Other Event

【開催告知】日本史史料英訳ワークショップ「金沢文庫文書の回」

趣旨説明

日本史史料英訳ワークショップ「金沢文庫文書の回」を12月5日(土)に開催します。

醍醐寺文書、御成敗式目の回に続き、第三回となる今回は、「金沢文庫文書」を素材とします。「金沢文庫文書」の伝来や内容に注目し、古文書の形態の特徴にも触れながら英訳の検討をおこなう予定です。講師として、引き続きイェール大学のポーラ・カーティス氏(日本中世社会経済史)をお招きします。史料の訓読・現代語訳、及び一部の英訳は、神奈川県立金沢文庫の貫井裕恵氏と三輪眞嗣氏が担当されます。また、ヨーロッパ中世史の視点から、慶應義塾大学の赤江雄一氏からコメントをいただく予定です。

今回は、日本中世古文書の英訳をめぐって、日本と英語圏の日本史研究者の双方向的交流を図るのに加え、日欧の古文書を比較する議論を深めます。また、日本の国宝「金沢文庫文書」の魅力を英語圏に紹介する機会としたいとも考えています。

開催概要
対象|歴史学、文学、宗教学、言語学、翻訳学分野を中心とする研究者
費用|無料
使用言語|日本語
場所|オンライン開催(Zoom使用)
日時|2020年12月5日(土)9:00~11:00(日本時間)
検討史料|「金沢文庫文書」の以下四点

・文保元年(1317)「金沢貞顕書状」(整理番号六〇一、『金沢文庫古文書』番号二八三)
・鎌倉時代「金沢貞将書状」(整理番号七七七、『金沢文庫古文書』番号五〇六)
・正中3年(1326)「金沢貞顕書状」(整理番号六七二、『金沢文庫古文書』番号三七五)
・鎌倉時代「金沢貞顕書状」(整理番号五九七、『金沢文庫古文書』番号二七九)

講師
ポーラ・カーティス(イェール大学)

史料担当
貫井裕恵・三輪眞嗣(神奈川県立金沢文庫)

コメンテーター
赤江雄一(慶應義塾大学)

司会
黄霄龍(東京大学)

参加申込はこちら(https://forms.gle/ZbyXw3jc3a1zpfSV6)から。締め切りは12月3日(水)正午12時。参加者には3日の夕方頃に史料の訓読・現代語訳・英訳を配り、zoomのアドレスを案内いたします。

問い合わせ先:黄霄龍 hxiaolong[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp

Research Showcase

【報告者募集】12th Research Showcase

第12回リサーチ・ショーケース開催のご案内 

歴史家ワークショップでは、外国語(特に英語)で学問的コミュニケーションを行う機会を提供するために、Research Showcaseを2016年より開催しています。発表・質疑応答をすべて外国語で行うことで、発表者・参加者の双方が外国語での学問的コミュニケーション実践の場をつくっています。

第12回となる今回は、当初予定の東北初の現地開催からオンライン開催に切り替えての実施となります。東北大学のOrion Klautau先生(日本宗教史・日本近代思想史)、Clinton Godart先生(日本宗教史・近代科学史)、茂木謙之介先生(日本近代文化史・表象文化論)らと東京大学の山本浩司先生(イギリス近世史・経済史)のご協力の下、様々な分野の専門家からアドバイスをいただける貴重な機会となっております。英語での発表スキルの向上をめざす全ての歴史研究者に開かれた会にしたいと考えています。日本史・東洋史・西洋史・宗教史・思想史・社会経済史・文化史・歴史地理等のあらゆる分野から、広く発表者を募ります。2021年2月22日に仏語版ショーケースを初開催予定ですが、本企画が今年度最後の英語版開催となります。奮ってご応募ください。

※ 過去のリサーチ・ショーケースについては、以下のサイトをご覧ください

Research Showcase

*******************************************************************************

日   時 : 2021年2月18日(木) 

会   場 : オンライン

司会・コメンテーター:  Orion Klautau (東北大学)

コメンテーター:  Clinton Godart(東北大学)

フォーマット: 一人あたり、発表8分+質疑応答7分

使用言語  : 英語

応募条件  : 大学院生からポスドクまでの歴史研究者

募集人数  : 8名程度

参加費   : 無料

応募方法  : 発表希望者は、2020年12月18日(金)17時までに以下の応募フォームに記入し、送信してください

URL    :  https://forms.gle/WGsdrWM8BUJhZii96

ポスター  : ダウンロードはこちら********************************************************************************

【リサーチ・ショーケースで発表するメリット】

1)発表原稿への事前のフィードバック

発表者は、開催日の2週間前に発表原稿を提出することで、ワークショップメンバーから事前にライティングや構成についてフィードバックを受けることができます。フィードバックを踏まえて改稿することで、ライティングスキルが向上し、発表にも自信をもって臨むことができます。当日は、参加者とオーガナイザーからもフィードバックを得られるでしょう。

2)優秀な発表にはプライズを授与

博士号未取得の発表者の中から、最もクリアで説得力のある発表をした方に「Research Showcase Prize」が授与されます。英語の流暢さ (fluency) ではなく、内容がどれだけスムーズかつ力強く伝わるか (clarity and persuasiveness) を基準とします。

運営委員:

Orion Klautau (東北大学)  

Clinton Godart  (東北大学)        

茂木謙之介 (東北大学)       

阿部純(東北大学・院)   

山本浩司(東京大学)

歴史家ワークショップ事務局  

問い合わせ先:hxiaolong[a]g.ecc.u-tokyo.ac.jp (事務局担当)

Other Event

2nd Early Career Conference 開催記録

【会の概要】

2020年8月31日(月)13時より、歴史家ワークショップは第二回 Early Career Conference(以下、本文中ではSECCと略記)を開催しました。

SECCでは、スピーカーとして国内外の研究機関と大学から6名の若手研究者に報告を依頼しました(当日のプログラムにつきましては、こちらをご参照ください)。また、報告とSECC全体に関するコメンテーターとして、同志社大学グローバル地域文化学部の水谷智先生をお招きしました。当日の司会進行は、東京大学大学院総合文化研究科の稲垣健太郎が担当しました。

【開催趣旨】

SECCは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、大規模な学会のみならず、小・中規模の研究会等が全世界的に中止・延期を余儀なくされる状況下、企画・運営されました。本イベントの企画時点でも、オンラインに移行して学会や研究会が開催されています。こうした移行を一時的なものとしてのみ考えるのではなく、新型コロナウイルス感染拡大の影響でアカデミアが直面している様々な変化の一環として捉えつつ、SECCの企画・運営が進められました。本カンファレンスの開催趣旨として、以下の2点を挙げることができます。

1. 上述のような困難な状況においても、国内外の大学・研究機関に所属する大学院生・若手研究者に研究報告の機会を提供すること。また、オンラインでの報告機会が今後増える可能性を考慮し、オンラインでの報告について学ぶ機会を用意すること。

2. 専門分野の知見を必ずしも共有しない、幅広いオーディエンスに向けて研究成果を伝えるにあたり、どのように報告内容を整理し、発表するか。また、報告に対していかに効果的に質問をするか。

英文校閲ワークショップや Research Showcase、2018年に開催された第一回 Early Career Conferenceなど、歴史家ワークショップがこれまで実施してきた試みと同様に、SECCも「幅広い読み手・聞き手に対してどのように研究の核心や新規性、独自性をわかりやすく伝えるか」という点を特に重視しました。

【発表とコメント】

SECCでの報告のテーマは、多様な地域と問題関心にわたりました。以下にそれぞれの報告の概略を示します。

  • 20世紀の上海におけるアメリカ人宣教師の子どもたちが、異国の地でどのようにアイデンティティを形成したのかを、回顧録における食という側面から考察する。
  • 第二次世界大戦後のアメリカにおける国際関係論の学問としての制度化とその背後に垣間見える意図を、ロックフェラー財団とアカデミアの関係に注目しながら明らかにする。
  • 19世紀前半における阮朝の交易を、東南アジア海域史の文脈や西欧諸国との関係性から分析する。
  • 11世紀のグラナダ王国ズィーリー朝君主アブドゥッラー・ブン・ブルッギーンの自伝を中心に、アラビア語文献史における自伝というジャンルやそれらに仮託された書き手の意図を考察する。
  • 20世紀前半のチェコスロバキアにおける共産主義の拡大を、ソビエト連邦という外在的な要因によってではなく、チェコスロバキア内部の要因から分析・説明する。
  • 20世紀のフランスにおける結婚広告の調査を通じて、パートナーに求める要素が即物的なものから非即物的なものへと変化していった、という仮説を検証する。

いずれの報告も、分析の視角や手法・資史料、そこから導かれる帰結の点で興味深いものでした。それぞれの報告者が、先行研究との関係から研究の独自性を打ち出し、研究がより広い文脈において有する含意 (implication) を示すことに成功していました。

報告後の質疑応答では、事実確認に止まらず、どのように研究をさらにより大きな知的文脈に位置付けるか、という点にも議論が及びました。

以上の報告を受けて、水谷先生からは、研究者のキャリアパスの様々な段階において、読み手や聞き手の反応を予想しながら研究成果を発信していくことの重要性、またキャリアのはやい段階で幅広いオーディエンスに向けた報告を意識する必要がある、というコメントをいただきました。

【おわりに】

SECCは、今年度実施されている歴史家ワークショップの他のイベントと同様に、オンラインで開催されました。オンラインでの国際的な学会の企画・運営という経験は、運営に当たった私たちにとっても初の試みとなりました。オンライン開催に伴い、日本のみならず、ヨーロッパやアジアから、合計20人ほどの皆さまにご参加いただきました。

報告を伺い、質疑応答に参加するなかで、私自身が幅広いオーディエンスに向けて報告をする際にどのように情報を整理するか、オンラインで自身の主張を伝える際に、内容的な面のみならず、伝達の方法をどのように工夫するか、という点を考えるきっかけになりました。また、短い時間のなかで、建設的な質問をすることを意識しながら、今後のカンファレンスや学会に臨みたいと感じました。

報告者からは、議論を整理するだけでなく、スライドをどのように効果的に作成するかについても考える機会になったという感想をいただきました。

【謝辞】

末筆ながら、今回のSECCの開催に当たってご協力いただいた共同企画者と歴史家ワークショップの皆さま、CfPとカンファレンスの告知に際してご協力いただいた皆さま、ご多忙のなかコメンテーターを引き受けてくださった水谷先生、そしてご参加下さった皆さまに感謝いたします。ありがとうございました。

稲垣健太郎

Research Showcase

第11回Research Showcase(日本文学・日本史)開催記録

第11回リサーチショウケースは7月11日にZoomを使って開催されました。初めての日本文学・日本史特集で、そしてコロナの影響で初めてのオンライン開催となりました。

今回は、日本文学分野から7名、日本史分野からは3名(含美術・思想史)の発表者が集まりました(当日のプログラムはこちら)。司会は国文学研究資料館の山本嘉孝先生が担当し、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)のタイモン・スクリーチ先生がゲスト・コメンテーターをつとめました。

スクリーチ先生は10名の発表に共通するテーマを「authority of Tokugawa」、「the way people looked back at history」、「notion of China」「emergence of modernity」としてまとめ、今後の研究展望として、江戸時代の全体像や「浮世」の捉え方を提起しました。

山本先生は日本研究の発表フォーマットに焦点を合わせ、日本語での発表はレジュメやスライドで史資料を解釈するスタイルが多いのに対し、英語での発表は「big picture/concepts」を重視しているとコメントしました。

今回も発表者の方々に、アンケートに協力していただきました。以下、一部を紹介します。

■今回の Research Showcase で学んだことで、同僚や今後の参加者と共有できそうなこと。

  • 普段の研究で反射的に使っている専門用語の英語訳ないし英語での説明方法を考える良い機会になった。
  • 自身の研究における大きな展望と、今現在行っている細かな研究との繋がりを、他分野の研究者に対して明快に説明することが求められる場であり、そのための訓練と自覚化の機会になった。

■Showcaseへの参加は、あなたの今後のキャリアと研究に、今後どのように役にたちそうですか。

  • 英語に限らず、語学を本格的にやらないといけないなという危機感を強く持ちました。日本文学の命脈を保たせるためにも、海外に進出することや、海外から輸入するということを、今後の研究者は真剣に考えるべき時期に来ていると実感しました。
  • 原稿へのフィードバックは、自分の目では気づかないような綻びやミスを指摘していただけて、大変勉強になりました。それだけでなく、一回自分の原稿を落ち着いて読んでみると、自分でも「こういう言い方のほうがいいんじゃないか」とか、「こっちのほうが分かりやすいんじゃないか」とか、そういう視点を持てるようになると思います。
  • 国際学会での発表は、多様な背景を持つ研究者が4人程度でパネルを組んで応募することが一般的だと思うので、RSで出会った研究者ネットワークは大変貴重なものになると思います。
  • 発表原稿のフィードバックについては、発表内容におけるどの部分が必ずしも共有の知識ではないのかを、他分野の研究者の方から具体的に指摘して頂ける機会が貴重であると感じます。慣習的に使用している用語を、改めて言語化する訓練の機会にもなりました。
  • 今回の発表を通して得た経験で一番大きかったのは、英語発表に対する免疫がついたことです。正直自分が英語で発表することはないだろうと思っていたのですが、RSでの発表を経てむしろ積極的に国際発信していきたいという気持ちになりました。

まとめ

初めてのオンライン開催となったRSですが、無事に終えることができました。オンライン開催により地理的制約がなくなったことで、アメリカ、ヨーロッパ、中国からの参加者も含めて30名ほどの参加者を得られました。日本史や日本文学研究においても国際発信の機会がいっそう増えつつあるなか、多様なステージに身を置く研究者があつまり、研究内在的な論点からその伝え方に至るまで、刺激的なやり取りを交わす機会となりました。

SOASのスクリーチ先生、大阪大学の飯倉先生、国文学研究資料館の山本先生、そして告知にご協力いただいた皆様に感謝いたします。

歴史家ワークショップでは、今後も日本史、日本文学研究者の国際発信をサポートする取り組みを進めていきます。一層多くの方々に参加していただけますよう、運営側としても願っております。

Other Event

日本史史料英訳ワークショップ(中世の回)開催記録

(English follows Japanese.)

2020年6月7日・21日に、日本史史料英訳ワークショップの第一回・第二回が開催されました。講師として、イェール大学のポーラ・カーティス氏(日本中世社会経済史)をお招きしました。

第一回では醍醐寺文書を取り上げ、日本中世宗教史専門の橘悠太氏(奈良文化財研究所)と黄霄龍氏(東京大学)、第二回では御成敗式目を取り上げ、日本中世法制史専門の木下竜馬氏(東京大学史料編纂所)と佐藤雄基氏(立教大学)が史料の読み下し・現代語訳を担当しました。

以下、ワークショップの内容を簡単にまとめます。

【醍醐寺文書の回】
・英語圏における日本史史料翻訳の現状
・検討史料:康暦元年(1379)「足利義満御教書」、貞和三年(1347)「足利直義書状案」、応永三十四年(1427)「僧正隆寛付法状」など
・主たる論点:「護持」の英訳はdefenseかprotectionか、密教儀礼で使う「道具」はimplementかtoolかinstrumentか、文書名の訳し方は古文書の様式と機能いずれに即すか、など。

【御成敗式目の回】
・John Carey Hall(イギリスの外交官)による御成敗式目の英訳とその影響
・検討史料:第5条「諸国地頭、令抑留年貢・所当事」、第41条「奴婢雜人事」など
・主たる論点:「年貢」、「所領」、「知行」、「奴婢」の英訳など。

二回とも約27名くらいの参加を得られました。西洋史・東洋史の方も参加してくださり、日欧の土地制度・訴訟制度、日本の「奴婢」は「奴隷」なのか等についても議論が盛り上がりました。

また、参加者からは、①単語・語句レベルでの訳語を、日本と海外の研究者が一同に会して検討することで、日本史史料(そして非西欧圏の史料全般)を英訳するときに出てくる本質的共通課題が見つかる場となる、②こうした議論を史学史的にレベルアップし、日本と海外の両方の研究者にとっての意味を再確認する場になっていくことを願っている、との声も寄せられました。

まだ試運転段階ですが、企画・運営側として、本ワークショップが参加者の皆さんにとって有意義なものになっていることを知り、心から喜んでおります。秋以降は近世、近代の回なども予定していますので、どうぞ、続報を楽しみにお待ちください。

問い合わせ先:黄霄龍 hxiaolong[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp

ーーーーーーーーー

On June 7 and June 21, 2020, the Historians’ Workshop held workshops on the interpretation and translations of Japanese historical materials. We invited Paula R. Curtis (Yale University), a specialist in Japanese medieval social and economic history), as our lecturer.

In the first session, we discussed fourteenth-century documents related to Daigoji Temple. TACHIBANA Yuta (Nara National Research Institute for Cultural Properties) and HUANG Xiaolong (The University of Tokyo), who specialize in the history of medieval Japanese religion, prepared the medieval Japanese readings and modern Japanese interpretations, which were distributed to workshop participants. In the second session, we discussed the Kamakura period legal code Goseibai shikimoku. KINOSHITA Ryoma (Historiographical Institute, The University of Tokyo) and SATO Yuki (Rikkyo University), who specialize in the history of legal systems in medieval Japan, presented their readings,  interpretations, and insights into the translations of some terms found in the documents.

The following is a brief summary of these sessions.

【A selection of Daigoji Materials】
・Issues in the translation of premodern historical materials
・Documents discussed: Ashikaga Yoshimitsu Directive (1379), Ashikaga Tadayoshi Letter Facsimile (1347),High Priest Ryūkan Letter of Transmission (1427) .etc.
・Some points of interest: the translation of 護持 as “defense” or “protection、” how to capture the nuance of the term 道具 in religious settings (debating the terms “implement,” “tool” or “instrument”)、how to translate titles of documents provided by scholars that may be interpretative (based on style or function), etc.

【A selection of Goseibai shikimoku】
・John Carey Hall’s 1906 translation and its influence on present-day research and teaching
・Documents discussed:Article 5 “Regarding land stewards (jitō) of various provinces withholding the annual tribute (nengu) and land taxes (shotō)”; Article 41 “Regarding bound servants (nuhi zōnin)”, etc.
・Some points of interest:considerations in the translation of core terms such as 年貢, 所領, 知行, 奴婢, etc.

We had about 27 participants in each session. Attendees included   scholars of Western history and Eastern history, and discussions were held on the differences between land systems and legal systems in medieval Japan and Europe, and the complications that arise when dealing with Japanese terms such as  “奴婢,” which is sometimes translated as “slave,” and sometimes as “bound servant.”

Participants also expressed their hopes that (1) by having Japanese and foreign researchers discuss translation together at the word/phrase level we will be able to find common issues that emerge when translating Japanese historical materials (as well as all the non-Western historical materials) into English, and that (2) we might be able to elevate these discussions to a historiographical perspective and reconsider their significance to both Japanese and foreign researchers.

We are still experimenting with the workshop’s format, but organizers are very pleased to know that it was meaningful for all the participants. We are also planning to hold Edo and modern sessions  this fall and look forward to seeing you all next time!

For more information, please contact at HUANG Xiaolong (hxiaolong[at]e.u-tokyo.ac.jp).

Other Event

Call for Papers 報告者募集: Second Early Career Conference

Historians’ Workshop cordially invites proposals for the Virtual Early Career Conference. The conference will be held on 31st August, 2020. We seek for papers on any topics, periods, and regions from across the historical scholarship. Faced with the global pandemic of COVID-19, academia is currently undergoing dynamic changes. A number of annual conferences as well as small academic meetings have moved online. These transitions reflect a widespread conviction that numerous changes of these days are long-lasting transformations.

We believe that such online platforms enable us to communicate more easily beyond spatial boundaries. Accordingly, we propose to initiate an interaction among young scholars beyond both disciplinary and geographical borders.

We would like to invite young scholars from various fields of the historical scholarship, including art, gender, political, economic, social, cultural, and intellectual history. Thus far, early career researchers have often presented at discipline-specific conferences where audiences share background knowledge. But we find it harder to get opportunities to present our papers to fellow historians who do not necessarily share the expertise. This Virtual Early Career Conference fills this gap, and provides an avenue for sharing our research with broader audiences. To do this, we need to organize and arrange contents more concisely and effectively. And for this purpose, we invite an experienced scholar as a commentator.

In order to improve presentation techniques in online settings, which is another aim of this conference, speakers are warmly invited to attend an optional rehearsal session, held earlier on the conference. We hope that through this conference we could also build an international network among young historians.

Paper abstract up to 250 words in English and a 1-page CV should be sent to: inagaki-kentaro157[a]g.ecc.u-tokyo.ac.jp (Kentaro Inagaki) by 26 July, 2020. The results will be noticed no later than on 31 July, 2020.

For questions and clarifications, please contact at inagaki-kentaro157[a]g.ecc.u-tokyo.ac.jp (Kentaro Inagaki)

Details:
Abstract Submission due: 26 July 2020
Eligibility: Postgraduates and anyone within 8 years of finishing a doctoral degree
Venue: Zoom
Date: 31 August 2020 (13: 00-18: 00 JST, full schedule TBC)
Format: presentation (20minutes) + Q&A session (15 minutes)
Registration Fee: Free
Language: English

Research Showcase

【開催告知】7.11(土)日本文学・日本史Research Showcase

7月11日に、日本文学・日本史RSをZoomで開催します。ゲストコメンテーターとしてロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)のタイモン・スクリーチ先生、司会およびコメンテーターとして国文学研究資料館の山本嘉孝先生をお招きします。英語での発表スキルの向上、また学際的・国際的交流をめざす全ての日本文学・日本史研究者の参加をお待ちしております!

※ 通信環境の関係上定員を設けますので、場合によっては参加いただけないことがあります。あしからずご了承ください。

場所: Zoom
時間: 9:00~12:40(日本時間)
使用言語:英語
申込フォーム:https://forms.gle/HwTTHRkraqYyz1xn8  
       〆切りは7月9日(木)17時

運営委員:
飯倉洋一(大阪大学)
黄霄龍(東京大学)
池田真歩(北海学園大学)
山本浩司(東京大学)

問い合わせ先:黄霄龍 hxiaolong[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp
プログラムのダウンロードはこちら

———————————————

Research Showcase, one of the flagship events of Historians’ Workshop, provides a platform for Japan-based early career researchers to present their research in English in 8 minutes, followed by a 7 min Q&A. The coming 11th showcase will bring together 10 speakers from Japanese literature and history to start a platform for cross-discipline communication. Dr. Timon Screech (SOAS) and YAMAMOTO Yoshitaka (National Institute of Japanese Literature) will join as commentators!

* To secure better internet connections, participation is limited.

Place: Zoom
Date & Time: 11 July (Saturday) 9:00~12:40(JST)
Language: English
Register now: https://forms.gle/HwTTHRkraqYyz1xn8 
       Deadline: Jul 9 (Thu) 5:00 pm (JST)                                 

Organizers:
IIkura Yoichi(Osaka University)
Huang Xiaolong(The University of Tokyo)
Ikeda Maho(Hokkai-Gakuen University)
Yamamoto Koji(The University of Tokyo)

Contact: Huang Xiaolong    hxiaolong[at]e.u-tokyo.ac.jp
Download the program here.

Other Event

【開催告知】日本史史料英訳ワークショップ

開催趣旨

歴史家ワークショップは今年度から日本史研究者の国際発信力向上に資する取り組みを始めました。日本文学・日本史Research Showcaseに続き、今回、若手研究者向けの「日本史史料英訳ワークショップ」を企画しました。

ワークショップの目的は、日本史史料の解釈を英語でどのように表現するかという過程を、英語圏の研究者を交えて経験し、双方向の議論を通じて、日本史史料の英訳スキルはもちろんのこと、参加者の国際発信力の向上を目指します。

本ワークショップは不定期の開催となりますが、まずは二回にわたって日本中世史料を取りあげます。今回、講師として、日本史史料の英訳に携わってきたイェール大学のポーラ・カーティス氏(日本中世社会経済史)をお招きします。当日は、まず日本側担当者から訓読・現代語訳を発表し、次に講師から英訳とその解説を行います。そして、それをもとに参加者の間で質疑応答を進めます。

日本史研究の国際的発信・海外研究者との交流に興味を持つ若手研究者が、気軽に参加できる開かれた議論の場を提供できればと思います。

開催概要

対象|英語を母語としない研究者

費用|無料

使用言語|日本語

場所|オンライン開催(Zoom使用)

日時|第1回:6月7日(日)9:30~11:30(日本時間)

   検討史料:中世寺院文書

   担当:橘 悠太(奈良文化財研究所)・黄 霄龍(東京大学)

参加申込はこちら(https://forms.gle/SpUv63DMoGYYRd4g7)から ※第1回目の参加〆切は6月5日(金)。

6月11日追記:第二回の申込〆切りは6月19日17時。参加者には19日の夜頃に史料の訓読・現代語訳・英訳を配り、zoomのアドレスを案内いたします。

検討史料:『御成敗式目』

担当:佐藤雄基(立教大学)・木下竜馬(東京大学史料編纂所)

問い合わせ先:黄霄龍 hxiaolong[at]g.ecc.u-tokyo.ac.jp

Research Showcase

第10回Research Showcase(名古屋)開催報告

2020年2月18日に名古屋大学で第10回Research Showcaseが開催されました。名古屋での開催は初の試みとなりました。

(Research Showcaseの過去の開催についてはこちら

Research Showcase Prizeの受賞者として、名古屋大学の原田礼帆さん(日本美術史)と東北大学の阿部純さん(アメリカ研究)が選ばれました。当日の開催様子に関して、名古屋大学の留学生Emily Richardsさんが寄稿してくださいました!

―――――

The 10th Research Showcase presented by the Historians’ Workshop, hosted for the first time in Nagoya, started on a high note by skipping the introductions and diving right into presentations. Presenters each gave 8 minute talks, followed by a 7 minute question and answer session. Dr. Nathan Hopson, a professor at Nagoya University who specializes in modern Japanese history, moderated the event, which had a total of 24 attendees. This incarnation of the showcase mostly turned its eye outside of Japan, bringing together 9 presenters with varied backgrounds and topics across various time periods and geographic locations. The topics covered included 18th century theological history, Minoan Crete architectural history, early imperial Roman history, 14th century Italian history, early modern French history, modern American history, turn of the century German history, early 20th century Japanese art history, and Revolution-era French history. 

The overall mood was that of attentive concentration as the audience listened to the arguments. After each talk concluded, the audience had insightful questions that often pushed the presenters to think even deeper about the various directions their research could go. The presenters thought carefully about the questions posed to them before answering and were effusive in their thanks to the audience members.

After the first round of presentations, organizer Dr. Koji Yamamoto talked about the importance and history of the showcase and what they hope to accomplish through the hosting of this event. Dr. Yamamoto spoke about the benefits the participants of the showcase gain, including being accepted to conferences, getting feedback to improve their research, and being published in peer-reviewed journals. He also thanked The University of Tokyo for their generous grant that allows them to continue with the showcase and expanding the scope of their activities. In addition, he offered his thanks to Dr. Hopson as well as Dr. Julia Yongue from Hosei University, who specializes in business history, for coming to offer her feedback on the event.

After the main presentations had concluded, Dr. Yongue gave a helpful talk on how to improve the future presentations of research by PhD and Masters candidates. Her tips and specific feedback, based on the presenters from the previous showcase, as well as general tips were informative and engaging.

The audience then voted on the Best Presentation of the evening. This prize is awarded to the presentation with the best content, reasoning, and discussion of results. Two presenters tied for first place due to the combined excellence of the collective presentations. Jun Abe from Tōhoku University and Ayaho Harada from Nagoya University were presented their awards by Dr. Yongue. Mr. Abe and Ms. Harada were chosen due to their effective use of evidence, clarity of argument, and relatability in relaying the content of their research to others outside their field. In addition, they demonstrated a great deal of insight when answering questions after their initial presentations on the attitudes of African-Americans towards the Japanese redress movement and Modern Japanese painting in the early 20th century, respectively.

当日のスピーカーやオーディエンスの皆さんにお答えいただいたアンケートより一部紹介します。

オーディエンスA
I learnt a lot about many topics that I never thought about. I would like to know the situation for foreigners doing the academia in Japan, what are the differences, how to join, and some other general information how to get published.

オーディエンスB
自分は日本のことをメインにやっているので、7月の日本史・文学のようなイベントが今後どんどん増えると素晴らしいと思います。

まとめ
今回はたくさんの留学生の方も参加していただき、興味深いフィードバックもいただきました。運営側も多様な開催の形について示唆を得られました。次回の7月日本文学・日本史Research Showcaseをどうぞご期待ください!

Research Showcase

【オンライン開催・申込締切延長】11th Research Showcase (日本文学・日本史)

新型コロナウイルス拡大に鑑み、7月11日開催予定の日本文学・日本史Research Showcaseは、①オンラインのイベントに移行し、②申込締め切りを4月24日(金)まで延長します。

事務局はZoomでの開催環境を整え、事前に参加者に、セッティングと当日進行のステップの連絡や確認をするなど、当日はスムーズに行われるように準備していきたいと思います。

応募方式は変更なし。https://forms.gle/f21coa7bQRa5Gh2h8

ご応募をお待ちしております!

*****************

歴史家ワークショップでは、外国語(特に英語)で学問的コミュニケーションを行う機会を提供するために、Research Showcaseを2016年より開催しています。第11回目となる次回のResearch Showcaseは、日本文学・日本史分野の若手研究者を中心に、①英語での研究発表とディスカッションを経験する、②文学研究と歴史研究の学際的交流をすすめることを目的として開催されます。ゲストコメンテーターとしてロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS)のタイモン・スクリーチ(Timon SCREECH)先生、司会およびコメンテーターとして国文学研究資料館の山本嘉孝先生をお招きする予定です。

英語での発表スキルの向上、また学際的・国際的交流をめざす全ての日本文学・日本史研究者に開かれた会にしたいと考えています。日本文学や日本史など日本関係のあらゆる分野から、大学院生からポスドクまで広く発表者を募ります。

※ 過去のリサーチ・ショーケースについては、以下のサイトをご覧くださいhttps://historiansworkshop.org/category/research-showcase/

************************************************************************

日   時 : 2020年7月11日(土) 
会   場 : 東京大学本郷キャンパス オンライン
ゲストコメンテーター:  Timon SCREECH(ロンドン大学東洋アフリカ研究学院)
司会・コメンテーター:    山本嘉孝(国文学研究資料館)
フォーマット: 一人あたり、発表8分+質疑応答7分
使用言語  : 英語
応募条件  : 大学院生からポスドクまでの文学、歴史研究者
募集人数  : 8名程度
参加費   : 無料
応募方法  : 発表希望者は、2020年4月24(金)17時までに以下のサイトにある応募フォームに記入し、送信してください
URL    :  https://forms.gle/f21coa7bQRa5Gh2h8
ポスター  : ダウンロードはこちら

************************************************************************

運営委員:
飯倉洋一(大阪大学)
黄霄龍(東京大学)
池田真歩(北海学園大学)
山本浩司(東京大学)

問い合わせ先:黄霄龍 hxiaolong[at]e.u-tokyo.ac.jp