Research Showcase

2019年10月Research Showcase (京都) 開催レポート

第9回は10月11日に京都大学での開催でした。2月の大阪大学での開催の成功と皆様の要望を受けて、今年二度目の関西での開催を実現することができました。

台風19号の影響で遂行できるかどうか不安もありましたが、遠方からの報告者の発表順番の調整や、旅程の変更に伴う旅費面でのサポートなどの運営委員による対応と、参加者の熱意と協力のおかげで無事に開催でき、しかも33名の参加という大盛況でした。

今回は、日本近代史、日タイ関係史、イギリス史、西洋美術史、中国現代史などさまざまな分野にわたる7名の発表者が集まりました。司会は京都大学のスティーブン・アイビンス(Steven Ivings)さんと久野愛さんが担当し、名古屋大学のネイスン・ホプソン(Nathan Hopson)さんがゲスト・コメンテーターをつとめ、質疑応答に関するノウハウなどについてアドバイスしました。

今回のResearch Showcase Prizeは、前回の東京RSと同じく、同点一位で趙雅萌さんと水野良哉さんの二名の発表者が選ばれ、ゲスト・コメンテーターのホプソンさんから賞状が授与されました。

今回も発表者の方々に、アンケートに協力していただきました。以下、一部を紹介します。(アンケート内容より抜粋)

■ 準備と発表を通して楽しめたこと、苦労したこと
【楽しめたこと】
・会終了後に他の発表者と発表内容について議論したことは非常に楽しいと感じた。今回の発表者は自身のフィールドと離れた研究者の方も多く、その視点は新鮮かつ参考になった。
【苦労したこと】
・英語に苦労したのはもちろんですが、8分という限られた持ち時間かつ必ずしも前提知識を共有しない聴衆を前にしていかに「伝わる」発表原稿を作り上げるかということです。逆にそれが醍醐味でもありました。

■ 今回の Research Showcase で学んだこと(例えばプレゼンや準備の方法などについて)
学術報告において、語学の壁を必要以上に感じない方が良い、という事であろうか。たしかに自身を振り返れば、当日は他の報告者の語学力に圧倒され、質疑応答も満足にできたとは言い難い。逆にいえば、その程度の語学力でも、しっかりと準備すれば、報告を完遂できる。
・発表原稿やパワーポイントを直前まで粘って作成するのもいいが、必ず発表のリハーサルをしておくこと。身振りやジェスチャーも交えて。
・発表の中で少しでもいいから史料を見せることです。歴史学の研究のなかで史料は重要であることは言うまでもありません。たとえ、英語で表現することが難しいとしても、史料を提示して、「史料にはこう書いてあるから、このように解釈することができる」という議論を組み込んで発表したほうが、説得力を持って相手に伝えることができる。

まとめ
今年二回目の関西での開催となったRSは、京都大学の皆さまのご協力のお陰で、盛況のうちに終えることができました。京都大学の久野さん、Ivingsさん、金澤さん、そして告知にご協力いただいた皆様に感謝いたします。Research Showcaseは首都圏を超えて全国に広がりつつあります。次回は、2020年2月18日に名古屋大学にて開催予定です。はじめての名古屋での開催となります。Call for Papersは近日公開予定です。ご期待ください!

Research Showcase

2019年8月 Research Showcase (東京) 開催レポート

第8回Research Showcaseが8月1日に東京大学で開催され、7名の発表者と31名の参加者を得ました。 大阪大学のピエール=イヴ・ドンゼ(Pierre-Yves Donzé)さんをゲスト・コメンテーターに迎え、慶應義塾大学の市川佳世子さんが司会を務めました。当日はオーディエンスによる投票で、米倉美咲さんと山田智輝さんが同率一位でResearch Showcase Prize受賞となりました!

当日のスピーカーの皆さんにお答えいただいたアンケートより、ここでは準備と発表を通して楽しめたこと・苦労したことについて内容を一部紹介します。(アンケート内容より抜粋)

【楽しめたこと】
・一番楽しかったことは、所属する大学とは異なる離れた場で開催されたResearch Showcaseに参加することで、さまざまな専門性を有する、初めて会う人たちばかりに対して自分の研究について発表し、たくさんの質問やコメントをもらえたり議論したりできたことです。
・ 最も楽しめたのは、添削者とのやり取りと当日の質疑応答だったように思う。自分一人では上手く表現出来なかったことを、添削者の方に相談することによって、シャープな英文へと昇華出来た瞬間は、納得感と達成感とで興奮した。
・ 楽しめたことは、この機会に新たに知り合った先生方や院生仲間から有意義なフィードバックを発表前後ともにもらえたこと、若手研究者をエンカレッジする(良い意味で堅苦しくない)雰囲気の中で準備・発表を行えたことです。

【苦労したこと】
・オーディエンスを置いてけぼりにしないで、彼ら/彼女らの理解を伴いながら発表を進めるストーリーラインを構築するのに四苦八苦した。当初の原稿は、研究テーマのコンテクストや概念の定義を逐一定義していけば、誤解や混乱はないだろうと考えて作成したが、それが却って議論の流れをぶつ切りにしていると指摘された。そこで論文のような厳密さよりも、まずはオーディエンスと発表を進行するために必要な情報だけに絞って、欠けている曖昧な部分は想定質問を設定して対応するようにした。

まとめ
8回目となった今回のRSには、助成をいただいている東京倶楽部事務局の保坂英博様をお招きし、激励のメッセージをいただきました。どの発表も素晴らしいものでしたが、受賞者の米倉さんと山田さんの発表は、明確な論点とその意義を力強く押し出した説得力のある構成が評価されたようでした。全ての発表が終わった後に、ゲスト・コメンテーターのドンゼさんから発表の仕方についてアドバイスを頂きました。今回の発表のテーマの多くは西洋史に関連していましたが、当日のオーディエンスの中には、日本経済史、日本近世外交史、中国経済史、中国哲学など、東アジア関係の分野の方がたくさんいらっしゃいました。今後、アジア・日本関連の発表がより増えることが期待できます。



News

若手研究者国際交流事業公募(11月8日締切)

歴史家ワークショップでは、日本の歴史学研究者の国際的発信力を高め、国際的なアカデミズムの世界で通用する人材の育成に力を入れています。その一環として、若手研究者国際交流事業を今年度に実施します。経済史、経営史、経済思想史、日本史、東洋史、西洋史等の歴史学全般の若手研究者を対象とします。

本国際交流事業は、派遣若手研究者が、国際会議と研究現場(現地での史料調査を含む)を体験するとともに、各自の研究テーマについて海外の研究者と学術的な交流を行うことにより、国際的視野を有する研究成果に資することを目的としています。また、この派遣を通して、国際会議での研究発表のノウハウなどが、歴史家ワークショップを通じて日本国内の研究者に共有されることも期待しています。

公募詳細・申請方法は以下の通りとなります。
ご自身の研究を国際的な研究の中に位置付け、研究成果を発信していきたいという方々をサポートいたします。ご興味のある方のご応募をお待ちしています。

1. 公募要項
■応募資格:日本の大学等研究機関に属する博士課程に所属する*大学院生、あるいは博士号取得3年以内の若手研究者 (ただし、歴史家ワークショップの活動に参加経験があるか、参加予定のあるものを優先します)
* 修士課程の方もご応募ください。
■募集人員:若干名
■派遣期間:採用決定後から2020年2月29日まで。滞在日数は2週間まで。2020年2月中に必ず帰国すること。
■補助対象:往復交通費のみ支給する。一件の申請の支給額は25万を上限とし、実費分の支給とします。なお、訪問場所に関しては申請時からの変更は認められません。
■補助の対象となる活動:
1.日本から海外へ渡航し、学会やセミナーなどで行う研究発表。
2.現地での史料調査。研究発表を行わない場合は現地研究者とのミーティングを必ず組むこと。

※帰国後も積極的に歴史家ワークショップのイベントに参加すること。
※海外留学・滞在中の学生あるいはポスドクが日本に一時帰国し、国際発信力強化、社会発信力強化、スキル共有いずれかのイベントを企画する場合は、「歴史家ワークショップの活動内容に即した企画案の公募」に応募してください。

2. 締切 
2019年11月8日(金)17時

3. 選考と結果発表
・申請書類に対する歴史家ワークショップの運営委員の評価をもとに決定します。
・初めての①海外での研究報告、②史料調査、③海外研究者との交流に挑戦する申請を積極的に採用する。
・採否結果は、11月18日(月)までに申請者にメールにて連絡いたします。

4. 申請手続き
メール添付にて以下5点の書類を末尾メールアドレスまでお送りください。

カバーレター(様式任意、A4に2ページ以内、申請者の研究の独自性と、研究進展のために海外渡航が必要である理由を簡潔に示すこと。)

履歴書(様式任意)

研究業績一覧(様式任意、A4判、刊行論文・書評、学会・研究会での発表題目、修士論文題目など)

申請書(規定様式、A4に2ページ以内。書式ダウンロードはこちら。)

参加予定の学会・セミナー・ミーティングのプログラム(様式任意、A4判)

<注意>
申請書受付の連絡は、申請担当者あてに電子メールで行います。応募書類が届いたらその旨を返信します。書類送付から3日(平日)以上経っても返信がない場合は、お問い合わせください。

5. 帰国後報告レポートと写真の提出義務(帰国後)
帰国後、1ヶ月以内に、以下の成果レポートと写真をメール添付にて、末尾メールアドレスまで提出してください。なお原則として、レポートは歴史家ワークショップのホームページに活動記録として掲載されます。

・成果レポート
(形式任意、1000字以上、得られた成果と現地研究者との交流の将来の展望を記すこと)

・研究発表や学会・セミナー・ミーティングの様子が分かる写真

6. 書類送付先・問い合わせ
rekishika.workshop@gmail.com

News

歴史家ワークショップの活動内容に即した企画案の公募 (11月8日締切)

歴史家ワークショップでは、日本の歴史学研究者の国際的発信力を高め、国際的なアカデミズムの世界で通用する人材の育成に力を入れています。その一環として、従来の学会や研究会の活動を補完するような活動をサポートするための企画の公募を行います。公募内容・申請方法の詳細は、以下をご確認ください。

「従来の枠にとどまらない、こんな活動をしてみたかった!」「特定の分野に限らず、こんなテーマを議論する場を設けたい!」というのご応募をぜひお待ちしています。

1. 公募対象
・歴史学全般(経済史、経営史、経済思想史、日本史、東洋史、西洋史など)関係のイベントを対象とします。
・イベントは2020年2月末日までに開催するものを対象とします。
・従来の学会や研究会の活動を補完するような活動を歓迎します。特定の分野の研究者だけでなく、既存の定例研究会や大学の枠組みを超えて歴史研究者が集まり、広く問題意識を共有できるイベントを優先して採用します。
・開催地は日本国内であれば不問ですが、全国的なネットワーキングに資するイベントを対象とします。
・上記に関連し、参加者(特に大学院生)へのサポート(トラベルグラント)が必要な場合は、その旨を申請書に書くことを推奨します。

<参考>
これまでの企画例には、以下があります。(予算規模は3-12万程度)
 ・「迷える子羊たちのために 論文執筆の処方箋」 
「Early Career Conference」 
「史料読解ワークショップ」  

2. 開催費用および採用件数
・開催費用:一件25万を上限とします。
・採用件数:若干件。

3. 締切
2019年11月8日(金)17時 

4. 選考と結果発表
・申請書類に対する歴史家ワークショップの運営委員の評価をもとに決定します。
・採否結果は、11月18日(月)までに申請者にメールにて連絡いたします。

5. 申請手続き
申請書をダウンロードし申請情報をご記入ください。
②作成した申請書のPDFファイル名を「企画案申請書(申請者名)」とし、主催者の履歴書(形式任意)とともに末尾メールアドレスへ添付書類としてお送り下さい。

<注意>
申請書受付の連絡は、申請担当者あてに電子メールで行います。応募書類が届いたらその旨を返信します。書類送付から3日(平日)以上経っても返信がない場合は、お問い合わせください。

6. 採択後の資金援助方法
・援助対象:旅費(交通費、宿泊費など)、謝金(※)。
(また、企画運営者の人件費と会議費は不可とします)
・援助方法:東京大学の会計基準、旅費規程を適用します。
※企画するイベントにゲストを招聘する際にお支払いする謝金。

7. イベントプログラムと成果報告書の提出義務(イベント終了後)
イベント終了後、1ヶ月以内に、以下2点をメール添付にて、末尾メールアドレスまで提出してください。なお原則として、下記の成果報告書は歴史家ワークショップのホームページに活動記録として掲載されます。

・イベントの最終プログラム
(イベントのホームページのURLがあれば添付すること)

・1000字以上の成果報告書(以下4つを含めること)
 ①イベントを通して得られたノウハウや経験等
 ②イベントがどのように国際発信力強化、スキルの共有、社会発信という
歴史家ワークショップの活動目標に貢献したか
 ③企画・運営をやってみた感想と今後歴史家ワークショップに期待すること
 ④当日の様子がわかる写真

8. 書類提出先・問い合わせ先
rekishika.workshop@gmail.com