Research Showcase

2019年8月1日第8回リサーチ・ショーケースを開催いたします

8th Research Showcase
日時:2019年8月1 日 (木) 17:30-21:00
場所:東京大学本郷キャンパス小島ホール2F 第3セミナー室
地図:ページ下をご覧ください

第8回Research Showcaseのプログラムの詳細がきまりましたので、お知らせいたします!以下のリンクをご覧ください(JPEGファイルが開かれます)。

第8回Research Showcaseのプログラム

本年2月の大阪での開催を経て、Research Showcaseが東京にて再度開催されます! 今回の Research Showcase でも、発表者には発表を事前に準備していただき、当日各自の研究テーマについて8分という短い時間で、専門をかならずしも共有しないオーディエンスに、コンパクトにご自身の研究を伝えるプレゼンテーションをおこなっていただきます。発表とその後の質疑応答はいずれも英語でおこないます。今回は、大阪大学のPierre-Yves Donzé教授をゲストコメンテーターとしてお招きします!

大学や専門分野をまたいで意見交換をしたい方、英語でのプレゼンテーションスキル向上を目指す方、今後Research Showcaseでの発表をお考えの方は是非ご参加ください!

【発表一覧】

窪信一 Shinichi Kubo, University of Tokyo
‘Reading and Using an Ancient Authority of Gregory of Nazianzus: A Byzantine Literary Tradition’

早矢仕悠太 Yuta Hayashi, University of Tokyo
‘The Making of Islamic Legal Theory: Reclamation of Uncultivated Lands from the Eighth to Tenth Centuries.’

柴田隆功 Takanori Shibata, University of Tokyo
‘Learning Process of Administration: The Interaction between Kingship and Church under Henry I of East Francia, 919-936’

米倉美咲 Misaki Yonekura, Kyoto University
‘Louis de Berquin and the Emergence of Protestant-Catholic Binary in Early Sixteenth-Century France ‘

池田真実子 Mamiko Ikeda, Kyoto University
‘Expressionism and New Objectivity in Early Twentieth-Century German Art’

山田智輝 Tomoki Yamada, Kyoto University
‘Frederick Lugard’s Education Policies and the Politics of Comparison Between British Colonies in the Early TwentiethCentury: India, Nigeria, and Hong Kong’

赤﨑眞耶 Maya Akazaki, Tokyo University of Foreign Studies/ Université Paul-Valéry Montpellier 3
‘Imagining an Independent Nation: Laotian Elites between Thailand and the French Empire, c. 1945-c. 1950’

【連絡先】
Kayoko Ichikawa (Keio University) kayoko.ichikawa[at]icloud.com
Koji Yamamoto (University of Tokyo)   kyamamoto[at]e.u-tokyo.ac.jp

*本イベントは、一般社団法人東京倶楽部文化活動助成金の支援を受けて実施されます。記して御礼申し上げます。

◇会場地図 東京大学本郷キャンパス 本郷三丁目駅から徒歩約10分
Research Showcase

2019年8月1日第8回Research Showcase発表者募集のお知らせ

Historians’ Workshopでは、外国語で学問的コミュニケーションを行う機会を提供するため、リサーチ・ショーケースを開催してきました。発表・質疑応答をすべて外国語で行うことで、発表者・参加者の双方が外国語での学問的コミュニケーション実践の場をつくっています。

第8回となる今回は、東京大学にて使用言語を英語に限定して開催します。英語での発表スキルの向上をめざす全ての歴史研究者に開かれた会にしたいと考えています。日本史・東洋史・西洋史・思想史・社会経済史・国際関係・歴史地理等のあらゆる分野から、広く発表者を募ります。

※ 過去のリサーチ・ショーケースについては、以下のサイトをご覧ください
https://historiansworkshop.org/category/research-showcase/
(10/11に京都で開催する第9回の詳細はこちら)

************************************************************************
日   時 : 2019年8月1日(木) 17:30~21:00
会   場 : 東京大学本郷キャンパス小島ホール2F 第3セミナー室
フォーマット: 一人あたり、発表8分+質疑応答7分
使用言語  : 英語
応募条件  : 学部4年生以上の歴史研究者
募集人数  : 6名
(今回発表のチャンスを得られなかった場合、次回以降優先的に発表の機会が与えられます)
参加費   : 無料
応募方法  : 発表希望者は、2019年6月14(金)17時までに以下のサイトにある応募フォームに記入し、送信してください
URL    :  https://forms.gle/KWKc84XawLqeFWNy9
ポスター  : ダウンロードはこちら

************************************************************************

【リサーチ・ショーケースで発表するメリット】

1)発表原稿への事前のフィードバック
発表者は、開催日の2週間前に発表原稿を提出することで、ワークショップメンバーから事前にライティングや構成についてフィードバックを受けることができます。このため、ライティングスキルが向上し、発表にも自信をもって臨むことができます。当日は、参加者からフィードバックも得られます。 Continue reading

Research Showcase

2019年2月14日(木)Research Showcase in Osaka 発表者募集のお知らせ

第7回リサーチ・ショーケース開催のご案内

Historians’ Workshopでは、外国語で学問的コミュニケーションを行う機会を提供するため、リサーチ・ショーケースを開催してきました。発表・質疑応答をすべて外国語で行うことで、発表者・参加者の双方が外国語での学問的コミュニケーション実践の場をつくっています。

第7回となる今回は、西日本での開催の要望をふまえ、大阪大学にて使用言語を英語に限定して開催します。英語での発表スキルの向上をめざす全ての歴史研究者に開かれた会にしたいと考えています。日本史・東洋史・西洋史・思想史・社会経済史・国際関係・歴史地理等のあらゆる分野から、広く発表者を募ります。

※ 過去のリサーチ・ショーケースについては、以下のサイトをご覧ください
https://historiansworkshop.org/category/research-showcase/
********************************************************************************
日   時 : 2019年2月14日(木) 17:30~20:00
会   場 : 大阪大学豊中キャンパス法経研究棟605号室
フォーマット: 一人あたり、発表8分+質疑応答7分
使用言語  : 英語
応募条件  : 学部4年生以上の歴史研究者
募集人数  : 6名
(今回発表のチャンスを得られなかった場合、次回以降優先的に発表の機会が与えられます)
参加費   : 無料
応募方法  : 発表希望者は、2018年12月14(金)17時までに以下のサイトにある応募フォームに記入し、送信してください
URL    : https://goo.gl/oHyzvS
ポスター  : ダウンロードはこちら
********************************************************************************
Continue reading

RE. F. Workshop

【講演会】11/11(日) 展覧会「ルーベンス展―バロックの誕生」を3倍楽しむ

去る8月、国立西洋美術館の展覧会「ミケランジェロと理想の身体」にあわせ、当時の時代背景等を解説する講演会を開催し、非常な好評を得ました。この講演の成功を受け、このたび同美術館で開催される「ルーベンス展――バロックの誕生」(会期2018年10月16日~2019年1月21日)にあわせて、展覧会の楽しみ方を提案する講演会をふたたび開催いたします。

【日時・場所】

2018年11月11日(日)14:00~17:30
東京大学本郷キャンパス 小島ホール2Fコンファレンス・ルーム
地図:https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_03_j.html

【参加費・事前登録】

無料・事前登録サイト → https://goo.gl/forms/XQGfX9IL9BTyATor1 Continue reading

Skills Workshop

2017年5月21日「Skills workshop: How to get your articles published」開催レポート

unnamed-6

報告をされる鶴島教授

1. 企画概要・趣旨

 2017年5月21日、日本西洋史学会大会の終了後、一橋大学の職員集会所にて歴史家ワークショップが開催されました。遅い時間にもかかわらず40名を越える参加者を迎え、趣のある会場で活発な議論が交わされました。 Continue reading

Revising your Drafts

2017年10月「Revising Your Drafts」 英文校閲ワークショップ (3,10,17日開催)

日程と内容(予定)
2017年10月3日 午後7時より
東京大学本郷キャンパス
仮”Actions”

2017年10月10日 午後7時より、
東京大学本郷キャンパス
仮テーマ ”Characters”

2017年10月17日 午後7時より
東京大学本郷キャンパス
仮テーマ ”Cohesion and Coherence”

企画
野原慎司・山本浩司
本ワークショップへの参加には事前登録が必要です。

使用テキスト

Joseph M. Williams, Style: ten lessons in clarity and grace, Longman. (版はいろいろありますが、手に入りやすいもので入手お願いいたします。山本は練習問題の付いている第5版を使っています。) 事前に上記箇所をお読みください。(版により多少Lessonの順番が違っているかもしれませんが、上記仮テーマをご参照ください)。
参考書
C. Booth, G. G. Colomb, J. M. Williams, The craft of research (The university of Chicago Press)です。版は最新版。(こちらは余裕があれば取り上げます )

初回に持参するもの
指定のテキスト(入手困難な場合は、野原か山本まで事前にご連絡ください)

  • 学会発表・論文などの原稿(任意の5ページくらいをコピーして持参)
    (ない場合は、学会発表のアブストラクトや、Research Map等website用の短いresearch statementでもよいので、推敲してみたい文章を持ってきて下さい。)
  • 自分の分野で影響力のある英語雑誌論文の要旨(コピーを一部持参)

目的:なんのためのワークショップか
 Non-native speakerが外国語で論文を書くのは容易なことではない。英文校閲業者にネイティヴチェックを依頼した論文でも、査読者に語学的問題を指摘された経験を持つ人もいるだろう。実際「文法的には間違っていない」文章でも、読みにくい文、内容が伝わらない文、というものがある。それはどのようなものか。Native speakerの研究者に助言を求めても、彼らにとっては当たり前であるがゆえに伝えるのが難しいところでもある。

実例を挙げてみる。

1-1
😦               The representation of the ‘projector’ who pursued the promotion of allegedly impractical and fraudulent schemes is widely known to have provided a point of reference against which the construction of authority was attempted by Newtonian philosophers such as Johan T. Desaguliers.

1-2
😀             It is well known that Newtonian philosophers such as JohanT. Desaguliers defined their authority against the ‘projector’, a promoter of allegedly impractical and fraudulent schemes.

一つ目に近い英文を書いていたら、仮に議論自体が素晴らしく、また語彙力があったとしても、査読論文をアクセプトさせるのは難しいかもしれない。逆に二つ目の文体で良い議論を展開すれば、仮に冠詞や前置詞の使い方などに若干違和感があっても、査読者は内容に集中しやすいので、適正な評価をしてくれる可能性が高いだろう。では、1-2を読みやすく感じるのはなぜか。この違いはネイティブの人でもすぐに説明できない場合がある。1-1の読みにくさの一つの原因は、関係代名詞(who pursued / against which)が2度使われていることにある。これは比較的単純な問題だ。もう一つの、より複雑な原因は、意味上のkey character ‘Newtonian philosophers’が、文法上の主語になっていないことにある。(文法上の主語は抽象概念the ‘representation of the “projector”’。) このように、抽象的な概念(特に読者にとって新奇な概念)から始まる文章は、頭に入ってきにくい。ここで、文法上の主語に下線を引き、意味上のkey characterを斜体にしてみる。

1-1
😦               The representation of the ‘projector’ who pursued the promotion of allegedly impractical and fraudulent schemes is widely known to have provided a point of reference against which the construction of authority was attempted by Newtonian philosophers such as Johan T. Desaguliers.

1-1では、最後まで読まないとkey characterが誰で、何をしているのか判然としないことがわかる。これが分かりにくさの原因だ。ここで、1-2をみてみよう。

1-2
😀             It is well known that Newtonian philosophers such as JohanT. Desaguliers defined their authority against the ‘projector’, a promoter of allegedly impractical and fraudulent schemes.

1-2の読みやすさの原因は、a) key character文法上の主語になっていること、b) その主語=characterが冒頭近くに配置されているために、主要なアクターが誰であるか、読み出して数秒で把握できること、c) そのkey characterのactionが、平易な動詞‘defined’(太字)
で指定されていることの三点に集約される。 また1-1では、d)文の内容が、想定読者と共有されたcommon knowledgeについての命題であるということが判明するのは ‘… is widely known’というフレーズが出てくる文の途中となっている。これが読者に紛らわしい印象を与えている。1-2のように、最初にIt is well knownと言ってしまえば、その段階で読者と共通了解が成立する。そのうえで残りを読んでもらうことで、理解しやすい印象を与えることが可能となる。

校閲を業者に頼むにしても、文法的には誤りではない1-1のような悪文をどこまで修正できるかは、未知数だ。この二つの文に潜む違いを誰も教えてくれなかったせいで、僕はずいぶんと苦労した。自分の文章を1-1から1-2へ推敲する技術があるのだ、それはスキルとして習得可能なんだと知っていたら、どれだけ楽だったことか。

私自身、ネイティヴでも帰国子女でもない。けれどもイギリスで修士・博士課程をやり、その後ポスドクを続けていくプロセスで、以上のような校閲の知識をある程度までは身につけることができた。それでも「本当ならもっと早くに知っておきたかった」と思えることはたくさんあった。それらをみなさんと共有すること、特に自分や他人の書いた文章の「読みやすさ」の背景にあるサイコロジーを理解し、読者の気持ちを踏まえた文章校閲の技術を身につけるための一つの「きっかけ」を提供すること、これが本ワークショップの狙いになるだろう。

校正のスキルライティングスキル

校正のスキルは、いわゆる「ライティング・スキル」とは違うことに注意してほしい。白紙のページにいきなりpublishableな文章を書き始められるのでないか、それが出来ない自分は「語学力がたりない」のではないか、そうした心配は「まやかし」であり、誤った前提であることを真っ先に強調しておきたい。確かに文法も語彙力も大切だ。けれど誰だって(ネイティブの大教授だって) ひどいearly draftsを書いたりするのだ。最初からよい文章を書ける必要は、断じてない。大事なのは、徐々に文章の質をあげるための推敲スキルである。だから、あまり気にせずに(あるいはプライドをかなぐり捨てて)ドラフトを共有して頂けたら嬉しい。

Skills Workshop

2017年9月24日「国際学会へ行こう: Making the most out of conferences」開催

国際学会へ行こう
Making the most out of conferences

日時:2017年9月24日(日)17:30-20:00 (交流会の終了予定時刻)
会場:東京大学本郷キャンパス 小島ホール2階 第3セミナー室
地図:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_03_j.html

スピーカー:
岡崎哲二     (近現代日本経済史・東京大学)
壽里 竜        (社会思想史・慶應義塾大学)
豊山亜希     (インド美術史・近畿大学)
サマンサ・ランダオ (比較文学・昭和女子大学)

趣旨
 近年、日本の歴史研究者と海外の研究者との交流はますます盛んになり、外国語での論文執筆や海外の雑誌への投稿も、以前より身近になってきています。しかしながら、 Continue reading