RE. F. Workshop

RE.F. Workshopイベント第2弾 July 1, 2018

【’Who Are Historians?:「歴史家」とは誰を指すんだろう?】

7:1ポスター2.0.001

 

-概要-

第2回「RE.F. Workshop」を、7/1(日)14:00~東京大学本郷キャンパス経済学研究科学術交流棟(小島ホール)第1セミナー室にて、博士号を取得されて間もない新進気鋭の若手研究者—北村紗衣さん(武蔵大学)・坂本邦暢さん(明治大学)・佐藤空さん(東洋大学)—を招いたワークショップを開催します。

 

-企画の趣旨・経緯-

RE.F. Workshopという名前には「研究者(REsearcher)と話題(REFerence)を共有し、皆で熟考(REFlection)する’場’を生む(Fabricate)する」という意味を込めました。‘What fascinates you in your subject?’という問いを大事にしながら、「何故、研究をしようと思ったのか」、「何故、(自分のやっているのは)このテーマ・手法なのか」、より大胆に言えば「何故、そのテーマが面白いのか」を、博士号を取って数年の人たちにお話していただきます。

 

このワークショップは、研究者や研究者を志望する学部生や院生はもちろん、アカデミアの外の一般の方々も巻き込んで、「研究者の問題関心」を聞き、話し合い、シェアすることを目指しています。ひとりひとりの研究者がもつ問題関心の共有を通して、研究者や一般の様々な人が分野を横断して人間的につながることの出来るプラットフォームを作りたいと思いました。研究者がどのような問題関心を持ちながら仕事を行っているのかを、様々な人と共に考える機会となることを願っています。

 

第2回となる今回は、シェイクスピア・舞台芸術史・フェミニズム批評、哲学史・科学史、思想史がご専門の3人の研究者をゲストに迎えます。博士号を取得後数年以内の若手研究者を集めたディスカッションから、参加者みんなで「研究」について考えてみましょう。昨年も同様のイベントを開催し、20名を超える方に参加していただきました。(前回の活動記録)

是非、奮ってご参加ください。

◇追記◇首都圏以外の地域にお住まいの学生限定で、トラベルグラント(若干名・実費ベースで最大2万円まで)を出すことになりました。ご興味ある方は槙野までご連絡ください。(←締め切りました)

参加登録お済みでない方の当日の参加も歓迎です!

 

-登壇者-

・シェイクスピア・舞台芸術史・フェミニズム批評:北村紗衣さん

・ルネサンス哲学史・科学史:坂本邦暢さん

・近世/近代思想史:佐藤空さん

——————–

日時:7/1 (日) 14:00〜

場所:東大本郷キャンパス経済研究科学術交流棟小島ホール1階第1セミナー室(マップ:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_08_01_j.html

タイムスケジュール:

− 13時30分開場

− 14時スタート

− 登壇者それぞれ15分ほどのお話

− 全体とのディスカッション

− 17時30分懇親会(参加費として院生500円/一般1000円いただきます。懇親会からのご参加も大歓迎です!)

共催:Historians’ Workshop, Tokyo Digital History, 歴史コミュニケーション研究会——————–

また、研究者としてのコミュニティを作り、広げ、交流を活性化させたいという思いと、歴史学のアウトリーチを促進したいという考えから、本ワークショップのスピンオフ企画として、これまでMonthly Film Nightを6回、Historians’ Meet-upを2回開催しています。これまでの活動については以下のリンクをご参照ください。

RE.F. Workshop (https://historiansworkshop.org/category/other-event/re-f-workshop/)

 

ご興味を持たれた方はいつでもご連絡ください。

RE.F. Workshop主催者:槙野翔show.you.macky@gmail.com

RE. F. Workshop

Film Night『ウィンスタンリー』 24 May 2018

RE.F. Workshopスピンオフ企画Film Night第6弾◆
今回は、イギリス・ピューリタン革命期の宗教セクト’Diggers’を取り上げた『Winstanley』。この映画にはアドバイザーとして、ピューリタン革命史家Christopher Hillが関わっており、歴史学的に文句のつけようのないクオリティの高さです。
本編の1場面
近世ロンドン都市史の菅原未宇さんが、映画を取り巻く社会的状況の解説もしてくださいました。2時間を超えるディスカッションを持つことができました!
Guardianによるレヴューはこちら↓「Entertainment Grade: C+,  History Grade: A」
IMG_8126
RE. F. Workshop

Film Night『ショコラ』24 April 2018

RE.F. Workshopスピンオフ企画Film Night第5弾◆
今回観たのはEHESS(フランス社会科学高等研究院)歴史学教授ジェラール・ノワリエルが史料の中から発掘したある黒人芸人の生涯を描いた『ショコラ』です。
 
単行本『ショコラ』http://amzn.asia/6qLYoCa
今回は、原作の日本語訳を担当した武蔵大学の舘葉月さんが、解説もしてくださいました。日本でこの映画に一番詳しい方に解説していただき、その後、参加者で活発なディスカッションを1時間半ほど行うことができました。
RE.F. Workshop Film Nightでは、こういった専門家による解説と参加者による議論を大事にしていきたいと考えています。
RE. F. Workshop

Historians’ Meet-Upお花見 1 Apr 2018

Historians’ Workshopを中心として、Weekly Writing GroupRevising English DraftsTokyo Digital HistoryRE.F. Workshopなどの様々な関連ワークショップが、各個人のアイデアから加速度的に増えてきました。でも、自分が参加しているワークショップ以外にどんな活動があり、どんな人が運営し、誰が参加しているのかを、意外に知らないというのが現状ではないでしょうか。

関連したワークショップが、それぞれ個別に運営されるのではなく、コラボ企画なども 生まれれば、より豊かな相乗効果が得られると思います。これから更に自分達の活動を面白く刺激的なものとするために、今回RE.F. Workshopではお花見を企画してみました。

「隣のワークショップを覗いてみよう」ということで、色んな人が交流できるカジュアルなミートアップのイベントです。みんなでご飯やドリンクを持ち寄って色んなお話をしましょう、という趣旨で、開催しました。

14名の参加者歴史学、芸術、美術史、化学、文学など大変多彩な(!)を得ることができました。これからも学問の専攻の垣根を超え、また社会とのつながりの接点としてのこういったMeet-Upイベントを開催していきます!

IMG_7868 2.JPG

RE. F. Workshop

Film Night『1984』23 June 2018

RE.F. Workshopスピンオフ企画Film Night第4弾◆
今回はジョージ・オーウェルの小説を元にした『1984』。
実際に1984年4月から始まる主人公のウィンストンの日記の日付に合わせてに撮られたという、その時にしか存在しない空気を写した面白い試みの映画です。
「名前は聞いたことあるけど、読んだことはない・観たことはない」人も多かったはず。そのため、非常にこの映画から全体主義や今の社会との類似点など盛んな議論を交わすことができました。
—————-
日時:3/23 (金)18:30〜
場所:東大本郷キャンパス経済研究科学術交流棟小島ホール第3セミナー室
『1984』トレーラー
単行本『Nineteen Eighteen Four』http://amzn.asia/0qLo9kp
単行本『1984年』http://amzn.asia/9OCi9w0
RE. F. Workshop

ポットラックパーティ 21 Dec 2017

1221()RE.F. Workshopスピンオフ企画としてパーティを開きました!

今回RE.F. Workshopでは、色んな人が交流できるカジュアルなミートアップのイベントを企画しました。みんなでご飯やドリンクを持ち寄って色んなお話をしましょう、という趣旨です。

目玉企画は『ブック・エクスチェンジ

パーティの際、自信を持っておすすめできる文庫本/ペーパーバックを1冊持ってきてもらいました。それを当日、参加者でくじ引きして交換し合います。「その本の何があなたにインパクトを与えたのか」を少し話してもらうことで、book exchangeがknowldege exchangeになればと思い、この企画を考えました。

写真にある通り、ランダムに各人が何が当たるのかわからないようにくじ引きをし、本が当たった人に対して本をあげる人がプレゼンをするという形をとりました。今まで触れる機会のなかった本に触れることで、これからの本の出会いが変わってくると考えています。皆、いままで手にとることも無かった本と出会ったことで、興味のなかった世界に目が開けたのではないでしょうか。

RE. F. Workshop

Film Night『The Physician(千年医師物語)』30 Nov 2017

今回は『千年医師物語:ペルシアの彼方へ(The Physician)』を題材に、学振PDの篠田知暁さんに自身の研究の面白さについても話してもらいました。
文明の宗教的な寛容性と科学技術的な卓越性があまりに素朴に結び付けられて表象されていることの問題について議論ししました。
実際に使ってらっしゃる史料も持参してくださり、これまでイスラム世界の歴史に触れてこなかった参加者にも、わかりやすく「何がおもしろいのか」というRE.F. Workshopが広げていきたい視点を説明してくださいました!
—————-
日時:11/30 (木)18:30〜

場所:東大本郷キャンパス経済研究科学術交流棟小島ホール第3セミナー室

IMG_7468
RE. F. Workshop

Film Night『薔薇の名前』 26 Oct 2017

今回は『薔薇の名前』。
先日亡くなったウンベルト・エーコの原作を元にした作品ですが、名前だけ知ってるけどまだ観たことがないという人も多いはず。そんな古典映画の代表でもある『薔薇の名前』を題材に、教皇特使について、「笑いの研究」について、記号論についてなど、大変議論が盛り上がりました。
日時:10/26 (木)18:30〜
場所:東大本郷キャンパス経済研究科学術交流棟小島ホール第3セミナー室
『薔薇の名前』トレーラー
RE. F. Workshop

2017年4月22日 RE.F Workshopイベント開催レポート

2017422日東大本郷キャンパス小島ホール第3会議室にて、RE.F. Workshopイベントを開催しました。

20名を超える参加者を得ることができ、15時から21時までディスカッションは大いに弾みました。その後、深夜まで懇親会が続きました。

これまでこういったワークショップはなかったため、主催する際には試行錯誤を繰り返しましたが、盛り上がったディスカッションが会の成功を物語っているのではないでしょうか。

登壇してくださったスピーカーの方々、積極的にディスカッションに参加してくださったオーディエンスの方々、本当に今回はありがとうございました。皆さんのおかげで盛会となり、続いてこれからもイベントを企画していきたいというモチベーションが付きました。今後も、社会とアカデミアを繋ぐ活動を行っていきたいと考えていますので、これからもよろしくお願いします!

主催者:槙野