リサーチ・ショウケース(Research Showcase)は、英語で国際学会発表や論文投稿に挑戦したいと考える研究者を応援するイベントです。発表希望者の方には、900語前後のドラフトを準備していただき、運営委員が事前にコメントをします。当日は専門をかならずしも共有しないオーディエンスに8分間でご自身の研究を伝えるプレゼンテーションをおこなって頂き、その後7分間の質疑応答を行なっていただきます。

リサーチ・ショウケースで発表する4つのメリット

発表原稿への事前のフィードバック
発表のおよそ10日前に発表原稿を提出することで、事前にライティングや構成についてフィードバックをうけることができます。英語圏のトップジャーナルでの出版・査読経験をもつ歴史研究者から直接フィードバックを受けることで、発表に自信をもって臨むことができます。特に、文法や語彙だけでなく、どのように研究テーマの学術的な意義を単純化せずに分かりやすく伝えればよいかを学ぶことができるのが、リサーチ・ショウケース最大の特色です。

国際的なセミナーの雰囲気
日本国内の研究会の雰囲気と国際学会やセミナーのそれとは、発表のスタイルから、休憩時間や懇親会でのやりとりまで、大きくことなる場合もあります。若手の段階から国際的な雰囲気を体感することで、自信をもって国際的な舞台にたつことができるようになります。

質疑応答の練習
少なからぬ研究者が、Q&Aでの受け答えを苦手と感じているようです。肝心なのは練習をする場が国内にもあることです。ショウケース当日は、参加者全員で議論をし、特に若手に優先して発言の機会が与えられます。当日繰り返し質問をすることで、オーディエンスとしての議論の作法を身に付け、発表者は、母国語でない英語の質疑応答を通して論点を深めていく訓練をすることができます。

優秀な発表にはプライズを授与
博士号未取得の発表者の中から、最も質が高くクリアな発表をした方に「Research Showcase Prize」が授与されます。英語の流暢さ (fluency) ではなく、内容がどれだけスムーズかつ力強く伝わるか (clarity and persuasiveness) を基準とします。

2021年度時点で、英語以外にドイツ語やフランス語、日本語での Research Showcase も開催しています。

リサーチ・ショウケースの最新情報