sub-fields in order to accelerate communication among fellow scholars across the entire historical discipline. We therefore invite original papers on any historical subject: political history, economic history, art history, history of ideas, gender history, etc. Any themes will be welcome! Submissions are due 11 August 2018.

While the conference provides an opportunity to polish your ideas and arguments, it is also intended as an occasion to reflect upon more technical aspects of academic presentation: it is not just about what to talk but also how to present. Speakers are warmly invited to attend an optional rehearsal session, held earlier on the day, to specifically discuss how to improve their presentations. They will also have a chance to take part as a session chair facilitating other speakers’ presentations. Early career researchers, seize this rare opportunity to prepare yourself for larger international conferences in the future!

Details

Abstract submission due: 11 August 2018

Eligibility: Postgraduates and anyone within 8 years of finishing a doctoral degree

Venue: Seminar Room 1, Kojima Hall, the University of Tokyo (Hongo campus)

Date: 11 September 2018, 13:30-18:00

Format: presentation (20 minutes) + Q&A session (20 minutes)

Registration Fee: Free

Language: English

*The Conference will offer travel grants to a limited number of speakers.

Application Process

Those wishing to present at the conference are invited to provide:

(1) Email address

(2) Your name(s)

(3) Title of your paper

(4) Abstract (200-250 words, in English)

(5) Institutional affiliation

(6) Past experience of English presentations in conference

in the following form: https://goo.gl/forms/INAPw4H3F7onx8WM2

The result of abstract reviews will be given on 13 August 2018.

This event is organised by Takao TERUI (icprterui@gmail.com) and Tomohiro KAIBARA (tomohiro.kaibara@gmail.com), both students at the Graduate School of Arts and Sciences, the University of Tokyo. Should you have any queries, please contact us.